FC2ブログ

点滴は「正当な医療」 我那覇問題でCAS裁定

 【ロンドン27日共同】サッカーのJリーグ1部(J1)川崎に所属する元日本代表FW我那覇和樹選手(27)が、昨年4月に体調不良のために受けた静脈内注入(点滴)をドーピング禁止規定違反とされ、Jリーグから処分を受けたことを不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した問題で、CASは27日、点滴を「正当な医療」と認め、Jリーグの判断を全面的に覆す裁定を下した。CASは1審制で裁定は最終決定となる。
 Jリーグが準拠する世界反ドーピング機関(WADA)の昨年の規定では、禁止薬物の有無に関係なく「静脈内注入は正当な医療行為を除き禁止」と定めている。CASは「我那覇の受けた点滴は、昨年のWADAの規定内では正当な医療」と認めた。
 CASは4月30日から2日間、東京都内で非公開の聴聞会を開催。3人の仲裁人が慎重に審議を重ねていた。

[ 共同通信社 2008年5月27日 18:21 ]




絶対、勝利を確信していたけれど現実になってよかったです。
微力ながら募金もしたし、疑惑を晴らして貰いたいと思っていましたのでホッとしました。

我那覇選手は裁定のために練習時間を削り、多額の費用を捻出したりと辛い時間を過ごしましたが、これで苦労も報われるでしょう。


さあ、しかし。
かつてJリーグ規定違反として7試合でしたか、出場停止処分を受けた過去がある訳です。
Jリーグはまず謝罪すると共に、我那覇選手と川崎フロンターレさんに慰謝料くらい払わないといけないのではないかと思います。
クラブ関係者の不祥事も確かにありますが、まず自らの襟を正してからこそ、クラブへの処分が出来るというもの。金額はともかく、誠意を持って対応してもらいたいですね。

まだバタバタあるかもしれないけれど、一日でも早く我那覇選手がサッカーに専念出来る日が来ることを切に望みます。

スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ
ジャンル:スポーツ

2008.05.27 23:50|Football
仕事をさっさと切り上げて、早めに帰宅。シャワーを浴びて、前日に用意していたご飯のおかずをスタンバイ。
平日にサッカーの放送のある日はいつもこんな感じ。キックオフを見逃すこともしばしばあったりします。


今日は日本代表の試合よりも、その後の9時からの番組が気になって仕方有りませんでした。
試合の方も、まあ、まったりとしていたせいもあるんでしょうけれど…。

試合が終わり、ササッとリモコン操作して「THE M」を見ると
大澤誉志幸キタ - .∵・(゜∀゜)・∵. - ッ!!でした。
CDも沢山持っているのに、コンサートにも何回も行ったのに、復活していたの知らなかったのですよね…。
それだけサッカーに夢中になって音楽系に疎くなっている私だったりします。
大沢さん、改め大澤さんをTVで見るのは久しぶりでした。

昔の情熱グイグイ、尖った雰囲気はすっかり落ち着きを見せたけど、ただ者じゃない雰囲気は相変わらずで、ちょっと安心しました。

そして、セルフカバーの「そして僕は途方に暮れる」を聴きながら、ああ、今日はヤナギの誕生日だなぁと、しみじみ感じたのでした。

ヤナギの移籍後、心の中でも、フトしたときでも口ずさんでいたこの歌。
『見慣れないユニを着た 君が今 (テレビに)出て来たよ…』と半ベソかいた日から数ヶ月かぁ…と。
ヤナギの誕生日に、リニューアルした「そして」を聴いたことは、自分にとっては運命みたいに感じました。

最初のバージョンに思い入れが強い分、ニューアレンジにはとまどいを感じなかったといえばウソになりますが、強く生きようとする決意の詞と、これから新しい活動を展開していくんだという大澤さんの気合いが、青白い炎のように輝いていたように思います。

大澤さんは番組のラストに「そして」のアンサーソングとして作った「ガラス越しに消えた夏」をこれまたセルフカバーで良い味を出して歌っていました。

ヤナギもときめきととまどいを感じながら、成長していくことが出来るのかしら。
誕生日に代表戦を観戦するのではなく、出場することが出来ますように…。

そして、わが鹿島では金古も誕生日をめでたく迎えましたね。素敵な、充実した日々であることを祈っています。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

友人のU-31さんがライブ観戦したという、木曜日のコートジボワール対パラグアイ戦をスカパー!でワクワクしながら見てました。
本当に来日したてというのに両チームともパワーと技が素晴らしく、この日三ツ沢球技場に行った方は幸せだったろうなぁ?、サッカー好き冥利につきるよなぁ?、と思ったものでした。


で、試合後の日程を聴いてビックリ。


日本とコートジボワールは中1日で対戦するの???
いくら日本招聘の試合とはいえ、ずいぶんじゃないの!!!
それで勝ったって、相手に重いハンデ背負わせて…。本当の意味での強化試合になるのかしら!

と、ちょっとプンプンしておりました。


日本代表は少ないチャンスを生かして得点出来ましたね。本当に、ゴールの前の連携は素晴らしかったと思います。

でも、あんな力任せのサッカーじゃぁ、後半持たないでしょ…と思っていたらその通り。
コートジボワールさんが初戦だったら、勝てたものではなかったと思います。
怪我と病み上がりの選手を招集して、力業のサッカーって、なんだかよくわからないですね、岡田監督…。

篤人の怪我を悪化させないように、よろしくお願いします。
他の選手の方も、怪我が酷くならないように願っています。

テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ

タグ:日本代表 サッカー

2008.05.27 00:25|鹿島アントラーズ
大道と船山の処分が決定しました。

詳細は鹿島アントラーズ公式にてご確認いただきたいのですが、少し抜粋しました。


■処分内容
1、謹慎6週間=暫定処分開始の5月20日から6月末までの42日間
  上記期間中はチーム練習およびクラブの公式行事には参加しない
2、公式戦出場停止=9月末まで(トップ公式戦、サテライト公式戦)
  該当期間のトップ公式戦は5月21日ナムディンから起算して最大20試合
  リーグ戦12?13試合 ナビスコカップ2?4試合 ACL3試合
3、運転禁止3ヶ月=5月24日から8月23日まで
4、社会奉仕活動=公式戦出場停止期間中(9月末まで)にクラブが命じる社会奉仕活動を行う
5、制裁金=基本報酬(年額)の12分の1の20%

(略)

■再発防止へ向けての今後の対応策
1、鹿嶋警察署へ協力を依頼し、選手及びクラブスタッフを対象とする交通安全・飲酒運転防止の意識向上の為の講習会の実施
2、選手及びクラブスタッフへの個人面談の実施
3、道路交通法の遵守および安全運転の履行に関する啓発ツールを作成し選手・スタッフが車内に掲示する
4、社長を委員長とする再発防止委員会を作り、今後は委員会にて再発防止に努める





飲酒運転(酒気帯び含む)は解雇という職場が多い中(私の職場もそう)、3ヶ月というのはちょっと甘いのでは…という気もしなくはないのですが、決まったことは決まったこと。
まあ一般の人が違反をして仮に新聞に名前が掲載されても、顔写真までは出ませんから(ましてスポーツ新聞の一面に掲載されたり)、ダメージは大きかったと思います。
罰すれば終わり、ではなく更正への道を残すという点は良かったと思います。

ただ、本当に大変なのはこれから。
失った信頼の重さと大きさを、彼らはこれからイヤと言うほど思い知ることになるでしょう。
そして、再び信頼を取り戻すことの難しさも。

でも、辛くても逃げ出さずに耐えて、忍んで、乗り切っていって欲しいと思います。
単なる「サッカーが人よりちょっと上手かった人」で終わるか、「挫折を乗り越えて大きく成長した名プレーヤー」になるかは彼ら次第なのですから。

今や時の人の宮崎県知事・東国原知事も一時期は自らの失態で謹慎、芸能界追放みたいなところまで行ったけれど、その後政治を勉強し、しっかりと県の復興のために頑張っています。

負け犬で終わりたくなければ、それこそ血反吐吐くまで人生勉強とプレーに精進して欲しいです。
だって彼らは「鹿島に選ばれた男」なのですから。それだけの力は持っているはずなのですから。
本当に頼みますよ。



…ただ、ひとつ不満と言えば、「再発防止対応」が飲酒運転関連がメインなことですね。
選手の個人面談とはあるけれど、遠征の日の朝の4時まで飲んで遊んでいた、自己管理不行き届きな点をどう改善するか、そこはもう少し踏み込んで欲しかったですね。
杞憂で終わればいいんですけれどね。


テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:サッカー 鹿島 アントラーズ

2008.05.23 01:44|鹿島アントラーズ
鹿島がACLの決勝トーナメントへ勝ち抜けできました。
やったぁぁぁ…というよりはホッとした、というのが素直な感想です。
事件もあったし、アウェーの過酷な環境もあったし、とにかくよかった。
同じグループの強かった北京さんがタイのクルンタイ銀行さんに負けたのは、やはりアウェーならなのでしょうか。


タイトルは、鹿島の勝ちを祝福してくれた、宮崎在住メル友・フェルスター氏からのメール文の一部です。

そうですね、初めての決勝トーナメントなんですよね。
もっとも、かつて、サッカー協会やJリーグのバックアップも無い中、チームを2つに分断されるような形で戦ったことを思えば、チームとして機能する形でサッカーが出来たのは幸せだったのかもしれない。


ACLの前身、アジア・クラブ選手権を含め、今回が5回目のアジア挑戦。昨年からJリーグの資金援助などが開始されたが、鹿島が戦った90年代後半は孤立無援だった。
アウェーのホテルでの食事は毎日パンだけ。対戦チームと同宿。学校の職員室が更衣室。
国内公式戦と日程が重なっていたため、サテライト(2軍)で臨んだこともある。今回バックアップさえあれば、勝ち抜けることを証明した。
(スポーツ報知さん 2008年5月22日)



だから、浦和さんのACL優勝は凄いと思うけど、浦和さんとそのサポはJクラブの先輩たち?鹿島以外にも多くのチーム?への敬意を、ほんのちょっとでいいから持って欲しいなと思っている私です。


ま、それはさておき。
マンションの改修工事も終わりに近づき、外壁のシートと足場が外れたので、スカパー!のアンテナを設置することが出来ました。
ですので、今回のナムディン戦はライブで参戦出来て嬉しかったです。
荒れたピッチと暑い気候に最初はペースを掴めなかったようですが、繋ぐスタイルは変えず、省エネできる所は対応することが出来ていたと思います。
ゴールに関しては、はっきり言うと「あれくらいは決めて当然」ですが、みんなよく頑張ったと思います。

興梠は鼻骨骨折という情報もあるようですが、とにかくお大事に。
他の選手も怪我や疲労を抱えているのだから、リカバーに努めてリフレッシュしてください。


鹿島の試合後、台所の片づけなどが終わり、眠ったのですが、不思議と3時近くに目が覚めて、欧州CLの決勝を見ることが出来ました。
どっちのチームにも好きな選手がいるので技を楽しみにと思っていたのですが、風邪をこじらせて急性蓄膿症になって投薬中の私は睡魔と戦いながらの観戦でした。

ランパードのミドルを打つ姿は本当にカッコイイと思うし、ハーブリーグスは良い仕事するし、両GKは魅力的でした。
サッカーの神様が『いいか、君たち。サッカーが好きなら最後まで手を抜くなよ』と言っているような一進一退の攻防。ドラマチックな展開の連続のPK。
どちらが勝ってもおかしくなかったし、どちらが負けてもおかしくなかった。
本当に、魂の込められた、素晴らしい試合でした。
こんな素晴らしい試合を、鹿島もACLの舞台で繰り広げて優勝できたならば、としみじみ思いました。


そうです!
クラブW杯で再び対戦しようじゃないの、マンチェスター・ユナイテッドの皆さん!
そして本山がまた2ゴールあげて勝利しちゃいますよ。
ダニーロだって最後にゴールを決めちゃいますよ!
首を洗って待っていてくださいね…って、まず次の試合に全力を注がないとダメですね。

小さいことからコツコツといきましょう!!




《追記》

J2で応援している草津が、先日の21日の試合でチーム初の連勝を納める事が出来ました
ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!


その前の試合では愛する高田保則選手のゴールで勝ち、21日はホームで大勢のサポーターの前で勝ちました!
サポのみなさん、おめでとうございます

ガンバレ、ザスパ! 連勝記録を伸ばすのだ!!

テーマ:サッカー
ジャンル:スポーツ

2008.05.21 18:28|ついったー
ロイター通信で世界的に情報発信もあった、大道と船山の事件。

今日、読んだ新聞にはスポーツ欄ではなく社会面に記事が掲載されているものもありました。

なんで?という驚きを通りすぎると
あとはもう、悲しい、
虚しい、
悔しい。

試合に負ける以外で、鹿島の件でこんな気持ちになるなんて…。

怪我や病気でサッカーが出来ない人もいる。
実力の差でプロになれない人もいる。
プロのサッカー人として恵まれていたのに、自ら棒に降るようなことをしてしまうなんて…。

ああ、本当にどうして…。
2008.05.16 23:46|鹿島アントラーズ
道中、とても寒くて震えていた日本平遠征で風邪を引いて、グッタリしてました。仕事も1日半休んでしまいました…。連日の疲労に輪をかけてしまったんでしょうね。
熱は出なかったのですが、のどの痛みと咳が酷くて体力を消耗してしまいました。

でも、明日はカシマへ行ってきます!
中断前の試合はやっぱり参戦したくなって、講習会は別の日に振り替えをしてもらいました。平日への振り替えなので、これも仕事休むようになりましたが、別の日に挽回します。
日曜にゆっくり休んで回復しようと思います。


清水との試合で一番感じたのは、やぱりリズムがずれているというなぁということでした。
昨年の優勝までの怒濤の連勝時代には、寸分の狂いもなかった選手間の間合いが整っておらず、
なんとなく形は作れても、ほんのわずかなタイミングのズレでパスが通らない、とか、守備が後手になってピンチを招いてしまっていました。
清水さんにの早いリスタートに対応できなかったのも、そういう理由だからでしょう。
本山と野沢がベンチに下がって、誓志とダニーロで流れが変わった部分もありましたが、得点するまでに至らず惜しかったと思います。

でも、清水さんにとっては背水の陣であった試合だったようですね。
それは帰りに寄った「河岸の市」のとあるお店でわかりました。
お店のおじさんが、お客さんに話しかけて試合の結果を聞いていました。清水の勝利を知ると

「いやぁぁ、よかった!! 
今日、負けると降格も気にしなきゃいけないし、勝てばジュビロより上に行くだろ?
絶対に勝って欲しかったんだよね!
相手は鹿島だよなぁ。よく勝てたよな。いやぁ?、ホントにホッとしたよ!!」

清水さん、試合前は16位だったんですよね。そして宿敵・ジュビロより上位にいたい。
ああ、意地でも勝ちたかった試合だったんだなぁ…と実感しました。

よく走る岡崎選手とフェルナンジーニョ選手でサイドとDFラインを何度も走らせ、それに合わせてフィールドプレーヤーが常にコンパクトさを保っていた。
鹿島はその綻びを探そうと、中盤が間延びしてしまい、カウンターに対応するのに四苦八苦…。

イバはなんとか対応出来ていたけれど、篤人はまだまだしんどそうだった。試合勘も戻っていないようで、クロス上げた後に頭を抱えていたシーンもありました。
長谷川監督の采配勝ちだったと素直に認めます。

鹿島だって、後半には攻守の切り替えもしっかり出来ていたけれど、決定打がなかったのが致命傷でしたね。誓志のシュートは本当に惜しいものでした。
満男のCKの時に、脇でアップしていた小澤さんがボールをセットしてくれたのには萌え?でしたが、残念な結果になってしまいました。


さあ、これをどう打開するのか…と思っていたら、誓志が今季初スタメンする可能性が高いというニュースを読みました。篤人も練習を別メニューにしてたという情報もあり、伊野波がスタメンに復帰することも考えられます。
本山も野沢も怪我のこともあるから、フレッシュな選手を使うことは悪くないと思います。
中盤の連動性から得点している柏さんの動きを封じるためには、こちらから仕掛けて動いていきたいところ。田代・シンゾー・誓志で3トップっぽく行って、かき回していくのもいいかもしれません。

もし、誓志と伊野波がスタメンなら、宮崎トリオがスタメンで登場ということになりますね。
宮崎在住のメル友・フェルスター氏から強力な気合いを送ってもらおうと思います。
東国原知事の宮崎旋風が鹿島でも巻き起こりますように!




テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:鹿島 アントラーズ サッカー

2008.05.11 20:19|ついったー
20080511201937
お土産に勝ち点3を持って来たかったけど、力叶わずすみませんでした。

試合については、また後で…。

疲れた心と身体にご馳走をと、帰りに河岸の市の「みやもと」で晩ごはんを買ってきました。
本マグロの赤身のお刺身、桜えびのかき揚げ、マグロの竜田揚げです。(刺身のツマや大葉は今日は手抜き?)

赤身とは思えないくらい脂が乗ってて、ホッペ落ちそうです。
2008.05.11 12:23|ついったー
20080511122314
パルちゃんショーの「パタパタママ」と「羞恥心」で和んだ後は、いざ決戦です!!

篤人、地元で復活、おめでとう。
頼んだよ!
2008.05.11 10:22|ついったー
日本平へ向かってます。
風が超冷たかった熱海駅で乗り換え、長いトンネルを抜けるたら篤人の故郷、函南駅でした。
この駅を使っていたのかな??
高校まで1時間近く電車に乗って通っていたのでしょうね。
今日はスタメン復帰という噂もありますが、無理させずにお願いします、オリベイラ監督。
もちろん勇姿は見たいですけどね?。

ACLタイ戦での久し振りの勝利をリーグ戦に繋げられるよう、応援頑張ります(^^)v

清水さんも微妙な試合が続いているので、高いレベルの集中力が要求される試合になりそうです。
良い流れを引き込められますように…!!!!
2008.05.08 13:44|ついったー
20080508134413
うまく反映されるかな?
2008.05.07 17:34|お散歩
湘南・鵠沼海岸駅近くで評判のかき氷屋さん「埜庵」の生イチゴかき氷です♪

甘味控えめ・フルーツの旨味を生かした自家製シロップにフレッシュイチゴをトッピング、お楽しみの練乳付きです。
氷は日光の天然氷で、口の中でふんわり溶けるのがとっても美味し?いです。

この日は暑かったので、余計おいしかったです。
ウォーキングで久々に長い距離を歩いたのでちょっぴりご褒美。(旦那と半分つしたので、カロリー的には少しオーバー程度のはず…だと思います。)

雑誌やテレビでも紹介されているお店なので、午後4時を過ぎてもお客さんが訪れてました。
雑誌片手の人もいましたね。
でも来る価値はあります!!

※なぜか写真が上手くアップできません…。リトライしますので、待っててくださいね!

テーマ:日記
ジャンル:日記

2008.05.05 14:39|鹿島アントラーズ
久々の参戦となった5月3日でした。
等々力競技場では、入口に近いホームAゾーンのアウェー側にいつも行くのですが、本当に沢山の川崎サポーターで一杯でした。タイトルを取っていないチームなのに、いつの間にかこんなに多くの人に愛されていたんだなぁ…と、フロンターレが最初にJ1に上がった時から知っている私としては、「よかったね」という気持ちになりました。
そういえば、川崎市民の友人K君と『最後の川崎ダービー/ヴェルディ川崎対川崎フロンターレ』に行ったこともありましたね。西城秀樹がハーフタイムに「YMCA」を歌っていましたっけ。

しかし、アウェーの洗礼なのか、ビール売り場(正確には売店ですね)まで遠いのなんの…。
席に戻った頃には泡が(´・ω・`)ショボーンとなってしまいました。
フロンターレさん、川崎グッズやガンプラショップも大事でしょうけれど、飲み物やお菓子の売店も、もう少し増やしてください…。

さて、それはさておき、この日は試合に行く前に、私の行きつけのアロマサロンで「アロマフェスタ」に行ってきました。詳しくは改めて書きたいと思いますが、その中で先生のお話のなかで

「辛いとき、上手くいかないときは、自分の魂が学ぶ時です」というのがありました。

私なりには、自分自身が成長するために必要な試練だと捉えたのですが、「魂の学び」という言葉にハッとさせられました。

***********************************************************

この日の鹿島は、川崎にリードされる時間帯がありながらもしっかり繋いで形を作ることが出来ていたと思います。
マルキのゴールも、青木のゴールも見事でした。
青木がドリブルでボールを持って上がった行ったとき、思わず「打ったれ!」と声を出した次の瞬間、青木が蹴ってくれたんですよね…
川崎GK川島くんの手のあたりでグワ???ンと離れるように伸びたボールはゴールマウスの右上にスポッと収まったのでした。本当に美しい奇跡でした。

その後の私と旦那の喜びようは、まるでクララが立ったときのハイジとペーターのようでした。もう、最後には「ウォォ??!!」とただ叫ぶだけの私に、隣にいたフロンターレサポの老夫婦は、さぞかし驚かれたことでしょう。「ちょっと、おねえちゃん、いっちゃったかな?」と思われても仕方ないと思います。


まあ、喜びはここまででしたけどね…。

去年もその前も、一度失点すると慌てて失点を重ねる、それも数分以内にというのがありましたが、そういう悪い癖は残ってしまうんでしょうか。
選手個人たちの醸し出すマイナスの和なのか、単に集中出来ていないだけなのか…。
このあたりをしっかり分析してもらいたいと思います。

新井場が帰ってきてくれたおかげでサイドの攻撃も盛り上がるようになってきました。確かに篤人・新井場の両翼が一気に欠けるというのはセンターバックとボランチがケアに廻らないといけないから、チャンスメークは難しかったと思います。

マルキが途中で退場するくらいの怪我をしたのがとても気になります。どうぞ、お大事に…。

でも、5試合未勝利ではありますが、ここ最近は得点が取れてきています。
あと少しで、波に乗れそうな気がするのです。
少なくとも川崎戦は恥ずべき試合ではなかったと思います。


最後、引き上げてくる選手を見て、じんわり涙を浮かべながらも私は拍手をしました。
今日の結果ではなく、疲労の蓄積した中、戦った選手に対して思わず感謝したい気持ちになったからです。
去年だって、どん底からはい上がった来たじゃないですか。
悩んで学んで、大事なことはそこから始まるのでしょう。


*****************************************************

それにしても扇谷主審と聞いた瞬間にどの鹿サポも「新井場退場クル━━━━(゜∀゜)━━━━??」と思ったことでしょう。
色つきのラブレターを新井場に出されなくて安心しましたが、変なジャッジもありましたね。

私が一番許せなかったのは、鹿島がボールを持って攻撃しようとしたときに川崎の選手がハンド、でもそのまま、鹿島の選手にボールが戻り鹿島ボールで続こうとしていたのに、笛を吹いて試合を止めたことでした。
鹿島ボールでスタートさせるなら、そのままアドバンテージで良いはずです。
おかげさまで川崎の選手は守備位置にみんな戻ることが出来てしまいました。

主審の仕事は「ファウルの取り締まり」ではなく、ゲームを適正に進めることなのではないのでしょうか。
威厳を示したくてプレーを止めたとしか思えない行動に、最近の審判問題の一端をかいま見た気がしました。
暴言の有無も大事です。でも暴言が無かったとしてもですよ、「死ね」と言ったとしてもおかしくないような言い方をしていたこと自体が、すでに問題であると思うのです。
どんなに選手がエキサイトしても言動も含めて冷静な対応をする、これが審判の基本なはずなんですけどね…。

選手が意義を申し立てるのも、ちょっとと思うときもありますが、選手に対して「お前」とかの発言を平気でしているのは、もうそれだけで見下していますよね。
審判が選手を尊重した対応をしていればもめ事にはならないと思うのですが…。


テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.05.03 18:12|ついったー
20080503181233
等々力に着きました。
試合開始1時間15分前でもメインホームAゾーンは人で溢れてて、スッゴイ端っこです。
でも、そんなの関係ねぇ!!
勝利のために頑張りマス
\(^o^)/
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード