FC2ブログ
2008.04.29 19:44|ついったー
20080429194439
ましこイチゴ団地にて、イチゴ狩りしました!
とちおとめを20個以上は食べたかなぁ(^q^)
すっごく甘くて幸せな気分です。甘味が強いから練乳を付けないというのに納得です。

でもその後でイチゴジェラートもしっかり食べました。
王様のブランチでも紹介されたというフレッシュジェラートは、益子焼きの陶板の上でジェラートと生イチゴをミックスして、作りたてを渡してくれます。

フレッシュも良し、アイスも良し♪
イチゴ好きな私は大満足です(^^)v
スポンサーサイト
2008.04.29 19:41|ついったー
20080429194156
これがネモフィラです。
可憐な花ですね。
2008.04.29 19:17|ついったー
20080429191701
仕事が忙しくて桜のお花見が出来なかったので、お花見目的ではとバスツアーに参加しました。

例年なら見頃の青い花、ネモフィラは咲き始めでしたが、チューリップは満開♪
ネモフィラの丘が青い花で覆われたら幻想的でしょうね?。
見頃は5月半ばになるそうです。

とっても広い公園に驚きです。ゆっくりしたいけど、次の場所に向かいます?。

カシマスタジアムでお馴染みの五浦ハムも出店してました。
あの煙を見ると食べたくなるのは条件反射になってるみたいです
≧(´▽`)≦
2008.04.25 02:19|鹿島アントラーズ
最近の若い人が「千代の富士でお茶してる」という言葉を使うと聞いて、ウソ??と思ったんですけど、私も近頃、『千代の富士状態』で先日仕事を休んでしまいました。

…何のことかというと、「気力と体力の限界」が「千代の富士」なのだそうです。

詳しくはコチラでどうぞ

3月末から4月半ばまでの疲労が蓄積していたんでしょうかねぇ。
朝、休暇申請の電話をした8時半から眠り続け、気が付いたときには午後2時過ぎでした。
前の日は11時頃に寝ていたんですけどね。
気温も天候も変わりがちなので、みなさん、どうぞお気を付け下さい。

また、4月19日からアロマテラピー・インストラクターの資格を取るために、毎週土曜日に講習会に通うことに決めました。やはり、受験するには少しでも若い方がいいんですよね。年取ると、記憶力に自信がなくなってくるのです。
しばらく、あまりスタジアムには行けなくなりますが、9月の試験が終わるまでの辛抱です。
二度受験しなくて済むように勉強がんばります。
講習会は前期と後期があるのですが、前期で済ませておけば、優勝決定の瞬間に立ち会うことができますからね
現地で参戦できる皆様、魂を送りますので、よろしくお願いいたします!


さてさて、鹿島は対浦和戦で0?2で負け、対ガンバ戦で0?0のドロー。
試合の内容は悪く無かったけれど、決定機を欠いて得点には結びつきませんでした。
でも、野沢が復活したし、ガンバ戦では浦和戦がウソのように岩政と大岩が頑張っていたし、幸運の種まきは出来たはず…と思っていました。

しかし、マルキーニョスが怪我をしてしまうなど、不安もありました。
イバちゃんも試合に出られるといっても完治ではないでしょうに。
そして一番心配なのは満男です。肉離れ寸前の足が繰り出すセットプレーは確実にの精度が落ちてきています。どっかで休ませてあげたいですよね…。


アウェーとはいえACL・対北京戦で0?1で負けてしまうとは思っていなかったんですよね。
せめて…ドローでお願いしたかったです。
試合は見ていないのですが、失点シーンはDF陣のちょとした不注意だったみたいですが、「熟成度」で勝ち続けていた鹿島には、やはり一部のメンバー変更でも緊張感の高いゲームを続けるのは難しかったのですね。

勝ち続けるのに慣れた選手は、負け始めると迷宮に落ちてしまうようですね。
田代と岩政はもっとシンプルに考えて動けばいいのではないかと思います。
満男もまた、思うようなパフォーマンスが出来ない自分にいらついてるような感じを受けます。
本山は簡単に捌かず、トリッキー癖が復活しつつあります。
慢心ではなく、逆に恐れているような、多くの選手から、そんなものを感じます。

まあ、今まで勝っていたことがちょっとしたご褒美だったと思って、気を引き締めてくれればよいと思います。

以前、聞いた話で「人は二本で結った綱を引きながら生きていくのです。好調な色と好調でない色の二色の綱を。好調なときは幸せな時。でもそういう時間はなりでない。その逆に好調でない時もそれだけが長く続くわけではありません。ある状況で居続けることは決してないんですよ。」というのがあったのを思い出します。

※以前は幸せ色と不幸せ色と書いていましたが、よく思い出したらちょっと意味合いが違ったので修正しています。

この鹿島の不調は、もしかして今月いっぱい続くかもしれない…と思ってしまったりするのですが、杞憂であることを願います。
早く脱出できますように。


怪我をした選手のいち早い回復を祈ります。
海外遠征で疲労しているスタッフさんに安らぎの時が来るように祈ります。
心労の多いオリベイラ監督の重荷が少しでも軽くなることを祈ります。

そして…、さっき知って驚愕しているのですが川崎フロンターレの関塚監督(いえ元監督なのですね…)の全快をお祈りいたします。



テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.04.19 11:53|名称未設定_22
WS000087.jpg

第5節、鹿島は千葉と対戦。
満男の出場が危ぶまれましたのでダニーロをゲットしたら、満男が試合に出ていたじゃありませんか…。
最後に巻選手にPK決められて無失点じゃなかったので、ファンタジーポイントは少なめですが、平均に近いし良しとしましょう。
ダニーロと新井場のボーナスが多かったのが嬉しかったですね。


WS000088.jpg

第6節、鹿島対浦和。
せっかく資金をやりくりして「大岩政コンビ」を実現できたのにイエローもらってしまったのは…残念。
伊野波は守備では頑張っていたのでポイントが高かったですね。
野沢はエルゴラ紙で出場できそう、というコメントがあったので期待して入れたのですが
早く良くなってくれることを願っています。
それにしても名古屋のかすみちゃんこと小川佳純選手はノリノリですね。
私的には一昨年の清水の枝村選手、去年のマリノスの小宮山選手に続いて、「ラッキーボーイ」になってくれています。運動量もあるし、ポジショニングがいいですね。ピクシーサッカーの申し子と言ってもいいのかもしれません。

WS000089.jpg

第7節。
新井場が怪我なのを忘れて編成しそうになり、慌てて修正しました。
と、ここで私は前節に満男を入れていなかったことにやっと気が付いてしまいました。
ガンバとの戦いは楽ではないだろうと思いまして、混成チームにしました。
みんな頑張ってね??!!

テーマ:ファンタジーサッカー
ジャンル:スポーツ

2008.04.14 20:11|鹿島アントラーズ
今日は連日の残業の疲れで起きられず、一日休暇を頂きました。
鍼を打ってもらいに行って、その後爆睡…。おかげで肩スッキリ、もやっとしていた頭もスッキリで、今週を乗り過ごせそうです。


さて、日曜日の対浦和戦は、休日出勤になる予定が濃厚でしたのでチケットを取らずにいました。
仕事(残業)を頑張ったおかげで出社せずに済みましたが、すでにチケットは完売…。
まあ今日の疲労具合からみても参戦しなかったのは身体的にはよかったのかもしれません。
長い人生、こんな日もありますよね。

ベランダ工事でスカパー!がまだ見られないので、中国製ソフトをインストールしてネットで試合を見てました。セキュリティ的には良くないんでしょうけれど、ちょっとドキドキしています。


試合の方はボール支配率が高く、シュートを18本打っても得点できない。そしてやDFのミスで失点してしまう。
そんなのもサッカーなのだ。時にはそういう日もある。

今までのメンバーから野沢と篤人と2人も変わって、実質、急造感のあるチームがそう簡単に勝てるわけはないと思う。
スタメン11分の2の占める割合は大きいのです。短時間出場するのと90分出るのとでは全く違う。
途中出場は流れに乗ることが大事だけれど、スタメンは流れを作らなくてはいけないのだ。役割が違うし、責任の重さも違う。
でも、だからこそスタメンのチョイスは重要なのです。

ACLや連戦の疲労というよりも、選手や監督からの
「あれ、これはいつものとおりじゃない。どうしよう。」とあいうとまどいと焦りがあったのではないのでしょうか。
選手交代がバタバタしていた、それが昨日のチームの実情を表していると思われます。

でも、そんな時だって長いシーズンの間には必ず一度は訪れる。
一度はいい。大事なのは「二度同じ間違いは起こさない」ことだ。
ここで崩れてしまわないよう、もう一度、手綱をしめて取りかかってもらいたいと思います。

イバの怪我は大丈夫なのでしょうか。満男の足は保つのでしょうか。
とても心配です。
満男は代表招集というウワサもあるようですが、申し訳ないけれど、足に爆弾を抱えている今は遠慮していただきたいと思っています。




日曜の試合でゴール裏で起きた出来事をいろいろな人のブログで見ました。
悲しい出来事だと思いました。

かつて、ホームでの浦和戦、本田主将がサポーターといざこざがあったあの時、私は車が途中で故障してスタジアムへ行くことが出来ませんでした。その事を思い出しました。
ゴール裏に来ない人間に口出しする資格はない、という方もおられるでしょうけれど、同じ「ファミリー」である以上、知らない顔は出来ないというのが私の気持ちです。
優勝したからっていっても、それは既に過去のこと。慢心せずに過ごさなくてはいけないのはサポーターとて同じことだと思います。
オリベイラ監督も相手に対してはリスペクトしています。
こういうところはクラブもサポーターも共通意識を持つ必要があるでしょう。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.04.14 10:15|LIFE
中学に入り、出会った洋楽・特にロックやパンクは私の考え方に大きな影響を与えました。
単なる反抗・反発という幼いレベルではなく自分の信念を持ち、『NO』というべきものには『NO』と言い切る強さを持ち、絶えず守りに入らず挑戦する気持ちを持ち続ける。
そんな自分でありたいと思って生きてきました。
最近では、ある意味、侍という生き方にも共通する部分があるのではないかと思っているところです。
いちおう、会津藩士の末裔の端くれの血が騒ぐのかどうかは定かではありませんが…。
鹿島アントラーズを好きになったのもジーコの存在だけでなく、チームのポリシーに共感したせいもあるのだろうと感じています。


さて、なんでこんな話をしたかというと、そんな事を実感させる物事に、この週末、出会ったからなのです。


○ミュージカル「SEMPO」 ?杉原千畝と吉川晃司?
(一部ネタバレもありますので、ご注意して進んでください。)


吉川がミュージカルをやると聞いて最初はちょっと引いてしまったのですが、内容が杉原千畝氏のものであることから、「その辺のミュージカルとは違うかも」と思い、チケットを取りました。
その辺のミュージカルって言ったって、実は初めてミュージカルを見る私。
いわゆるイメージでいうと、タモリと同じで「なんで突然歌うのかわからない」的な感想を持っておりました。

第一幕では物語の解説が中心で杉原/吉川はほとんど出てこない。
会話自体が音楽で掛け合う、ミュージカルな世界も多く繰り広げられ、ちょっと「うひゃー」という気持ちで見ていたのも事実です。
第一幕のラストで吉川が独唱をして幕を閉じるのですが、他のミュージカル俳優(宝塚出身の方も多し)と発声方法が違うのが明確でした。でも、まあ、感情のこもった歌ではそれがかえって気持ちの起伏を表していてよいかもと思いました。

第一幕を静とするなら第二幕は動。
領事館代理の職、日本国の方針とユダヤの人たちの悲惨な現状の間に入り、悩み苦しんでいたところ、
妻の「あなたの思うままに進めばいいのよ」という言葉を聞いて杉原の心は固まる。
「そうだね、こんな馬鹿なことをやろうとする者は他には居ないだろうが、そんなものになってもいいのかもね。」

現地人秘書の制止も聞かず、ユダヤ人のために日本の通過ビザを発給する杉原はこう告げる。
「私の国には武士道という生き方があってね、正義を貫くのがやり方なんだ。」

これらのセリフを聞いて、なぜ吉川がこの仕事を引き受けたのががよくわかりました。
普段からも「ジジイになってもクソガキでいたい」といい、武士道に心酔し「MUSASHI」なんて歌も書く男。
自分が処分(死刑も含め)されるだけではなく、家族も処分されるおそれも有った中、正義のために尽力した杉原氏の生き方はROCKであり、侍であったな、と実感させられるのです。

ビザの発給、毎日何百通もサインしつづけ、ボロボロになる身体。昼間の作業では間に合わず、夜中もサインしつづける日々。そして領事館の閉鎖に伴い連行されるあたりの鬼気迫る吉川を始め、各俳優の演技や全体の演出はとても素晴らしいものでした。
一部の曲は中島みゆきさんが提供してたのですが、これも哀愁の中、人の情感を細やかに描いた感動の名曲ばかりでした。

理路整然な道を生きる杉原氏を、凛とした立ち姿で表現した吉川。
事前の想像を遙かに超えて、生き様という難しいテーマに向かっていったこの作品、出会えてとても嬉しいと思いました。
そういう意味では、この作品自体もミュージカルへの挑戦であったのかもしれませんね。

※セリフはうろ覚えなので、正確ではないかもしれません。


○情熱大陸 ?羽中田昌と吉澤佑哉?

日曜の夜、時々見ている「情熱大陸」で、カマタマーレの羽中田監督と取り上げるということで、楽しみに待っておりました。

羽中田さんは事故で下半身不随になった後、山梨県庁に就職するというニュースを見て、私は初めて知った方でした。身体のことで大変だろうから公務員なら生活に困らない、新しい道を頑張って欲しい…と思ったのを今でも覚えています。
しかし、その後でサッカーへの思いを諦められず、県庁をやめてスペインへコーチ留学と聞いて非情に驚きました。その後、解説者や高校等のコーチ、監督を勤めS級ライセンスを取得されたと聞いて「ROCKな人」と思い、頑張って欲しいと思っていたのでした。

そして、そんな羽中田さんのチームに鹿島で応援していた吉澤がトライアウト後、入団すると聞いて頑張って欲しいということは過去のブログでも書いたのですが、昨日のテレビを見てみると複数あったオファーからカマタマーレを選んだとこと。
なぜ、カマタマーレに来たのかを尋ねられて
「監督が是非、って言ってくれたんで、その気持ちに答えようと思って」と答えた吉澤の顔は、鹿島に居たときよりも大人っぽくなり、気持ちのこもったその目は「侍の目」でありました。

おそらくJ2クラスなら吉澤はスタメンを取ることが出来たのだろうと思うのですが、羽中田さんのチームに懸ける思いに共感して「プロ」の道を捨て、地域リーグに来たということなのです。
待遇や年俸ではなく、信念に基づきクラブを選ぶその姿勢は「鹿島ユース」で学んだものであって欲しいと思います。

羽中田さんがチームのみんなに言った言葉は「Jリーガーになろうぜ!」
おりしも鹿島アントラーズの4月のカレンダーには何人かの選手に混じり吉澤の写真も掲載されていました。

夢や希望を諦めないで立ち向かうことの重要さは吉澤なら去年の優勝で判っているよね。

待ってますよ、カマタマーレ讃岐さん&吉澤!!
そのROCKな、そして侍な魂で現実を変えてくれることを。

テーマ:日記
ジャンル:日記

2008.04.10 18:29|ついったー
パソコンが不調なので携帯からです。満男の写真も載せたいのに…。

いや、それより!!
寒い中をACLに参戦された皆様、風邪引かないよう気をつけてくださいね。

そして!!
ラフプレーの被害にあった篤人、早く良くなって欲しいです!!
このニュースを職場で知った時、瞳のダムは決壊寸前…。
あ゛?、もう!!
祈るしか出来ないけれど…。
記録を見ると負傷を受けた時に相手にイエローが出てないようですが、ジャッジとしては適切だったのでしょうか?
試合をご覧になった方、ご意見を聞かせてください。(試合中は残業中でしたのでテキストライブでしか情報を得ていません。)

野沢も早く痛みから解放される事を願ってます。
また華麗なパス回しやゴールの時の変な踊りを見せておくれ。

満男やモトを始め、選手もスタッフも疲労や心労が溜まっているでしょう。
どうぞ、その重荷が軽くなりますように。

来る浦和戦、篤人は試合に出られないけど魂は一緒にあります。
昨年の優勝のように一致団結で戦うのみです。
2008.04.05 12:13|ついったー
20080405121357
東関道の大栄PAで売ってるミルク工房もりやのヨーグルトドリンクは、とっても美味しいです
(*´∀`)♪

157円です。お試しくださいませ!
2008.04.05 09:02|名称未設定_22
第3節結果です。
FS0803point

古巣相手にゴールを決めるマルキーニョスが欲しくて本山を放出してしまいました。
fs年俸が低くて活躍しそうな選手を考えて、湘南時代から応援を続けている栗原選手を選んだら、2ゴールも決めてくれました!

ありがとう、栗原選手!!
貴方のガッツあるプレー、泥臭くても決める感覚は本当に大好きです。
貴方を切った湘南フロントの迷走は最近やっと落ち着いたようですが、今はちょっと距離をおいています。せっかく完全移籍で湘南に来てくれたのに、怪我のせいとはいえ、もう少し貴方のブレイクを待ってくれていれば、今頃は昇格できたかもしれないのに、と思っています。
でも、神戸で活躍できている今が、貴方にとっては最良の道だったのでしょうね。
どうぞ、これからも頑張ってくださいね。


第5節編成です。
FS0805sensyutu

満男の状態がわかならいので、ダニーロで行きます
今説も勝利チームの読めない好カードばかりですが、ホーム力の柏さんに期待します!

テーマ:ファンタジーサッカー
ジャンル:スポーツ

2008.04.05 08:51|小笠原満男
今日は満男の誕生日。おめでとう
入団時の頃と比べてすっかり大人になったもんですよね?。しみじみ。


これからカシマへ行くのですが、満男の誕生日とあって普段は高くて取らないSS席にしてしまいました。
メインでがっつり応援だ!と思っていたら、満男が怪我で出場が危ぶまれているとか…。

出て欲しい気もするけど、これからの『死の連戦』を考えると休養も必要。
でも本山が出場停止…。
ああああ。

なんにせよ、怪我が軽いものであるように祈るだけです。
早くよくなってくださいね


hapibade

それにしても篤人のお誕生祝いの時の満男の笑顔…。素敵すぎます。テラどS、ってやつですか?(日刊スポーツさん、良い写真をありがとうございます。)

篤人がこのリベンジを果たせれば、スゴイ男だと思います('∀`)

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.04.02 01:23|鹿島アントラーズ
ダニーロを讃えるために、替え歌を作ってみました。
トータス松本さん、許してください。
若干、字余り気味ですが、歌える人は歌ってください。



では、ウルフルズで「それが答えだ!」


「あーなんて言うのかな
この胸のモヤモヤは…
早いチェック、ツボをついたマーク
そしてグッとこみ上げる焦り
繰り返しそうなこのエンドレス風な時間帯に
フト頭をよぎるものは…」

それが答えだ! エンヤコラ ダニーロ大爆走
それが答えだ! 足並みは平凡だけど
エブリバディ、強引でも不安じゃねえ

今は日本のサッカー 慣れてきました そーなんです
この試合も浮かれずやっちまう気分だ そーなんです

バンと胸を張り
そう、グッと足を出す
どんな青いケツでも股抜きで いざ行こう

あれでもない これでもない
人知れず迷えど
耐えてきた はじまりはこれから

それが答えだ! ナンダコラ ダニーロ猛シュート
それが答えだ! スローなのは愛嬌
エブリバディ、強引でも不安じゃねえ


俺が答えだ! そーです そーなんです
エブリバディ、サンパウロの10番なめんじゃねえ





J2からの昇格組、ACL予選とはガラリと違ったマリノスさんが対戦相手でした。
10日のインターバルも試合勘という意味では、ちょっと不利だったかな。
強いチームでした。
マリノスさんにロニー選手やロペス選手がフィットした時が怖いな…と思いました。
以前に比べてパスコースが良かったりするのは山瀬兄選手のセンスならではなのでしょうか。
松田選手のボランチもなかなかのものでした。満男がPKを失敗したときに励ましてくれてありがとうございます。

しかし、鹿島が勝つことができました。
外国人選手の活躍次第の結果、というのはJリーグ的にはイマイチなのかもしれませんが、鹿島が勝った要因はチームの成熟度だったと思います。
鹿島は誰が出ても、たとえ短時間でも結果を出すことの選手がそろっています。
それは選手層の厚さではなく、準備のレベルが高いということなのでしょう。

采配が当たるというのは監督の「読み」でもあるのですが、その読みを引き出すようなプレーを普段から選手が行っていたからの成果なのだと思います。
そして結果を出せば評価してくれる。これほどやりがいのあることはありません。

マリノスさんは坂田選手を早めに出した方がよかったかもしれませんね。


田代、篤人は代表疲労なのか、わかりませんが少し休んで心身共にリセットした方がいいかと思います。
満男も久々の「もどかしい試合」に冷静さを欠いてしまったけれど、守備に関してはかなりのものでした。あとは自分に負けないようにね。

4月の連戦は「死のロード」のようです。勝ち続けるプレッシャーに負けずに、平常心で取り組んでいけば、きっと結果はやってくるはずでしょう。

年度初めで忙しいけど、明日は定時で帰ってBS見るぞぉ!
魂、送らなくっちゃね!

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード