FC2ブログ
2006.10.25 19:25|-
夕べから高熱が出ていたので、病院に行ったら腎ウ腎炎と診断されました。腎臓にバイキンが入る病気です。
二・三日は高熱が出るので安静で経過によっては入院も有り得るとか(((・・;)。
最近、お疲れ気味だったのですが免疫力が落ちてたみたいです。

と、いう事で更新は少しお休みしますね。

皆さんも体に気を付けてお過ごしください。

次の鹿島の試合が、大分で良かったです?。
スポンサーサイト
2006.10.24 01:59|小笠原満男
映像をTVで見られなかったため、なんかモヤモヤして通勤途中でスポーツ新聞を買いました。サンスポとスポニチの2紙でした。サンスポは結構満男を好意的に書いてくれるし、スポニチは競馬の記事が充実しているので、昨日の反省をしようと思ったからです。
売店の人は「この人、新庄が好きなのね」と思ったでしょうね。(中日スポーツ以外の一面は新庄だったのでした。)

しかし、電車の中でニッカンを読んでいる人を見て、ついつい盗み見…
そうしたら、ドッカ??ン!と大きく掲載されているではないですか。
追加で買ってしまいました。

061023nikkan


今後の参考に?各紙面の面積を計算してみました。(ヒマじゃないんですけどね。)

 ・サンスポ:650㎠
 ・スポニチ:602.5㎠
 ・ニッカン:1,262㎠

ダントツでニッカンですね。文字が大きいというのもあるけど、写真のアップがいいですよね。
ニッカンはサッカーについてはいい感じと思っています。Jリーグでもスタッツを細かく書いてくれるし。

061023mituo


「え?、マジかよ」という満男の声がしそうですね。

<各紙を読んでの情報まとめ>
 1 イタリア語で話して魚を買えるようになった。
 2 移籍後は今までの固定式スパイクから8本の取り替え式に変更。プーマには6本タイプも依頼中。
 3 報道陣相手に自ら食事会を開いてもてなした。
 4 ピッチ上の指示のほとんどはイタリア語でOK
 5 家族でサーカスを見に行った。
 6 イタリアに行くと子供に言ったときに「ご飯がおいしいからいいね。」と言われた。
   →サイゼリアと間違えてないよね?
 

イタリアスポーツ紙の採点は5.5?6.0とちょっと厳しめ。前半にパスミスが多かったなど反省点も多かったようだ。
しかし日本でもボランチ経験はあるけれど、イタリアで、それも開幕直前の合流では、まだ連携なんてもんじゃなかったでしょうね。
しかし、それは覚悟のうえのはず。とにかく、1つ1つを積みかねていくしかない。
満男、遠くからだけど、上手くいくように、いつも祈っていますよ。あなたは私の心のファミリーだからね。

しっかし、次節の相手のパレルモってリーグ1位で、おまけにミランに勝ったチームではないですか
また、出場機会は望み薄いかな…。放送あるときなのに、ついてないなぁ。
それにしても、なぜメッシーナホームゲームは放送が無いのかが謎ですね。放送権を高額でふっかけてるのかな?
マフィアの地元だから充分考えられるけど…

テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ

タグ:小笠原満男

2006.10.23 05:42|小笠原満男
よっしぁぁ!


サンケイスポーツさん、ありがとうございます。
今日、新聞買いますね

スポニチさんでは

≪技ありの初得点≫小笠原は、前半はパスミスが目立って精彩を欠いたが、後半の得点の場面は持ち味を見せた。右サイドのアルバレスに山なりのパスを出してゴールラインまで突破させ、センタリングが相手DFにヘディングでクリアされた落下点に目ざとく走り込んだ。左足でうまく合わせ、低い弾道でゴール左隅に突き刺した。両手を広げて喜ぶと、祝福に駆け寄ったチームメートに囲まれ「うれしかった」と感激に浸った。セリエAで日本人の得点は、昨年2月に当時レッジーナの中村(セルティック)が決めて以来となる。 (共同)



う??ん、全体としてはもう少しの評価だったのか…。
でもセリエ3試合目だから、まだ仕方ないのかなぁ。
でも、これからだ!
まだまだ伸びるぞ、お?がさわらっ!

テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ

タグ:小笠原満男

2006.10.23 05:22|小笠原満男
放送がないから状況が判らないけど、
とにかくセリエA初ゴールおめでとう
試合がドローなのが残念ですが、まずは一安心。
次も頑張れ?(^-^)/

※06/10/22 9時頃の記事

***************************************************

【追記】

今日は菊花賞があったので、久々に東京競馬場に行ってました。
お馬はかわいいですね。このレポはまたアップしますが、その後飲んで帰って、うっかりそのまま寝てしまったためTVでの満男ゴールのニュースを見過ごしてしまいました

ガーン、なんたる失態

しかし、世の中には親切な方がいるもので、映像をゲットすることが出来ました! 感謝感激です


中国語の実況がなんとも不思議な雰囲気を醸し出してますが…。(「ダウンロード」を押しましょう!)


誰やねん、満男が動かないとか言っていたヤツは…。
動いて起点になって、超ワザあり・巧ですのゴールですね!
ゴール後、みんなに祝福されてましたが、リガノはしつこいぞぉ(^_^;
もしかして、満男が好みのタイプなんでしょうか。
99年WYの時にトルシエが祝福のキスを選手みんなにしたときに、満男がイヤそうな顔をしてたのを思い浮かべてしまいました

ただ試合が見られないから、守備はどうだったんだろうとか、その他の部分が非常に気になります。
次の試合は出られるかなぁ。せっかくオンエアあるんだから見たいですね。

まずは第一ステージクリア、おめでとう!

テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ

タグ:小笠原満男

2006.10.22 01:18|鹿島アントラーズ
やはり、地元神奈川の試合なので行かなくては!と思い、日産スタジアムへ行ってきました。

名良橋の久々の復帰。どの程度なんだろうと思っていたけれど……、やっぱり身体がついて行かない感じがしましたねぇ。

両サイドがら空きでクロス上げられる度に「ひえ?」と叫んでいました。攻撃でもアレックスに集めるしかないのだけど、そこからボールロスト。
ははっ。
(人間、落胆すると笑っちゃうものかもしれません。)

まあ、右に久々の名良橋、左に本職でなないファビオ・サントスとくればプレスのタイミングもズレまくりですよね。センターバックは競り負けてばかりだし…。
青木が合わせるのに一杯一杯だから、岩政がラインを見なくてはいけないはずだけど、まだ余裕がないですよね。

いいや。膿は出し切らないと後が良くないからね
これでナビスコが勝てるのかという不安は多々ありますが、信じる事しかできないから…。

興梠や田代はまあまあ良かったのが収穫?
千葉戦よりは形になっていたのが救い??



友人の鹿島サポの”相馬夫人”(相馬直樹さんの大ファンだったので、こう呼ばれています。)は、ナビスコ勝利祈願のため、勝負事に良いという神社へお参りすることに決めたそうです。

私は何をしようかなぁ…。

しかし、こういう状態を考えてみると篤人っていうのは、救世主みたいな存在だったのですね。彼が入団していなかったら、今の順位はない…というのは言い過ぎだろうけど、それに近いものはあったかもしれない。
(いえ、決して内田潤が悪かったというのでなく、若者が頑張ることの波及効果は大きかったのではないのかと。)

先週の試合でもナビスコ決勝戦出場を願うサポーターの多くの横断幕を見て「幸せなことです。」という大人の回答をしてくれました。
いい子です。ぜひ、アジアユースチャンピオンに貢献してもらいたいな。
鹿島は鹿島で全力つくして頑張る(はず)だからサ!

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:サッカー 鹿島 アントラーズ 内田篤人

2006.10.20 02:21|鹿島アントラーズ
今日、久々に友人の黒ひょう君と鹿島話をメールで交換しました。

ジュ「誓志は不安なんだけど」
黒「彼は攻撃的な選手だからポジションに慣れれば大丈夫だよ。」
まあ、確かに今年に入ってからのコンバートだから、いろいろ大変なのはわかっているけど…。
誓志、ゴメン。早急に結果を求めすぎていた私を許して。確かに君は頑張っているよね。


ジュ「今、気に入っているボランチは清水の枝村。攻撃センスがいいし、スタミナあるし、守備に戻れるだけの走力があるからね。」
黒「今野といい、ボランチは攻撃ももちろんだけど、走力が求められるようになってきたよね。」
そうか?。今野の事はそんな風には感じていなかったけど、確かに指摘されるとおりかも。

黒「現代のサッカーは、どのポジションも守備が求められているよね。FWでさえも。守備しなくていい選手がいた時代が懐かしいね。」


黒ひょう君は頭脳明晰だし、テニスも得意だし、私とは違う視点でサッカーを見ているんだなぁと感じました。

そう、こんな風にいろいろな人とサッカー話をするのが楽しいんですよね。新しい発見があって、彩りのある人生になるものね。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:サッカー 鹿島 アントラーズ

2006.10.19 09:10|アロマテラピー
久々にアロマの話です。

寝るときに芳香浴をするとしないで、翌朝の目覚めの良さが確実に違ってきます。

最近のお気に入りはジュニパーとマンダリンorオレンジ・スィート。落ち着いて眠れますね。
夢はほとんど見ないんですけど、眠りの質が良くなるのではないかと思います。

また、最近はミントのハーブティに凝ってます。
ローズマリーやレモンバーベナと合わせますが、ミントを多めにするのがお気に入り
朝、職場で飲むと、頭クッキリ、気持ちスッキリ。能率も上がりそうです。

以前、アロマの先生が
「コーヒーとかのカフェインを飲むと覚醒するけど、結構身体には負担をかけているから、ミントのハーブティを飲むのがいいわよ。」と教えてくれた、そのとおりの効果を実感しています。
2006.10.19 02:09|鹿島アントラーズ
先日、片づけをしていたら2000年3月に発売された雑誌「Number」が出て来ました。Jリーグの開幕に向けての特集で巻頭インタビューは小野伸二と楢崎正剛。
[昇格組レポート]FC東京&川崎フロンターレ、なんていう記事もありました。
さて、何故これを保存していたのだろう…と、パラパラめくると発見
【クローズアップ 鹿島アントラーズ「逆襲が始まる」】  あ?、この記事だったのね。

99年、鹿島は前年(98年)リーグ優勝優勝したにも関わらず1stステージ 9位、2ndステージ6位、ナビスコカップ 準優勝、天皇杯 4回戦敗退という低迷した成績に終わってしまった。特に1stステージ 9位というのは「チーム史上最悪」と言われたほどです。(注:現在は2001年 1stステージの11位の方が成績が悪いです。)

記事を書いたのは永井洋一氏。
99年の低迷の理由は皆が掲げる、攻守の要のジョルジーニョの退団、負傷者の続出だけではないと言う。

(アントラーズは)個の能力に頼って目前のシーズンを乗り切るという付け焼き刃の対策ではなく、チームとして着実に培われた底力がこのクラブの魅力であり、強さゆえの憎らしさだったのである。だからアントラーズには、勝利者になるためのノウハウという財産がチームとして豊富に蓄えられているはずであり、そうした財産が若い選手にきちんと伝授されていたなら、有力な選手の退団や主力の負傷があっても、たった1シーズンで簡単にチームのリズムが崩れることはなかったと思えるのだ。




また、99年は守備意識が低下していたことを指摘していた。

これらは、試合にスタメン又は途中出場の増えたヤナギ、平瀬、満男、モト、などの当時の五輪組世代が課題をこなせていないからだ、と述べていた。

最後には「五輪組の若者達がいかにしてプロサッカー選手として自分の殻を破るかという問題なのだ。
(略)アントラーズの復活はまさに五輪組6人にかかっているといえるのではないか。」
と指摘していた。

まさしく、そのとおりの展開になり、秋田、相馬、名良橋、ビスマルク達ベテランと満男世代の融合により、2000年シーズンは3冠という輝かしい成果を収めることができたのだ。


果たして今はどうだろう。経験を伝える選手は怪我かベンチ外。秋田、相馬、熊谷がチームを離脱したことにより「勝利のメンタリティ」を知る選手は少なくなっている。
3冠の栄光を成長と共に体感した選手もヤナギと本山と曽ヶ端だけだし、なによりも、その彼らは怪我と不調により身をもって表現することが出来ない。

まるで八方塞がり。パウロにこの高く大きな壁を打開する方策はあるのだろうか。

満男は野沢に任せたというけれど、チームを引っ張ることを頼んだのであって、ゲームメイクを頼んだのではないと個人的には思っています。
今は必要なのは状況に応じて緩急を付けられる存在ではないのだろうか
誓志は自分の役目をまだ表現出来ていない気がする。ボランチは、どう組み合わせても心配が残ってしまう。
セレーゾの頃の「ボランチ王国状態」が懐かしい。せめて前の4人のうち、ちゃんとキープが出来ればこの不安も解消してしまうのだけど。
いや、ポジションなんて関係ない。タメを作ったり、スピードアップしたり、相手に読まれない攻撃を作れる選手であればいいのだ。
そうすれば、みんな慌てずに「次」の動作に行けるから。取りあえず空回りしていて連携の感じられない今をクリア出来るのではないかと思うのです。

また、新しい流れも必要かな。サテライトで結果を出した羽田(祝・ハットトリック!)と興梠は次のマリノス戦に使ってくれないだろうか…。
本田主将のスタメンでもいいんだけれど…。

きっと、みんなチームを引っ張るのなんて、やりたくないんだろうなぁ。
行きがかり上(?)引き受けていた満男の移籍の影響は今のような閉塞状態の時に堪えますね。


mituo love 2000

若いというか、初々しいなぁ。こんな?時代もあ?ったねと…

※タイトルは川口能活の座右の銘からいただきました。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:鹿島 アントラーズ

2006.10.16 01:17|鹿島アントラーズ
レオナルドに会いにミラノに行ったのは2000年の2月。友人タカハシを亡くしたばかりで、どこか遠くに行きたい→海外のサッカーを見たい、のに加え、レオの笑顔に癒されたくて何かに追い立てられるかのように、ツアーに行くことに決めた。
おりしも超忙しい時期だったため、旅行のための休み3日間(平日)を捻出するために、毎日夜3時近くまで残業していたことも、今となっては懐かしい思い出。

土曜日のレオは、相変わらず素敵な笑顔だった。残念ながら直接は顔を見れなかったけれど。
いつも鹿島のベンチ外の選手達の観戦するエリアで本田主将と並んでみていたのも好印象だった。
思いやりある言動で多くの人々を魅了するレオ。その彼が「気持ちが伝わってこなかった。」と言うくらいなのだから本当にそういう事なのだろうと思った。

試合に関していろいろ書きたいけれど、思い出すと傷が深くなるので、ちょっと冷静になってからにしようと思います。

でもね、試合後は旦那と一緒に「こう、惨敗すると悔しいという気持ちにならないのは不思議だね。」と話したり
「さすが阿部勇樹だよね。上手いわ、うん。」なんて言っていたのですが、後からじんわりとボディーブローのように効いてくるんですよね…痛みが

ホント、ただ一言。心が痛い。

サンドバック状態だったもんね…、と思ったときに浮かんだのが「あしたのジョーのテーマソング」(単純すぎ)
鹿島に明日はあるんだろうけど、歌の最後のように「どっちに行くの???」という様な気持ちになってしまいます。

余談ですが、「あしたのジョー」の主題歌は寺山修司の作詞だったんですね! クオリティ高いわけですわ、全く。

タグ:鹿島 アントラーズ

2006.10.13 01:17|小笠原満男
おお! 

小笠原、2戦連続の先発出場か?ライバル不在で定着の好機

 セリエA・メッシーナのドイツW杯日本代表MF小笠原は、14日のシエナ戦(アウエー)に2戦連続で先発する可能性が高くなった。累積警告で出場停止だったMFコッポラに代わって前戦、ボランチで出場し好プレーを連発。周囲の評価が高まっているとともに、MFデベッツェは右足親指痛で別メニュー調整が続いているため。「いつも通りやるだけ」と冷静に話した小笠原だが、このチャンスをわがものにして一気に先発に定着したいところだ。(10月11日 サンケイスポーツ)



怪我してる同僚さんには悪いけど、チャンスは生かさないとね!

そして、また


シエナvsメッシーナ
【解説】原博実【実況】八塚浩

  初回 10月14日 (土) 生中継 27:25 Ch.181
   (スカパー! HPより)




みんなの願いが伝わりました!!
解説がハラヒロミさんなんて、超嬉しい??
満男、その勇姿を日本に見せて、いや、魅せてちょうだいね

テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ

タグ:小笠原満男

セ・リーグ、阪神は力つきてしまった。
仕方ない。負けたのが悪いのだから。それでも気持ちの入ったプレーをした選手を堂々と誉めてあげたい。
球児の涙、井川の涙、金本アニキのホームラン…。本当にお疲れ様でした


パ・リーグのプレーオフでは日ハムを応援してました。
だって新庄に阪神の仇討ちをして欲しいから。阪神育ちの彼にしかその大役は任せられない。

そして高校のときから投球フォームが好きだったダルビッシュがいる。
正直、ここまで良い選手になるとは思っていませんでした。入団してからのトラブルを球団が適切なフォローをしていたから、今の彼がいると思います。顔つきもプロらしくなってきて、この先が益々楽しみです。

あとは小笠原。遠慮無く「お??がさわら!!」コールが出来る喜び(相手ちゃうやんけ

旦那は「3年も目の前で胴上げされたら可哀相だ。」とソフトバンクを応援してました。確かに惜しい試合だっただけに不憫ではあります。1球で運命が、人生が変わってしまう、それが野球の残酷さでもあり、感動でもある。

でも、本当の戦いはこれから。
真の日本一を目指すのだ!

竜は食べられないから、名古屋名物を食して援護しようかな。
きしめん、天むす、エビフライ?

テーマ:プロ野球
ジャンル:スポーツ

今更ではありますが、やはり書きたかったので、ちょっとだけ。

フェラーリがエンジンブロー。その事実がまず信じられなかった。私の記憶ではそんなのは見たこと無かったから。
他のチームであってもフェラーリのチームとしての総合力、それがいかに優れていたか。
報道によると6年ぶりらしいです。
なにも、この大事なときに…、と思ったのですが優勝とは引き替えに素晴らしいものを味合わせていただきました。

リタイア後、ピットに引き上げてきたシューマッハはクルーの一人一人に笑顔を向けていたのです。
それはまるで仏様のような、(いや、キリスト教圏の人だからイエス様のような、が正解か?)慈愛に満ちた深い愛情に溢れた素晴らしい笑顔だった。
心なしか後光というかオーラが満ちあふれている気がした。

F1ドライバーは生死を賭けて戦うわけですが、そんな境界に居続けた人ならではの、達観した何かを得たのではないかと思いました。

優勝しておちゃらけているアロンソも、気持ちは分かるけど、なんか格が違うな…と感じてしまいました。彼も何年も勝ち続けていれば、この領域にたどり着けるのでしょうか。

テーマ:F1グランプリ
ジャンル:スポーツ

実は最近、代表の試合への関心度が薄くなってます。
鹿島からの選出がないとかは関係なく、オシム采配に対して「なんで、そういう(選手の)使い方するのかなぁ」という疑問が大きくなっているからなのでした。

特に遠藤。2列目ってどうなんでしょ。理由がわからない。
やはり鋭い読みとボールの散らし、捌きはボランチの位置ならではと思うのです。

まあオシムにとっては2列目、3列目の違いは取るに足らないモノのようなのですが…。

あとは、選手の技量がね…。(以下省略)

中村憲剛は、もっと早く使ってよと思っていました。彼が出ると試合がまとまりますね。
播ちゃんもゴール決まってよかったですね。包帯がハチマキにしか見えませんでしたが

それにしても「千葉JAPAN」と言われるだけあって、マスコットまで招集するとは、オシム恐るべし!
野良牛(インドには実在すると、旅行に行った友人が言ってました。)ではなくて良かったですね。
いぬ

テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ

タグ:日本代表

2006.10.10 02:08|鹿島アントラーズ
今日、買い物に出かけたスーパーで、すき焼き用のお鍋が7割引の1,000円ちょい欠けで売っていたの見て、即購入決定。なぜなら、今まで愛用していたものが、最近ダメになってしまい、これからのシーズンをどうしようか考え中だっただからです。

で、もって追い風なのか、すき焼き用のお肉も安売りのを発見。
すき焼きも完成し、ビールで乾杯して食事を始めました。

そして「昼間、部屋の片づけをしていた時に、2000年頃のヤナギのインタビュー記事を見つけたんだ…。」と、私が話し出した。
単なる報告というか、今日こんな事があったんだよ的な軽いノリの会話のはずだったのですが…


「動き出し命ですから」 
「点を取ろうと思っていない訳じゃない」
「まず、起点になることが大事」


今と変わらない彼の発言を巡り、今後彼が鹿島で活躍するためにはどうしたらいいのかを、すき焼きを突きながら話していた。

旦那は私よりもヤナギ命だった人なのだけど、やはり得点をしない事には評価できないと言った。
旦那のいう事も、ヤナギの意志も(そして、それがきっと今後も変わらないであろう事も)痛いほどよく解る。


そして、私は考えをまとめた。一呼吸おいてから話した。


「ヤナギの良さを活かしてあげられないのは残念だけど、今の鹿島に必要なのはヤナギではないのかもしれないね。」

「動き出しに気をつかう分を、フィニッシュに向けてくれる、そういう風にならないと。動くのは…アレックスがやってくれるはずだからね。」


泣いた。泣きながら話した。

私が彼のことを、そんな風に言う日が来るなんて。
彼を理解して、信じているのは確かだけど、やはり現実という壁は高く、厚いものなのだと思う。

ドイツW杯の時も落胆はすれども、信じる気持ちは捨てていなかった。
他の選手も得点機に失敗している。それが事実だったからだ。

しかし、鹿島での最近のヤナギは、その動き出しさえも勘が鈍っているというか、輝きを失っている。
要の試合でポチポチ得点はしても、ある程度継続しなければFWとしては存在価値がないのだから。

とにかく点を取って。どんな形でも。…それだけ。



ちなみに、元気の無くなった私を見かねて旦那が片づけをしてくれました。

夫婦がすき焼き食べながら妻が泣いている…。会話を聞いてないで状況だけ見ていたら、離婚の相談しているように見えるんだろうなぁ。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:鹿島 アントラーズ 柳沢敦

2006.10.08 22:04|-
鹿島の選手も、阪神の選手も、明日、床屋で坊主にしてくるべし!
やる気ないとは言わないけど、チグハグ・バラバラ。集中度合いが足りないよぉぉ。

鹿島にいたってはシュート5本…。(゜Д゜)ハァ?
勝てるはずないよね…。
2006.10.06 02:06|小笠原満男
何げに「メッシーナ」をキーワードにしてグーグルのイメージ検索をしていたら、見つけてしまいました




こ、これは、もしや…!

ジャミラ

まさか、満男はすでにメッシーナに縁があった訳なのでしょうか

この絵は、私のイタリア語読みが正しければ
アントニーネッロ・デ・メッシーナ氏の「受胎告知」という作品になるんですが…。

するってぇと、この写真のジャミラは「移籍告知」を受けてのものだったかもしれません!!
(すっごい、ムリヤリ

テーマ:サッカー海外組
ジャンル:スポーツ

タグ:小笠原満男

絶対、諦めんけんね!!

と、気合いをいれているんでしょうか。

syu-


う?ん、シューマッハにも頑張って欲しいけどアロンソの勢いも楽しみだしなぁ。
競馬の凱旋門賞みたいに、主力と言われる人たちで牽制し合った結果、伏兵が飛んでくるかもしれない。
目が離せないです!


ばとん


バトン、やっぱりええ男やねぇ。
HONDAも日本で勝ちたいだろうし、これもまた期待出来ます。

テーマ:F1グランプリ
ジャンル:スポーツ

2006.10.06 00:43|旅物語
大沼


大沼公園に行って来ました。駒ヶ岳が綺麗でした。
自転車を借りて大沼1周。その距離、なんと14キロ!
け、けっこう後から足にきちゃいましたが、爽やかな風の中だったので、とっても気持ちよかったです。
ポイントは反時計回りに進むことですね。逆に回ると、ゆるい上り坂がえんえんと続くため地獄を味わうことになります。


kamo


羽の碧い色を撮りたくて、じっと待っていました。
この鴨ではなかったのですが、「ガァガァ」と鳴き真似をしてみたらお返事を返してくれたコがいたのです。
偶然??と思って繰り返したら、また鳴いてくれた。1分近く会話してたでしょうか。なんか嬉しい気持ちになりました。


konuma


大沼と小沼の間にある宿に泊まりました。朝ごはんの後でホテルの人から【小沼散策コース】を教えてもらい、お散歩していたら、この風景に会いました。
見た瞬間「うぁ??!」としか声に出せないほどの朝もやの迫力。やはり北海道のスケールは違いますね!

テーマ:北海道
ジャンル:旅行

2006.10.04 01:37|小笠原満男

小笠原に地元紙が高評価「喜ばしいサプライズ」 

【レッジョ・カラブリア2日】2日付イタリア各紙は、リボルノ戦で初めてフル出場したメッシーナのMF小笠原満男(27)の積極的なプレーを評価して期待を寄せた。

 地元紙「ガゼッタ・デル・スッド」は6・5と高く採点。「(チームの今季初黒星で)落胆した中で喜ばしいサプライズ。縦パスをもっと出していいと思うが、イタリアサッカーに慣れれば大丈夫だろう」と今後へ期待。全国スポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は6点ながら「激しい当たりを恐れず最初はよかったが、その後は姿を消した」と厳しかった。

 ジョルダーノ監督(50)も「パスの精度はいいが、縦への攻めを覚えていかないといけない」とあえて指摘。小笠原自身は「攻撃に絡めたので前半の方が良かった。チームが勝てなかったので残念な気持ち」と複雑な様子で、次節15日のシエナ戦(アウエー)へ向けて課題に取り組む。

(2006年10月3日06時03分 スポーツ報知)



高評価はありがたいことですね。初スタメンなのでちょい甘気味かもしれませんが。
後半、消えてた理由が気になりますね。チーム戦術にはあと一歩なんでしょうけれど、あのスルーパスでおそらくスタジアムには「オオ!」とどよめきが起きた…と想像してみます。

次はアウェーでシエーナと対戦ですね。同じ勝ち点8で4位(と、言っても4チームもいますが)で並ぶので、ぜひぜひ勝っておきたいところ。
監督も満男のパスが効果ある事は認めてくれたので、先発はムリかもしれないけれど、出場は有りそうな予感がします。

シエーナの遠征か…。中世の落ち着いた雰囲気のトスカーナ州。美しい街なんですよね(写真で見ただけなんですが)
ああ、キャンティ・クラシコが飲みたくなってきた
満男、美味しいもの食べて、試合頑張ってね??

テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ

タグ:小笠原満男

2006.10.03 01:17|小笠原満男
いいパスは通った。シュートは撃った。当たりには強く、相手までぶち倒した。
あとは…、後は…、得点に絡んでね!!
とりあえず、負けている中でもフル出場だったのが中盤として信頼を得始めている証であったと…信じたいものです。

それにしても、試合見たかったなぁ。

20061001mituo


某掲示板から拾わせていただきました。(感謝)
左端の人は、どうみても青木とヤナギ(半分に切れてますが)ですよね
それにしても、この一枚だけ見ても満男らしいプレーだなぁとつくづく思いました。

テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ

タグ:小笠原満男

2006.10.02 01:32|旅物語
とりあえず、心を癒すため函館のトラピチヌス修道院の写真をupすることにします。


トラピチヌス修道院

続きを読む >>

テーマ:北海道旅行
ジャンル:旅行

阪神は苦手な中日・山本昌に食われてしまった。
全勝へのプレッシャー?? 
とにかく痛い1敗。


鹿島も苦手なセレッソに引き分け。
でもこれは負けに等しいものだ。
優勝戦線に残りたいのであれば。
なによりも情けないのが、失点シーンがリプレーのようだったこと。
チームとしてちぐはぐだった事。
選手同士ケンカしても何してもいいから、意思統一して欲しい。
こういうときにリーダーシップ取れる選手がいそうにないのも、また情けないんだなぁ。


満男もセリエA初先発は良かったもののチームは負け…。
シュートは積極的に撃っていたようだけど、得点に貢献出来ないと次はどうだろうか?
う???ん、心配ですなぁ。


この、もやもやと悲しさを吹き飛ばしてくれるはずの




ディープインパクトは、ああ、惜しくも3着ですか…。

やはりアウェーの壁は厚かったかなぁ。
フランス、という雰囲気もあってか、98年W杯の時のようにドキドキしてレースを見てました。
パドックで落ち着いていないので、少し気になっていたけれど最後の直線、残り200m、いつもはグイーーーンと掛かるエンジンのスイッチが入らずに終わってしまった。

まあ、仕方ない。日本でまたしっかり勝って、来年もチャレンジして欲しいな。リベンジだぁぁぁぁ

テーマ:泣けてくるぜ・・・
ジャンル:日記

タグ:サッカー 鹿島

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード