FC2ブログ
各チームが新体制を発表し、いよいよリーグスタートのワクワクする雰囲気が始まりますね。
鹿島も、今日、新体制の記者会見。新しいメンバーに期待が膨らみます


そんな中、磐田さんの新体制発表のニュースを見ました。
この、シーンを複雑な思いで見つめていたんでしょうね、山本修斗くん…。


山本脩斗選手の契約についてのお知らせ

 ジュビロ磐田は、昨年10月、山本脩斗選手の2008年からの加入が内定したことをご案内いたしましたが、その後のメディカルチェックにて、山本選手が原発性左鎖骨下静脈血栓症であると判明いたしました。チームドクター・本人と協議した結果、当面選手契約はせず、2月1日付でジュビロとの業務委託契約を締結し治療に専念させ、完治後に正式に選手契約を締結することで合意いたしましたのでお知らせいたします。
また、過去に今回のようなケースはなく、初めてとなります。 (ジュビロ磐田公式HPより)


※太字は筆者による


大学選手権でメンバーに入っていないのかと不思議に思っていたら、すでに12月から発症していたとスポーツニュースで知りました。

盛岡商→早稲田、ということで注目していた選手です。なんといっても満男と同じ「どんじょ・チルドレン」ですから、私にとっては遠い親戚のような存在の選手でした。(と、勝手に妄想。)
磐田さんに行ってしまったのは淋しい気がしますが、まあ、大岩さんの例もありますから

しかし、いつ完治するかどうか判らない病気と闘うのはとても大変なことだと思います。
まして、同じ年の友人がプロとしてスタートする中、取り残された感じを受けるでしょう。
サッカー選手としての戦いの前に、人としての別な戦いの場に放り込まれてしまったのです。
不安、孤独、辛抱…。いろいろな困難があるかと思います。
でも、復帰した高原選手の例もありますし、頑張って治療に励んでください。

でもきっと、この戦いを乗り越えれば、他の人より強くなることが出来るでしょう。

ウチの旦那は糖尿病という、これまた完治のない病気と共存していますが、家族の支えとか、今まで気が付かなかった大切なものに気が付くきっかけになったと言っています。

まあ、山本くんには斎藤先生のサポートもあるでしょうから、きっと大丈夫だと信じています!
自分に負けないでくださいね!

いつか、クラシコでの「シュート対決/鹿島:鈴木修人 vs 磐田:山本修斗」を楽しみにしてますからね。(もちろん鹿島が勝たせていただきますが



山本くんの可能性を信じて、男気ある決断で彼を受け入れてくれた磐田フロントさんは凄いと思います。「巧」あげちゃいたいくらいです!

でも、新体制のスローガン「Hungrrrrry!(ハングリー)」って、クドカンですか…?
まるで「舞妓haaaan!!!」みたいですよぉ


スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ
ジャンル:スポーツ

タグ:ジュビロ サッカー Jリーグ

岡田さんが監督に就任して、何か新しい展開があるのかなぁと思っていたところ、鹿島からは岩政と篤人がメンバーに残ったというニュースが。
おまけに加地さんが「自分はコンディションがダメ。内田くんの方が良い出来です。」とコメント。
もしかして篤人の出場アルー?

折しも、その日は新宿に映画「レンブラントの夜警」を見に出かける予定でした。
じゃぁ、1年半ぶりくらいに代表の試合を見に行こうかな、と思って24日木曜日の仕事の帰りにコンビニに寄ってチケットを買いました。
あまりのボッタクリの値段設定に驚いて指摘席ではなく、アウェーゴール裏の券を購入。

26日土曜日、夜の観戦に備えて着替えのセーターや膝掛けを持って出かけました。
タカシマヤカードを持っていたのでクロークを利用することが出来たのは嬉しかったです。
映画の後、買い物やお茶で時間を潰してトイレで着替え。(しかし、今のデパートって完全にテーマパークみたいですね。一日遊べます。)
いざ大江戸線で国立へ。

到着がキックオフ40分くらい前でしたが、まあまあ見やすい位置を取ることが出来ました。


練習をしている選手が大型ビジョンに映るのを見ながら、
「あれ?? 篤人と高原が一緒に映ってる! うひょぅ、釜本超え(笑)ってヤツですか」などどつぶやきながら、南極で卵を暖めるペンギンになった気分で寒風に耐え、試合の始まりを待ちました。


しかし…。気温以上に内容が寒い。「内容がないよう」なんてさらに寒い事を言ってみても、まだ試合の方が寒かった。



続きを読む >>

テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ

2008.01.25 02:09|鹿島アントラーズ
以前の記事でヤナギに送る言葉として、

「いつか、未来で」と書いたのですが、それはヤナギに限ったことではなく、鹿島を離れる選手みんなに伝えたい言葉であります。

あの日は電王の最終回とシンクロするように、ヤナギの入団会見なんてあったもんだから慌ててしまったんですね、きっと。


○首藤慎一選手、水戸ホーリーホックへ移籍

イタリア戦での勇姿は忘れないよ!!
そして、チームメイトとサポーター思いの溢れる優しさも…。
天皇杯優勝の後、バックスタンドまでハイタッチをしてくれてありがとう
まずはスタメンをゲット、なのかな?
平塚競技場に来たときは応援に行くからね!


○吉澤佑哉選手、カマタマーレ讃岐へ移籍

ウワサは結構前からありましたが、正式決定にホッとしました。
まだ地域リーグというチームなので、働きながらという事になるんでしょうか。

それにしても、カマタマーレ讃岐の名前が決まったときは、結構話題になりましたよね。
何しろ、うどんの名前がサッカーチームになるんですからね?。
ということは、それだけ注目を集めているチームという事になりますね。
羽中田監督の采配も気になります。

ここでJFLに進めることが出来れば、更に話題度アップになるでしょう!
慣れない土地で大変な部分もあるでしょうけれど、うどんパワーで頑張ってね!


○田中康平選手、ベガルタ仙台へ移籍

スピードだけでなく、ボール扱いのセンスが良いなぁと思っていた康平くん、北の地に行ってしまうのですね。
ナカシと2トップというのは見てみたいと思います。本当は臙脂のユニがよかったのですけどね。
これまた、平塚でお待ちしてますよ!


本当にみんな、ありがとうございました!
これからの幸せを願っています。


そして、「いつか、未来で」

離れていても、君たちが鹿島を思うとき、私たちはつながります。
また、その距離が短くなることもあることでしょう。その時を楽しみにしていますね。



テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:サッカー 鹿島 アントラーズ

2008.01.25 01:06|LIFE
前回の記事でコメントをいただいたそらおさんからの紹介の

仮面ライダー電王登場人物占い
http://u-maker.com/311394.html

やってみました!


ハナさんでした


● 口より先ずは鉄拳制裁、問答無用で史上最強、美貌のヒロイン・ハナタイプのあなたは、勝気で負けず嫌いな不屈のファイター。
おかしな理屈を並べたり、筋の通らない話を強引に押し進めようとする人がいると、それが先輩や上司や凶悪なイマジンであっても、ハッキリと意見をするタイプです。中にはあなたのことを生意気だと言う人がいるもしれませんが、悪いことは悪いと言えるあなたに喝采を送っている人も多いはず。
トラブルにも大胆かつ積極的に取り組んでいくため、なにかと頼りにされることが多いでしょう。
ですが、この豪快さの裏側には、意外なほどの繊細さが隠れています。特に恋愛面では、臆病とも言えるほどの照れ屋さん。変に身構えたりせず、そのままのあなたを出してみてね。




うわぁぁぁ、結構当たっていますよ

上司であっても言うときは言います。空気読むようにはしていても孤立するときもあります。
でも言わないと良い仕事が出来ないから!と思って議論しちゃいます。
照れ屋さん…。イケメン店員に緊張するのは該当するのでしょうか?

そういえば、以前、後輩に「ウチの職場のミルコ・クロコップですね」と言われたことがありました。相手を恐れずガツンといっていたからでしょうか?

結婚チャンス年齢も出るんですが、これが「29才」。結婚したときが28才でしたが、あと3ヶ月で29才だったことを思うと、か?な?り、近いかもしれません!

そらおさん、教えてくれてありがとうございました


ちなみに、ウチの旦那は野上愛理さんタイプで、

●何事にも粘り強く忍耐強い頑張り屋さん。
与えられた環境の中でコツコツと努力を重ね、自分なりのペースで物事を進めていきます。腰を落ち着けてじっくり考えるタイプなのでスタートこそややのんびりしているものの、行動を開始すると周囲が驚く程パワフルに突き進みます。
途中で投げ出したりしないため着実に物事を吸収していけるでしょう。
恋愛面も同様で自分の恋を一途に守り続けていくタイプ。家庭的で古風なところもあるため、好きな人には惜しみない愛情を注いで一心に尽くすことでしょう。意外にちょっと強引なところもあります。ケンカになったら急に意固地になりそう。持ち前の忍耐強さで良く話し合うことが大切です。




うひゃひゃ、これも当たっている感じです!

根気強いところはスゴイなぁと思っていましたから。
で、結構頑固なところはありますが、途中いろいろあっても私の話は最後まで聞いてくれます。それは愛情と見てよいのかな?

鹿島の選手で少しやってみたら、満男はモモタロス、本山はオーナー、篤人はウラタロス、野沢はちょっと意外で野上愛理さんでした。

電王を知らない人でも楽しめますので、トライしてみてくださいませ!


テーマ:こんなことがありました
ジャンル:ブログ

2008.01.21 00:37|ついったー
仮面ライダー電王の最終回を見ました。

ここ最近の数話と比べると時間が足りなかったのか、展開が早すぎな感はありましたが、清々しさの残るラストに感激しました。

いろいろなテーマがあったストーリーですが、超個性的な仲間が反発仕合いながらも理解し、結束を固め仲間として成長していく部分はとても素敵でした。

また、メインテーマの「記憶こそが時間」というのも実に奥が深いものです。

自分のことだけを考えていたら周囲の人のことを考えない、つまり心に留めない=記憶に留めないままに過ごしてしまいます。
でも記憶が残っていれば関わっていた過去も残るし、未来への希望も生まれます。

亡くなってしまった人については、いつまでも心の中で生き続けることが出来ます。

もちろん生きている限り、様々な新しい情報が入ってくるので全てを覚えていることは不可能かもしれません。
しかし、思い出さなくては忘れたままになってしまいます。
記憶を辿ることによって、自分以外の人を存在させ、なおかつその時点の自分も甦らせる事が出来るのでしょう。

そうやって自らを振り返ることで、自分をリニューアルすることも出来るのだろうと思いました。

子供向けとは思えない壮大なドラマでしたね。
DVD、欲しいなぁ…。どうしましょう。


===================================================

スポーツニュースでヤナギの京都サンガへの入団記者会見を放送していました。

まだ、紫のユニフォーム姿を直視出来ないのですが、電王風にいうならば
ヤナギと共に戦った時間はけっして消えません。
なぜなら私が忘れないからです。
それはノスタルジーではなく、今という時間を生きるためのものです。
過去があって今がある。
ヤナギを支えたのが鹿島というチームであったことは紛れもない事実なのです。


新しい土地で新しい時間を刻もうとするヤナギに一言、伝えたいと思います。


それは電王のラストシーン。
主人公の良太郎が共に戦った仲間と別れる際に笑顔で見送りながら語った言葉です。

「いつか、未来で」

そう、時間は続いていくのです。そして希望も…。

テーマ:つぶやき
ジャンル:ブログ

2008.01.19 19:15|-
20080119191524
寒空の蒼を切り取るストライプ
白一直線に進み行くかな

ウォーキングに行って来ました!
いつもは30分で歩いていた道を、少しゆっくりで35分強で歩きました。
本当に久しぶりです。
風は冷たかったけど、穏やかでした。

飛行機雲が真っ直ぐで綺麗でした。あんな風に凛としたいです。

鵠沼海岸サーフビレッジの横にある銅像と飛行機雲を撮ってみました。
銅像はいつも見ているのに名前は知らないまま…。
ゴメンね、マッチョ君!
調べておきますね?。

明日はいよいよ、仮面ライダー電王の最終回です。物語の結末を知りたいのに、愛しい登場人物達と別れるのは寂しい気持ちです。
録画もしますがリアルタイムでも見られるよう、朝の支度を頑張りますp(^-^)q
2008.01.18 10:27|ついったー
早いもので骨折してから4ヶ月が過ぎました。

9月初め:右足腓骨骨折 → ギプス&ほとんど寝たきり生活へ(両松葉杖)
10月半ば:ギプスを外して片松葉杖生活へ
11月末:片松葉杖卒業

簡単に振り返るとこんな感じでしょうか。
ただ、片松葉杖を卒業しても長い距離を歩くと足が痛くなったり、階段の上り下りは手すりなしでは無理だったりと、歩くにはまだちゃんと出来ていませんでした。

それでも階段上りは12月半ばには、手すり無しで出来るようになりました。
しかし下りは階段だけでなく急な下り坂もまだまだ、不安定でした。

怪我をするまでわからなかったのですが、手すりも単にあればいいというものではないんですね。
身体の右側にあるか左側にあるか。身体の不調具合によって、全然違うのです。
私の場合は右足だったので、左側にないとダメでした。
階段を下るときも手すりが右側にあると両足を1段に乗せるようになるのが、左側にあれば交互に足を出すことが出来ました。

通勤時、電車の乗り換えのために階段を下りなくてはいけない駅があります。
エレベーターもある駅なのですが、それを使うと下車駅の改札まで3分くらいは遠回りになってしまうこともあり、リハビリついでにと階段を下ることにしていました。
階段は右側通行の駅だったので、周囲に迷惑にならないように、人が少なくなるのを見計らって左側の手すりを使って降りていましたが、電車の上下線が1本のホームに着く駅でしたので、タイミングによっては人の波がドワーっと訪れてくる場合がありました。

こういう時、手すり沿いっていうのは急いで階段を駆け上がる人にはちょうど良いコースなんですよね。
ただ、こちらも手すりを使いながら降りているので、1対1で対面することになります。
ほとんどの場合は脇に避けてもらっていたのですが、中にはあからさまに舌打ちをして通り過ぎていく人もいました。
一番辛かったのはぶつかってきた後、「邪魔だ、どけ!」と初老の男性に怒鳴られたことです。
まあ、右側通行なのでこちらも悪いのですが、手すりを使ってひょこひょこ降りている状態の人間にぶつかってこなくても…、と思うと涙がにじんできました。


その後、その路線のお客様センターに電話をして尋ねたところ、次のような事を話してくれました。

・階段の右側通行は原則であって、身体のご不自由な方に無理を強いるものではないこと
・ただし、安全の確保はお客様に取っていただくことなので、人の流れ等、充分にご注意をお願いすること
・階段から落ちるなどの怪我の他に、お客様同士のトラブルでの事件も最近多発しているので、充分に気を付けないといけないこと
・決して無理はしないでエレベーターをご使用になるのが一番のお勧めであること
                                  

こちらは、もちろん充分な注意をするけれど、右側通行が必須ではない、つまり私がとっても悪いことをしている訳でないことがわかって、少し落ち着きました。
世の中、思いやりをもって生きていかないといけないな、と思いました。


そして、年が明けた先週、駅の階段を下りていたら「いけるかも?」という感覚になりました。
ドキドキしながら手すりから手を離して足を進めたら…

よろけない! 歩ける! 進める!!
階段を普通に下りることが出来ました!!

゜・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゜・*:.。..。.:* 


また、信号が変わりそうなときに、今までは足がうまく運べず出来なかった小走りが、やはり先週あたりから出来るようになりました!!

デキタ - .∵・(゜∀゜)・∵. - ッ!!


以前からドクターに「小走り出来れば、とりあえず一段落かな」と言われていたので嬉しくなりました。
そして、その後診察を受けてレントゲン写真を見ながら
「まだ一部がグレーだけど、ほとんど白くなっているから大丈夫かな」と診断されました。
運動は出来そうかと尋ねたら、ウォーキングはいいけれど、ジョギングはもう少ししてからの方がいいでしょう、との事でした。
「それから、振動がある運動は避けてね。ジャンプとかね。まだ耐久度が弱いから」

え…?
あのー、鹿島がリーグ優勝したときも、ダニーロがゴールを決めたときも、天皇杯優勝したときも嬉しくて、オリベイラ監督のようにぴょんぴょんしてしまったんですけど…(冷や汗)
ま、しばらく鹿島の試合がないから跳ねる機会もないでしょう。その間にじっくり治そうと思います。


ただ、靴はまだヒールがあるとよろけそうなので、スニーカーのようなフラットソールのものを履いています。
ホーキンスの靴はパンツスーツにも合うモノもあるので、仕事に使えて重宝してます。

でも、これからの季節、雪が降った場合にも履けて寒さに対応できる、ヒールのないブーツがあるといいなぁと思っていたらセールで見つけました



ブーツ(3ストライプロングブーツ) /アディダス(adidas)

vo075-17702-01b.jpg   


vo075-17702-d02b.jpgラインがカッコイイ!


これはマルイ某店のアディタスコーナーで買ったのですが、店員さんがとってもイケメンでドギマギしながら試し履きしていました。スリムな作りであることや、怪我をした右足がまだ腫れていることなどから、普段の23.5センチを24.5センチにして買いました。
でも、太っていると思われたくなくって、「前に怪我をして足の腫れが引かないんで…」と言い訳してました。
ああ、なんておバカ
店員さんは坂口憲二と元鹿島・現札幌DF池内友彦選手を足して2で割った感じで、普段イケメンを間近で見慣れていないせいか、超緊張してしまいました


ま、これで冬の寒さも凌げそうです。
さっそく週末にウォーキングに出かけようと思います

テーマ:こんな事がありました!
ジャンル:ブログ

2008.01.13 18:31|Football
ここ最近、千葉さんの移籍ニュースが香ばしいです。
主力選手がほとんど出て行きかねない状況なのはサポーターとしては辛い事でしょう。
選手がフロントを信用出来ないような発言も聞きました。
スカパー!のJリーグゲームの再放送でどこかと千葉さんのゲームを見たときに、
イビチャ・オシム氏の顔をモチーフにしたゲーフラがゴール裏にありました。
監督としてのカリスマ性をもったオシム氏が、その魂を選手に伝えることが出来ても、
クラブとして浸透するには在職期間が短すぎたのでしょう。
そう考えるとクラブとして継続していくことは本当に難しいのだと実感したのです。

その点、鹿島は幸いなことに上手くいっていると言えます。
強化部長などの体制がクラブスタート時とほとんど変わっていないこともありますが、
やはり根底に「ジーコ・スピリット」があることが大きな要因ではないでしょうか。

最後まで諦めない。
最大限の努力をして向上を目指す。
チームをファミリーとしてとらえ、結束していく。

言葉にすれば、こんな事が挙げられるでしょう。

だから、そんな中で選手として育ったヤナギが鹿島というチームに対してだけでなく、
選手個人として向上を目指したと考えたのも不思議ではありません。
むしろ当然のことなのだと思います。

サッカーダイジェストの記事でも
選手としての向上と鹿島への愛情の葛藤のあまり、
引退まで考えたという記述がありました。
昨日今日、思いついた事ではなく、それまで漠然としていた気持ちが
移籍志願という形になったといいます。

イタリアへ行く前に制作されたヤナギのDVD「Aの肖像」の中で、
ヤナギは「どんなにいいゴールを決めても満足できない。
もっと良い(ゴールの)形があったのではないか、と考えてしまう。」と
話していた場面がありました。
アスリートは孤独であるというけれど、彼もまたそうなのでした。
成果を果たしても、それは終わりではなく通過点にしか過ぎない。
その、ある種の虚しさを乗り越えるためには、努力を続けて成長した証を実感するしか術は無いはずです。

安住の地を捨て、あえて、厳しい茨の道を選んだヤナギ。
あなたの前途が豊かなものであることを、私は願います。
苦しくても辛くても引き返せない道を歩むことで、より素晴らしいサッカー選手となって欲しいと思います。


と、今になってようやく気持ちの整理がつきましたが、
ヤナギが鹿島を離れていくことについて、
私は頭の中では理解出来ていても、心が追いついていきませんでした。

続きを読む >>

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.01.12 15:45|鹿島アントラーズ
とうとう、正式に決定してしまいましたね。

実は、1月3日に友人からのメールで、ヤナギが京都移籍を決めたらしい、という情報を聞いていました。
その友人はヤナギに近い人と話をする機会があり、その時に教えて貰ったので知らせてくれたものでした。

でも契約書にサインするまでは、公式に発表があるまでは、何が起こってもおかしくないから、と信じていたかったのです。


ヤナギのコメントを読んで、彼らしいなと改めて思いました。
この人柄があるからこそ、彼は多くの人に愛されるのです。

<柳沢選手コメント>
 この度、長年お世話になった鹿島から移籍する事を決意しました。
 入団してから12年、鹿島ではいろんな事を経験させて頂き、感動や喜びを味わうことが出来ました。
 これも、常に声援を送り続けて下さったサポーターの皆さんやチーム関係者の皆さん、そして共に戦ったきた選手の皆さんのお陰だと思います。
 この決断は簡単なものではありませんでした。
 元日の決勝後のサポーターの皆さんからの「ヤナギサワコール」。関係者の方の方々から「残ってほしい」と言って頂いた言葉。仲間の言葉・・・。
 自分の中ではある程度早い段階で決めていた部分もありましたが、自分の中で決めた後が苦しい日々でした。
 「プロ選手とはこういうものだ」と思う反面、プロ選手である前に「人として」という持論が頭の中でグルグルしていました。
 今まで、決断してきた事には責任を持ってやってきたつもりです。
 そして、この決断にも責任を持って前へ進んでいきたいと思ってます。最後まで応援して下さった鹿島サポーターの皆さん、本当にありがとうございました。また会える日を心から楽しみにしています。
 最後に、元日の決勝後、あれだけ長く声援を送って頂いたのに、何の言葉も見つからず、皆さんの前でお礼の言葉も言えなかった事をこの場を借りてお詫びしたいと思います。ただ、ただ、感謝の気持ちでいっぱいです。
 ありがとうございました。




この暖かい愛情が鹿島以外のサポーターに向けられるのかと思うと、心が苦しくなります。

とりあえず、ちょっと泣きたいのでこの辺で失礼します。
ヤナギについての思いは、また改めてアップしたいと思います。


テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.01.06 20:24|鹿島アントラーズ
穏やかに晴れた2008年1月1日。
前日からの強風も止み、決勝戦の舞台には相応しい天気でした。
選手には思いっきりのプレーをして欲しいなぁと思っていました。
ブラジル人にとってクリスマスを家族と過ごすことがとても大事であると聞いていますが、監督・スタッフ・選手はそんな時間を犠牲にしてくれた。
そんな彼らの気持ちを無駄にしないためにも、いい試合で勝利したいと思っていました。

大晦日には旦那の実家に泊まるので、いろいろ支度の都合でベレーザとペルリータの試合は見られませんでした。残念ですが、彼女たちもまた新春にプレー出来る喜びの中、いい試合をしたように後からニュースで聞きました。


それでも早めに会場に着いて、選手のウォーミングアップから見ることが出来ました。
しかし、同じくウォーミングアップをしている扇谷主審を見て、血の気が引く思いがしました。
よりによって、なぜこの日に…。
以前から決まっていたのかもしれませんが、サッカー協会の陰謀説を信じてしまいたくなるようなキャスティングです。
絶対に勝ちたい! そう強く心に思いました。


続きを読む >>

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

高校サッカー選手権、いよいよ決勝のチームが決まりましたね。
流経大柏対藤枝東。迫力あるゲームになりそうですね。
学生の本分である学業優先の日程のため、来週の調整が難しいでしょうけれど、それもまたサッカーの一部。
周囲に惑わされず、自分たちのプレーを貫いて欲しいと思います。

しかし、広島皆実は…残念でしたね。個人的にはPKの判定は厳しい気もしますが、そこで崩れたリズムを修正できるくらいでないと優勝は難しいのでしょうね。
みんな、頑張ったと思います。お疲れ様でした。

さて、新年からの気になるニュース等について少し。


○オシム前監督からの新年のメッセージ

サッカーはサプライズのゲームであり、人生と似ています。新しい年がポジティブなサプライズの年でありますように。
また、選手、および、サッカーファンの皆さんにとって幸運と健康に恵まれますように。



深い言葉に唸るしかできませんでした。

いわゆるオシム語録って、そんなに好きじゃなかったんですね。ヨーロッパの人に見られる、日本人をちょっと低く見るようなニュアンスが感じられるものもありましたし。
鹿島でのブラジル人的「ファミリーな言葉」に慣れている私には、そう受け止められました。
もちろん、ブラジル人だって「ファミリー」と認定する前と後では対応が違うのでしょうけれどね。


で、この言葉に戻ると、
かつては戦争で、そして今回は自身の病で、二度も心ならずして代表監督の座を退くこととなったオシム氏でなければ語れないものであると、痛感いたしました。
無念であるはずの事ですら、周囲を気遣って、そして自身に語りかけるように「サプライズ」とした懐の大きさに、ただただ、ひれ伏すばかりです。

オシムさん、貴方とそのご家族のこれからに、多くの安らぎと恵みが与えられますようにお祈りいたします。
まずは早くのご回復を願っております。



○Jリーグ選手協会、我那覇選手のの仲裁で募金

川崎フロンターレの我那覇選手が、ドーピング違反の処分について、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に対して仲裁を求める手続を進めております。
我那覇選手は最初は自分が我慢すれば…と思ったそうですが、家族の名誉のために、自分を支えてくれた方々の名誉のために仲裁という手段に出たという報道を以前読みました。

私は、以前日刊ゲンダイで、我那覇選手が受けたのと同じと思われる栄養注射を行っている医師の話を読んだことがあります。
疲労が激しい場合には確実に有効な医療行為であるとして、その医師は某Jチーム(当時は非常勤のチームドクターであったそうです。)や野球選手他多くのアスリートに処置をしているという話でした。

だから、この話題については我那覇選手だけが本当に違反なのかという疑問を常に感じていたものです。

医療行為として正しいのかどうかということまでは私にはわかりません。
ただ、本当にその行為がドーピングであるならば、一人の選手や一チームだけでなく、対象をJリーグ全体、ひいてはスポーツ選手全体に影響のある問題であるので、はっきりして欲しいと思います。

Jリーグとしても踏み込んだ調査をしたという報道も聞きませんし、どうも我那覇選手をスケープゴートにして話を終わらそうとしている印象があります。

この先の見えない戦いに挑む我那覇選手の勇気に深く感動しましたので、さっそく募金いたしました。

もし、この記事を読んでいる方で共感された方はご支援をお願いいたします。

詳しくはJリーグ選手協会ホームページをご覧ください。

テーマ:サッカー
ジャンル:スポーツ

天皇杯決勝の記事を書こうと思いつつ、写真の編集や記事の整理などで、もうちょい時間が掛かりそうです。
今、しばらくお待ち下さいませ。ペコリ。


さてさて、ただ今、高校サッカー選手権が開催中です。

今年は我が地元、藤沢より日大藤沢が出場することや、去年の覇者・盛岡商業を破って全国に来た遠野など、楽しみな学校がいくつかありますが、私が一番気になっているのは広島皆実です。

昨年、盛商との試合を見て、破れたりとはいえどもいいチームだなぁと思っていました。
特にGKの増田くんは技術・貫禄・気合いと全てにおいて優れているなぁと記憶に残っていましたので、今大会がとても楽しみでした。

日程が結構タイトなので、皆実の試合は対帝京戦しか見ていませんが、なかなかまとまっているようですね。守備が安定していなければ攻撃するのは難しいです。
ぜひ、良い試合・良い結果を見せて欲しいと思います。

天皇杯決勝では駐車場で広島皆実のバスを見て「きゃあ、増田君が来ている」と喜んでしまいました。広島の応援だったんですよね。腐女子でスミマセン。



日大藤沢は残念ながら敗退してしまいましたが、対藤枝東戦は悪い試合では無かったと思います。
ただ、相手に比べて1対1が弱いので、自慢の中盤を支配出来なかったのが悔やまれるところでしょう。

買い物に出かけて寄った、藤沢のビックカメラで日大藤沢の中継を放送していましたが、結構人だかりが出来ていました。まあ、私はといえばプチ・エキサイトしてちょっと大人げなかったかな

遠野の試合が見られないのが残念ですね…。
ダイジェストの時間に寝てしまうので、ゴメンナサイ。
tototitta!さんのレポに期待することにします。(リンク参照)


とにかく、選手にとっても監督・その他スタッフにとっても、そして応援している生徒たちにも、もう二度と来ない「楽しいサッカー」の時間です。
最後の1秒まで、笛が鳴り響くまで、悔いのない試合をして欲しいと思います。



テーマ:全国高校サッカー選手権大会
ジャンル:スポーツ

2008.01.01 02:20|ついったー
新年明けましておめでとうございます!

今年一年がみなさまにとって良き年でありますように…。

そして、このブログもどうぞよろしくお願いいたします



新春ということで、先日仕事で出かけた西湖の近くにある「いやしの里 根場」からみた富士山のお姿を…。


fujisan
西湖側はあまり雪が積もらないそうです。



tyuuuuu
いやしの里での体験コーナーで、まゆ玉のネズミを作ってきました。ヒゲがイマイチですが、まあ新春気分は味わえるかな?。


では、鹿島勝利を信じて…!!

テーマ:つぶやき
ジャンル:ブログ

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード