FC2ブログ
2007.10.29 20:03|ついったー
20071029200308
片松葉杖でリハビリ通院しながらですが、今日から職場復帰しました。
仕事は他の人達で進めて頂いたので、慌てることなく業務に入れました。職場の皆さまに深く感謝です。

ゆっくり歩く事になるので、気持ちにゆとりを、と思い2年前に買ってそのままにしていたiPod miniを通勤の友としました。
キティちゃんコラボの限定品です!

買ってから忙しくて少し置いていたらnanoが発売され、どうしようかと思い、さらにそのままだったのですが…。

迷ったけど使ってよかったです。
今はケイト・ブッシュ、スティーブ・バイ、チャットモンチーが入ってます。

気にしていた通勤も朝のラッシュを避けて通院出来るよう、配慮して貰えたので、なんとかなりそうです。

今日の帰りの電車で席を譲ってくれたご婦人に感謝です。

リハビリ、頑張らなくちゃネ!(^-^)!
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

2007.10.28 17:07|鹿島アントラーズ
鹿島の試合が始まる前に柏さんの試合を見ていたら、日立台のピッチが水たまりだらけになっていた。

「鹿島は芝がいいけど、これからの降水量を考えると、これに近いかも…。今日はパスがつながらないからビーチサッカー方式でやった方がいいかもね。」と旦那と話していました。

そうしたら、鹿島の試合後のオリベイラ監督のインタビューで、『ピッチへの対応はビーチサッカーをイメージして』という言葉が出たので、飛び上がりそうに嬉しくなってしまいました

ああ、おんなじ気持ち

まあ、要は浮き球パスでつなぐって事ですけど、これは見た目よりも難しいですよね、実際。
ボールをコントロールできる技術や、正確に蹴れる脚力。そして雨で濡れて重くなった芝を走ることのできる足腰の強靱さが要求されるのですから。

でも、鹿島の試合を見ながら、不用意なファウルを与えないでセットプレーにならなければ勝算は充分にあるぞ、と思っていました。
満男や本山や野沢のいる鹿島は、足下の技術なら大分さんより上よ!って自信を持っていましたから。

しかし、もっと自信を持って戦っていたのが田代でしたね。
技術というよりは力でねじ伏せる感じでしたが。

チームの2点目(田代の1点目)、本山から野沢へのパスは田代も感じていたらしいけれど、それをシュートに持っていったのがその表れ。
いや、FWはそれくらいでいいのよ。枠に飛ばせば相手選手に当たるとか、こぼれ球を押し込むとか、より得点の可能性が高まるんだから。

今までの試合での経験が自信になって、結実した見事なゴールでした。

あと、満男はアシストもよかったけど、中盤をしっかり支配して本当に見事な活躍でした。地味目だけど、きちんと役割を果たす。こういう姿はチーム全体にとって良い雰囲気を生むのだと思います。

無失点で終わることもできて、守備陣にも大きな自信になったことと思います。
この先、上位にいる浦和さんやガンバさんがどうなるかわかりませんが鹿島がやることは『全試合勝利』のみ

選手達には状況に惑わされず、落ち着いて、かつ自信を持って、やるべきことを行って欲しいと思います。

それにしても、現地参戦の皆様、本当にお疲れ様でした。
そして本当にありがとうございました。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2007.10.25 02:36|鹿島アントラーズ
野沢が怪我明けのインタビューで「足の記憶がリセットされてしまった」と語っていましたが、その気持ちはよくわかります。
私のような普通に歩くくらいしか出来ない人間でも、そういう感覚になるのですから、野沢のような技術あるプロのサッカー選手にとっては計り知れない虚しさがあるのではないでしょうか。

そんなことを考えながら病院のリハビリ室へ向かいました。


続きを読む >>

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2007.10.23 02:03|ついったー
おかげさまで、先週の水曜日にギプスが取れました!

今はまだ片松葉杖状態で、階段を1段ずつしか歩けないし、15分くらい歩くと疲れて足が重くなりますが、しっかり歩いて固まった足首を動かして、来週くらいに職場復帰出来るように頑張りたいと思います。

本当はギプスの取れた日に、ご報告を兼ねて記事を書きたかったのですが、鹿島のナビスコ敗退で気持ちが落ちていたこと、病院で苦行を強いられたことに加えて、五輪代表の脱力する試合を見たことで気持ちの整理がつかない事もあって、なんとなくご無沙汰してしまいました。すみません。


病院での苦行…とは、ギプスを取ることでもなく、メンタル修行でした
いやぁ、本当にあれは辛い時間でした。でもきっと私以外の人には、私がそんな辛い状態だなんて気が付かなかったと思います。

続きを読む >>

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

五輪アジア地区最終予選
カタール 2?1 日本

  カタール:ヒールパスの上手い人
       PK
  日  本:青山(直)(結局CK)
 



11日から合宿していてこの結果ですか?
篤人にナビスコ2ndレグを出させない、(これはガンバさんも同じだけど)つまり、クラブに無理や我慢をさせておいたのに敗戦ですか?
ああ、なんというテイタラク

だいたいJリーグで1トップなんてほとんどないのに、なぜ、そのスタイルに監督が固執するのか判らない。柏さんは1トップ気味のときはあるけれど、あれはフランサ選手という技術のある選手あってのもの。
本田圭選手も、このチームではちっとも生きていない。
サイドの攻撃だって、ウイングタイプの水野選手と篤人が上手く融合出来ているとも思えない。
そしてFWが得点出来ていない、いや、セットプレーでしか得点できていない状況をどう捉えているのだろうか。

選手の個性を生かすどころか、マイナスにさせているのにいい加減気が付いてもらいたい。

これで、今までの様に、失点の原因になった選手を人格否定して次に使わないを繰り返すつもりなのだろうか。
戦術が優れている訳でもなし、人格が素晴らしい訳でもなし。
人を指揮する資格が反町監督にあるのだろうか。

期間が短いので解任は行わないのが日本サッカー協会の方針のようですが、あの戦術を改めない限りは未来はない。

あと2試合、オシム監督をGMに使うくらいしないと、北京への道は無理かもしれない。そこまで深刻な事態になってしまった。
    

テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ

2007.10.15 20:37|鹿島アントラーズ
2?0でリードして前半終了の時、このまま守り重視に走らなければ勝てるだろう、と思った。
サイドから崩して中央のDFを吊って崩す。
ガンバに対してはこれしか効かないと前半を見ていて感じていた。もちろん修正もされるだろうから、中盤を流動的に動けるように興梠や誓志を途中で入れてもいい。

そして後半の開始。
きっとガンバはハーフタイムに確認したに違いない。
「右SBは急造なんだから、右から崩せ」と。

ガンバ前田選手のヒールパスを見送るしかできなかった中後。
幡戸選手の素早い動きに付いていけなかった岩政。

でも、後半が始まったばかりなのだから慌てることはなかった。
むしろ、相手の狙いがはっきりしたのだから対応がしやすくなるはず。これで守りに入らず、積極的にしかけるだろう、と思った。


満男の相手DFに当たるラッキーなFKで追加点を取った。
しかし、その後に展開がガラッと変わってしまった。

本山が怪我をしたという事もあるけれど、その代わりにダニーロを入れた理由がよくわからない。
ボールを落ち着かせる、という狙いがあったとしても、後半14分、残りは30分もあったのだ。
技巧派の中盤を揃えるガンバから守り通す自信が監督にあったのだろうか。
鹿島のサッカーは早いプレスをかけられるのが苦手。そんなプレスにダニーロのキープでは心許ない。
リーグ戦前半の不調は野沢不在というのもあったけれど、ダニーロがJリーグのスピードに着いていけない事だったのを忘れてしまったんだろうか。

ガンバの2点目は岩政のマークミスというのがあるけれど、その前にボールをクリアしようとして空振り、そのボールを受けようとした中後も慌ててエンドラインに蹴り出すことがなければCKにはならなかった。
そういう前哨戦がありながら、ゴール前でクリアしようと飛んだ岩政には自分のミスを挽回することしか考えていなかったのか…と、残念ながら思わざるを得ない。


チームとしての狙い、選手の狙い。それぞれがかみ合っていたのだろうか。
いや、どこかが違っていたんだろう。
なんのための合宿だったのか。

この辺りを改めないと今後勝ち進むのは難しいだろう。
浦和戦もまだ残っている。


監督継続という情報もある。それは構わないと思う。そうトップが変わっては選手もしんどいだろうから。
しかし、日本のサッカーをしっかり分析してもらわなくては。


この試合で得られたのは、10番の醸し出した華麗なマジック。夢のようにキラキラ美しいゴール。
2点目の本山のフリーの飛び出し、見事な切り返し、私にとっての今季ベストゴールと言ってもいいかもしれない。
でも、決勝への道は本当に夢で終わってしまった…。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2007.10.14 02:42|鹿島アントラーズ
去年はアウェーゴールで決勝に行けたけれど、今年はその逆になってしまいました。

試合終了後、呆然として何も出来なかった。
少し時間が経ってから涙が溢れて、気が付いたら声を上げて泣いていました。

スタジアムに行けない事を記事にしたら、多くの方から激励のメッセージを頂きました。
その皆と決勝の地、国立へ行きたかった。
ああ、今頃はその皆も泣いていることだろう…。
そう思うと心が千切れそうに痛くなった。
夕食を食べても味はよくわからなかった。
痛み故に、心や感覚が反応しなくなっていたのでしょう。


ああ、でも、私だけが苦しい訳じゃないんだ。
選手もスタッフもサポーターも、鹿島を愛する人全部が涙に沈んでいる。


でも、時は流れている。
明日はやってくる。
輝いている未来であっても、闇に包まれた未来であっても。

たとえ小さな一歩でも、歩み続けなくてはいけない。
確実に、前へと。




それにしても現地に行った皆さん、お疲れ様でした。
鹿島はそうとう寒かったらしいですね。
また、ネットで仕入れた情報によると東京駅行きのバスがなかなか来なくて大変だったとのこと。
どうぞ風邪など引かないでくださいね。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2007.10.12 01:46|鹿島アントラーズ
もしかするとギプスが取れるかも…と言われていたのですが、
「あと、もう1週間だね」とドクターに言われました。
目安がついたのにはホッとしましたが、土曜のナビスコの試合はやはり無理という結果にもなりました。

乗換え時の移動やバス待ちの行列を松葉杖で過ごすのは体力的にキビシイでしょうから。
怪我が左足なら運転して行けるのになぁ┐(-_- ; )┌
ファンクラブ発売日そうそうに買ってあったチケットは、回復するかも…という希望を持っていたので、譲り先を決めないままでした。
今からでは時間もないので、このまま持っている事にします。

怪我が治った後、「そんな時もあったよね?」と笑って思い出すのもまたいいでしょう。
その時が文化の日・国立競技場(つまりナビスコ決勝)でありますように…。

スタジアムに参戦される皆さま、私の分も応援お願いします!

2007.10.11 20:16|鹿島アントラーズ
ナビスコ準決勝1stレグは0?1で鹿島の負け。

ジャッジは不当だとは思っていませんが、柏原主審にしては珍しく自分で判断せずに、副審の意見を聞いていたのが印象に残りました。普段からそうしていればいいのに…と。
今回はともかく、他の試合で何度そう思ったことでしょう。

試合に関しては1点で抑えられたのはいいけれど、得点出来なかったのは急造1トップ気味であったためではないかと思います。野沢よりは本山を多く使えば、中盤が安定していたのではないかと思ったのですが…。
また、田代は最初から見たかった。
まあ、どれも結果論になってしまいますが…。

まあ、しかし、2ndレグがあります。

まだハーフタイムです。

五輪合宿で両チームともスタメンが変わることも、勝負のポイントとなります。
次の試合こそ監督を始めスタッフのゲームプランづくりがタメされる試合はないのではないでしょうか。

もちろん選手もそれに応えてもらわなくては。

とにかく、最後の笛が鳴るまでは、何が起こるかわからないのですから!

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2007.10.09 19:12|鹿島アントラーズ
神戸戦は、試合開始から4分の3くらいまでは、失点もあったけれど、若い才能の開花を堪能できて嬉しかった試合でした。

スピードがあって、身体の使い方が上手い興梠は、これから経験を積み重ねていけば代表クラスになれるのでは、と期待させるオーラがありました。(あの監督に選んで欲しいということではなく、文字通り「代表クラスの実力を身につける」という意味です。)
個人的には、彼のチェイシングが大好きです。相手プレーヤーにとっては実に嫌になるくらい、すばしっこく絡んでいますからね。
そういう、相手にとって嫌な選手になってくれるのは、とても心強いものです。

田代もお子さんの誕生記念に、自分で決められてよかったですよね
試合球を記念に貰うことは出来るのかしら?
お子さんの名前とお誕生日を入れて記念の品に出来ると、お子さんも大きくなって喜ぶのではないかなぁ。
奥様も長時間の出産でお疲れ様でした。お子様の健やかな成長をお祈りいたします。
田代のゴールは体勢を戻しながらの難しいオーバーヘッドシュートでしたが、やはり身体能力が高いですね。

FWが得点できたというのは活気づきますが、それも、他の選手の頑張りがあってのもの。
青木の大きなサイドチェンジやイバのインターセプト。本山やイバが結構伸び伸びやっていたのは3バックに近かったからなのでしょうか。
失点は石神のいらないファウルからで、ちょっとイラッときたのですが、前の試合に比べたら成長したので、まあ、いいやという事にします。岩政と併せて、怪我が軽いものでありますように。

満男がフリーでボールを持っていたのが嫌だったと、神戸の監督がコメントしたそうですが、確かに攻撃には絡めませんでしたが、中盤としての役割は果たせていたと思います。



で、残りの4分の1は、ぐだぐだした試合運びでキープも出来ずに攻め込まれる時間帯がほとんどでした。
全体で点を取りに行くのかどうか、チグハグだったのかもしれません。でも本山を下げたことによって、均衡が崩れてしまった、そんな気がします。
水曜のナビスコに向けての温存だったのでしょうか。
それともスタミナ不足と判断されたのでしょうか。非常にもったいない交代だと思いました。

満男のハンドで失点しましたが、あれがゴール阻止なら退場で、ナビスコも出場できなかったので、不幸中の幸いであったと思います。

しかし、神戸に大久保選手がいなくて良かった…。
最後はそんな感想でまとまっちゃう、ちょっとビミョーな試合でした。


さて、明日のナビスコは4?5?1で満男が2列目というニュースも出ていましたが、さてさて…。
ガンバさん相手に、この神戸戦のような試合だと確実にプレス負けしそうですからね。

でも、全選手・スタッフ・監督たちが選手寮に泊まり込んでの5泊6日の「ミニ合宿」を行うというので、期待しています
気持ちがひとつになりますように!
寮のおじさん・おばさんもいつもの倍以上のご飯を作らなくてはいけないから大変でしょうけれど、ヨロシクお願いしますね

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2007.10.04 19:28|鹿島アントラーズ
広島戦は生中継、録画併せて3回は見たでしょうか。
マルキの超技ありシュート、中後の危機一髪のセーブ、攻守に集中したプレーの数々もとても素晴らしかったのですが、やはり何と言っても「守護神 小澤さん」の堂々としたプレーぶりが、私を”もう一度みたい”という気持ちにさせたのだと思います。

小澤さんについては、スポーツ報知さんの記事で次のように書かれています。

プロ16年目の33歳はこの日が24試合目の出場。92年に鹿島に入団したが、腰痛で練習すらできない状態に。97年のシーズン途中で自ら退団を申し出て、一時現役を引退している。その後は懸命なリハビリを経て、98年に横浜Mで復帰。04年に鹿島から戦力として声をかけられた。
 どのチームでも控えGKだったが、「サッカーをやらせてもらえるだけで幸せ。サッカーに公式戦も練習試合もない」と日々、クサることなく練習に没頭。選手としては一度「死んだ」小沢が、不死鳥のような活躍で、勝ち点差10からの大逆転優勝に望みをつないだ。




読むだけで涙が出そうな内容です。

97年の引退時は腰の治療のため、貯金を取り崩して外国へ行ったという記事も他でありました。

きっと、いろんな人から
「もう限界だよ。」
「諦めなよ。ここまでよくやったよ。」と言われたりしたんでしょうね。

それでも、サッカーを続けたかった。
サッカーに対する愛情の深さに感動を覚えますが、本人にとっては、それが「当たり前」のことなのかもしれません。

でも、なかなか真似できるものではありません。
将来への不安や自分の技術、メンタルとの戦いも数多く合ったことでしょう。
ピッチ上で戦う機会は少なくても、小澤さんは立派に戦っていた。
だからこそ、突然の出場でも冷静に対処できるのでしょう。
準備を怠らない事も彼にとっては「当たり前」なのかもしれないけれど…。

本当に強い人って、こういう人のことを言うのでしょうね。
「当たり前であること」の重みと喜び。小澤さんからは、そんなモノが感じられます。
こんな選手が鹿島にいること。こんな選手と出会えたこと。
本当にありがたく思います。



足を骨折して健康のありがたみを感じている私ですが、ありがたいのはそれだけではありませんでした。
なにしろ立っていられる時間が短いので、家事がほとんど出来ません。旦那がいろいろフル稼働してくれてなんとかやっています。

ある日、私は旦那に言いました。
「怪我をしたばっかりに、いろいろ迷惑かけちゃってごめんね…。」
思い出せば、旦那は怪我をしたときも怒りもせず、私のことを心配してくれました。
「早く良くなるといいね。」
「でも、こんなに迷惑かけて…。本当にごめんなさい。」
「いいんだよ、そんなの。アルシンドだって言ってるでしょ?」
「え…? (アルシンド??)」
「夫婦なら『アタリマエ』ってサ」

その先は、涙が溢れてしまって言葉になりませんでした。



神様、この人に合わせてくれてありがとうございました…。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード