FC2ブログ
2009.12.31 04:10|LIFE
本当に押し迫ったところで1年を振り返ったりしようかな…なんて思って書いています。


今年は鹿島のJリーグ優勝・3連覇達成、小笠原満男のリーグMVP、
はたまた嵐のオリコン4冠獲得など、自分が応援している人達が栄誉を手にしたという意味では本当に良かった年でありました。

でも、その反面、敬愛していた忌野清志郎ちゃんの死、加藤和彦さんの死、阪神の赤星引退、弟の離婚(有責配偶者は元妻なのに子供のことでいろいろ揉めていて、甥っ子や姪っ子に会えない状況になって結構痛手です。)などなど、ショッキングな出来事も多かった年でありました。


そんな中ではありますが、
やはり鹿島の優勝は嬉しいだけではなく、クラブのあり方、選手のコメントを考えると、乾いた気持ちに恵みの雨のような励みと勇気を与えて貰っていたと思います。

チーム、仲間を思いやる気持ち。
自分自身の弱さに打ち勝とうとする気持ち。
多くの先輩達が築いてきた姿を自分に重ね合わせ、後輩のために努力を惜しまない姿。
同じポジションの選手はスタメンを争う競争相手なのに、チームの向上のためにアドバイスを続けていた新井場や大岩さん。
伊野波は「大岩さんがいたから今の自分がいる」とまで言い切っているほど信頼しています。
他にも小澤さんやダニーロの練習から地道な努力を惜しまない姿などなど、

私がその立場だったら、同じ事が出来るだろうか…と考えてしまいます。

サッカーは勝負事だから強い選手、上手い選手がもちろん必要なのですが、人間性にも重点を置いた選手構成にしている鹿島は、やっぱり志が違うなぁと痛感しました。
それはきっとジーコが蒔いた種が花開いた姿なのでしょう。

クラブや選手がステップアップを望み、チームは年ごとに構成を変えていくことになるのでしょうけれど、その意志がぶれずにあって欲しいものだと願います。
ただ、勝ち数の多いだけではなく、一人の人間として「このチームを好きになってよかった」と思えるようなクラブであって欲しいです。

そして、そこからもらった沢山の感動を、自分の生きていく指標にしていきたいなと思っています。



そして、こういう事を書くと気分を害する人もいるかもしれませんが、
鹿島のスタイルと似たようなものを嵐のメンバーから感じるんですよね。

彼らはいきなり「さあ、君たちがデビューするからね」と集められたに等しい状況から始まりました。
デビュー曲はヒットし、バレーの応援など目まぐるしく仕事をこなしていた中で、
「自分たちって一体何だろう」とお互いに試行錯誤しながら、今現在に至るという展開だったようです。

ただ、アイドルとして売れればいいのなら、誰かの言うとおりにしていれば良かったのでしょうけれど、
彼らは本当に真面目なので、どうすれば自分を応援してくれるファンにより良いパフォーマンスを見せられるのかを追求しました。
彼らの言葉を借りれば「僕らは、どんな仕事でも楽しんでやっていただけです」という事になるのですが、
この仕事もクレーム処理を代行するなど、結構信じられない事も含まれているのにサラッと語るんです。

オレがオレがというタイプがおらず、メンバーそれぞれがお互いを思いやる姿を見て
「癒される」、「仲良しで見ていて気持ちいい」とチームとして評価されるようになっているのは、芸能界でも珍しいのではないかと思います。

また、歌も圧倒的に恋愛物が少なく、夢や希望を感じさせるものが大半を占めているのですが、これがまた元気を与えてくれるんですね。そして名作が多いというのもあります。
夢や希望なんて10代、20代を過ぎたら関係ないと思っている方もいるかもしれませんが、人生はそれらを欠いたら本当に空しいものとなってしまいます。その年代、立場なりの夢や希望はみんな持っていることでしょう。
彼らの性格の詳細はわからないけれど、純粋な気持ちを持っていなければ、それらの歌を爽やかに歌い上げることは出来ないのではないかとも感じています。


二宮和也の言葉によれば嵐のメンバーは「家族でもあり、友達でもあり、仕事仲間でもある。こんな関係を築ける人たちは他にはないだろうし、幸せなことだと思う。」(正確ではないですが、このような主旨で語っていました。)

CDがヒットしている状況を見ても「信じられない」、「バブルで終わらないよう頑張ります。」と言う。
人気が出て来ても変わらずにお笑いタレントのような仕事も喜んでやっている。
相葉雅紀は「コンサートでみんなに会えるのが本当に嬉しいからずっと笑顔になっているのね。ステージが終わってからシャワー浴びて鏡を見ると、顔が笑顔なの。筋肉が笑顔のまま固まっているの。でも、それがすごく嬉しいの。」と泣かせるような事を言ってくれる。

本当に元気をいっぱいもらいました。
笑いも感動も。


自分的には、栄誉を手にした鹿島と嵐の共通のキーワードは「絆・継続・向上心」だと思っています。
どれを取っても、このせちがない世の中にとって必要なものなのではないのかなぁ…とも。


来年も、彼らにもらったものを、より良く財産にしていきたいなと思います。



この一年、相変わらず拙いブログではありますが、読んでいただいてありがとうございました。
更新が途絶えがちな時もありますが、またよろしければ、どうぞお付き合いくださいませ。

そしてみなさまにも良い事が多く訪れる一年でありますように願っております。







スポンサーサイト



テーマ:おもうこと
ジャンル:ブログ

2009.02.19 08:55|LIFE
そんなに期待していなかったけれど、こんなに面白い思っていませんでした、
ドラマ「歌のおにいさん」!

全体的にまったりな空気の中、キラりと光るギャグやほろりとさせられるシーンがアクセントになっていて、見ていて楽しい気分になります。
特に片瀬那奈さんのハジケっぷりには感動しました!
高松塚歌劇団キトラ組出身…って、どんな歌劇団なんだよお。

主人公の矢野健太(大野智)は、ひょんなことから自分の意志ではなかった「歌のおにいさん」になってしまい、悪戦苦闘する内容なのですが、
「歌のおにいいさん」に真剣に取り組む覚悟を決めた第3話を見たときに、なにかデジャブを感じました。


ロックバンドのボーカルだった健太は、ニッコリ笑って歌ったり踊ったりが出来なかったので、共演者たちから、何度も何度も

「笑って!!」

「仏頂面やめろ!!」

と責め立てられます。

でも、普段の健太は決して笑顔が無いわけでは無く、ぶっきらぼうに見えても心は優しい男です。
そんな彼が笑えない理由を

「ウソはつけねえんだよ」と語ります。


プロとしては失格な言葉ですが、彼には彼の理由があった訳です。
その後、彼はある事件を通して、自分のやっている歌や踊りが子供に影響を与えていたことを実感し、「歌のおにいさん」を目指そうという気になったのでした。



なにがデジャブかっていうと、それは満男のこと。
イタリアに行く前はネットでも「少しは愛想良くしろよ」とか「ファンサービスしろよ」など、かなりの意見が出ていました。

満男が「サッカー選手はピッチの上での仕事が一番」と言っていた時期もあったと思います。
でも、それでも子供には優しかったので、表現の仕方やタイミングが一般的なものと違っていたのだろうと思っていました。

満男はイタリアから帰ってきて変わりました。
ファンの声援にもちゃんと対応し、取材にもよく話すようになり、笑顔を見る機会も増えました。
イタリアでの、自ら発しないとコミュニケーション出来ない事などが、彼の心の中の何かを変えたようです。

以前はサッカー選手としてはプロでない部分もあったと思います。
でも、最初から何でも出来る人はいないわけですから、自分の足りないところに気づいて、克服して、成長するということが大切なはずです。

何かが出来ない人を批判するのは簡単です。
ただ、出来ない人にも何か理由はあるだろうから、それに気を配る余裕を忘れないようにしたいな、と思いました。

そして、自分を変革させて向上させる人については、リスペクトをしたいな、とも思いました。

とはいえ、自分に影響がある人だと、そんな寛大な気分にはなれないのだろうけれど、努力はしてみようかな。


「歌のおにいさん」は全8話のうち、今晩の放送が第5話で佳境に入ってきています。
満男はケガでリハビリ中なのに、目標を開幕戦出場としています。(本人の願望だそうですが)
意外な共通点の2つは、ある意味クライマックスな状態になりつつあるので、ますます注目したいですね。


ああ、そういえば、もう一つ微妙に似ている点がありました。
「歌のおにいさん」の主題歌は『曇りのち快晴』
満男が以前、さっかー誌に連載していたコラムのタイトルは『晴れ、時々曇り』

人生は天気のようにデリケートってこと…なのかな???




テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

2008.12.09 02:08|LIFE
気が付いてみたら、アクセスカウンターが100,000件を超えていました!

ご訪問いただいた皆様、ありがとうございました!!

まだまだいたらないブログですけど、より良いものをを目指していきたいと思います。
改めまして、どうぞよろしくお願いいたします!!

テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ

2008.11.16 16:59|LIFE
近所のカリス成城に友達と買い物に出かけたら「フレッシュ・ローゼル入荷しました!」とあって何かしら?と思っていたらハイビスカスティーのことだったんですね。

ハイビスカス…南国や温室に咲いているのとは違うのだろうとは思っていましたが、最初は意外なお姿にギョギョっとしました。
でも、これは花の咲いた後のガクの部分が育ったところだそうです。

2008111609330000.jpg

確かにこの鮮やかな赤はハイビスカスティーの色ですね。


ちなみに、詳しくは

科名・属名 :あおい科 フヨウ属 一年草
学   名 :Hibiscus sabdariffa(ハイビスカス サブダリファ )
ハーブティー: ローゼル Roselle/ハイビスカス Hibiscus
成   分 ハイビスカス酸、クエン酸、ビタミンC、ポリフェノールのアントシアニン、リンゴ酸


ということだそうです。


フレッシュハーブティーを試飲させて貰ったら、あの酸っぱさがまったくありません。
酸っぱいのが苦手な友人も「これなら飲める」と言っていました。

なかなか手に入らないと聞いたので、100g分を購入。フレッシュハーブティーで飲んでも良かったのですが、お店で頂いたレシピの中にあった「ハニーローゼル」が気になったので、コチラにチャレンジしてみました。
ハチミツサワードリンクの素というんでしょうかね。


2008111609380000.jpg

ガクの部分を剥きます。使うのはこの部分だけ。
剥いた残りのところは乾燥させて種を取ることが出来るらしいのですが、作業していたときは知らなかったので処分しちゃいました…(@_@)

これを ハチミツ 200ccとお酢 40ccを合わせたものに漬け込みます。
お酢は掃除用に大量にあるホワイトビネガーを使いました。
10日?2週間過ぎが飲み頃で、お湯か水で4?5倍に薄めて飲むそうです。
ビタミンCとクエン酸がたっぷりなので、疲労回復や美肌効果に期待です。

2008111610020000.jpg


実はサワードリンク系はちょっと苦手なのですが、ハチミツたっぷりの手作りなら大丈夫かな、と思っています。
二週間後が楽しみです♪


















テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用

タグ:ハーブ ヘルシー 疲労回復

2008.07.13 14:40|LIFE
話題の本を読みたいなぁと思いつつ、買うのをためらっていた「ホームレス中学生」
だって…単行本って高くないですか?って、ケチでしょうかね?
スタジアムに行くお金は単行本以上でもホイホイ出しちゃうんで、価値観の違いということでご理解くださいませ。


で、それがドラマになると知って、絶対見たいなぁと思っていたところにCMスポットが…。
主役の子が原作者・麒麟の田村さんの縮小版としか思えないほど激似ではありませんか!
もうそれだけで、興味100倍。
そして、12日・土曜の夜を迎えました。


9時からのドラマだったのですが、10時を過ぎた頃から、もう涙が止まらなくなってしまいました。
野宿する羽目になった中学生が生きるためにいろいろチャレンジして、文字通り地を這うような生き方をしているところもジーンときたのですが、
そんな兄弟たちを助けてあげようと、まわりの大人達が出来ることを力を合わせて協力していくというのに「ナニワの人情」を感じたのです。
兄弟が一緒になって、でも誰かに頼り切りになるのではなく自立心を持って暮らせるように、見守って育てていく様子がとても素敵でした。
どんな辛い時でも、前向きに明るく笑い飛ばすナニワパワーだからこそ、兄弟で生きていくことが出来たのかもしれませんね。


また、度々の回想で出てくる薬師丸ひろ子さんのお母さんが本当に優しそうで、余計に涙を誘ったものです。
離ればなれになった兄弟だけの生活。
遊びたいだろうし、すさんだ生活になってもおかしくないだろうし、すねてぐれてもおかしくないような状況のなか、兄弟が困難な中でも「家族」として協力し、成長していく姿は、本当に素晴らしかったです。

落ち着いた生活になって、ふと自分を省みた田村少年が、自身の生きていく意味がわからなくなる展開というのも理解出来ました。
でも、生きる意味を見いだすきっかけになったのは、兄や姉の弟を思う姿だったのです。
生きていることの喜びと家族の大切さを、この2時間半のドラマでしっかりと心に刻みつけられました。

私も、主人だけでなく親や兄弟たちと良い絆を保てているだろうか…。
今度みんなに会ったときは、もっといろいろ話をして、分かり合えるようにしなくっちゃ…、そんな気持ちになりました。

役者さんも、みんな良い味を出していて素敵でした。
特に長男役の田中圭くん。若手の脇役って感の強かった彼ですけど、とても存在感ありました。
とまどいながらも長男として成長する姿を良く表現していたと思います。

今度は映画化もされるそうですね。
小池徹平くんは…主人公としては美化しすぎでは?と思うけど、中学生役でもおかしくないという点ではハマリ役なのでしょうか???

でも、やっぱり原作は読まないといけませんよね?。
文庫本になったら買おうかなぁ


テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード