FC2ブログ
2008.09.24 21:44|ついったー
尊敬する職場の先輩のご主人が逝去されました。がんと言われて一年あまりでした。
わりと親しかったし、また、旦那と年も割と近い方だったので、とてもショックを受けています。


また、日曜日に資格試験の受験もあります。
こちらの準備にも時間を使いたいと思います。
精神的に不安定なのでどの程度できるか分かりませんが…。


コメントいただいた方にはお返事したいのですが、ちょっとすぐには対応できない状態なので、しばしお待ちください。
来週中には戻れるようにしたいと思います。


(前の記事へのコメントも途中になってしまい失礼していますが、ご了承ください。)


スポンサーサイト
2008.09.22 00:32|鹿島アントラーズ
下記の記事に関してコメントを寄せて頂きましてありがとうございました。
今後の記事記載について、とても勉強になりました。

コメントを寄せられた皆さんのご意見をまとめると

・事件を起こしたサポーターの一員が責任があるのに、謝罪もせず批判めいた発言をするのは不適切である。
・柏のサポーターを批判する資格はない。

大きく分けるとこんな内容だと受け取りました。


まず、鹿島サポーターが起こした事件については、試合中(テレビ観戦中に見た)柏選手に旗が当たった件や、その後インターネットで知ったコンコース占領事件や傷害事件などを含めて
「ケンカの高揚感を得ることがチームの応援だと思っている人間はスタジアムに来ないでいただきたい」という内容で表したつもりです。
もちろん、柏のクラブ、選手、サポーターに向けて申し訳ないことをしてしまったと思っていますが、それは自チームのサポーターを批判したことで、わかっていただけると思いました。

実際、ゴール裏で応援の中心になっているグループの暴走には私は賛同しておりませんで、その件については、このブログの中でも時折記載しています。
今回もJリーグやクラブの処分という以前に、柏選手、柏運営陣及び被害にあった柏サポーターがきちんと被害届けを出して刑事事件として処理するべきと思っています。
(mixiに加入されている方は「鹿島アントラーズコミュニティ」で私の発言を確認してください。)
暴力は犯罪である、ということをしっかり認識してもらうためには、それぐらいしないといけないでしょう。

私が「鹿島サポーター」ということで、事件を起こした人たちと同じ枠で括られることは仕方ないとは思いますが、実際は不本意です。
1つのカテゴリーにある人たちも、一人一人、違った人格を持っています。
ですので、他のサポーターが事件を起こしたからと言って、そのサポーター全員が同じ考えだとは思いません。地域や国歌レベルでも同じことが言えるでしょう。
鹿島サポーターも今年は、サポーターが引き起こす事件が実際に多すぎて、いろいろ内部からも批判が起きています。
どうしたら改善できるかを真摯に探っています。
そのことはご理解いただきたいと思います。



「相手チームであれ、人の怪我を喜ぶような人間はスタジアムに来ないでいただきたい。」という部分がご批判をいただいている大きな要因だと思いますが、これは鹿島サポーターの傷害事件とは全く別の問題だと解しています。
今はそういう発言をするべきではないというご指摘も適切だと思いますが、いくら対戦相手(前々回の記事で「敵ではなくて対戦相手」というご指摘をいただきましたが、ごもっともだと思います。今後改めたいと思います。)の不利がラッキーとなる厳しい勝負の世界だとはいえ、引くべきラインがあると思います。

かつて鹿島サポーターがそのような事をしたというご指摘もいただきましたが、私はその事を知りませんでした。そうであるならば大変恥ずかしく、また腹立たしいと感じます。

イエローカードやレッドカードなどで拍手、というのは心情的にもわかりますが、怪我となればその重みは違ってきます。もう、怪我をしただけでも充分ではなのでしょうか。
傷口に塩を塗る必要があるのでしょうか。



また、満男が怪我した際に「接触プレー」という記載を用いましたが、それはすなわち柏選手のせい、というスタンスで記事を記載したつもりはありません。
以前からこのブログをご覧の方はご存じだと思いますが、私自身もフットサルの接触プレーで右足腓骨骨折をやった人間です。プレー中の怪我が不可抗力であるということは身をもって体験しています。
一人で動いていて倒れ込んだのではなく、相手選手との交錯の後の倒れ込みということでは「接触プレー」という表現になるのではないかと思います。


以上、私としては真摯に対応したつもりです。
言葉足らずのところなどあるかと思いますが、ご理解いただければ幸いです。


あと、コメントを寄せていただいた「清水サポです」様、藤本選手が早く全快されることをお祈りいたします。彼は私の隣の市の出身ということで、活躍して欲しいと思っている選手の一人です。
また、清水遠征での「河岸の市」での食事と買い物はとても楽しみにしておりますし、枝村選手は好きなタイプのプレーヤーです。
9月28日は、私は資格試験の試験日当日なので参戦できませんが、良い試合になることを願っています。


テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.09.21 12:02|小笠原満男
もう、昨日の夜から頭の中が真っ白でお通夜状態です。

思い出しては泣き、思い出しては涙ぐみ…。


柏戦の満男を見ていて、初っぱなから飛ばし気味だなぁとは思っていたのですが、勝利への気迫やチームを引っ張る気合いが充分に感じられました。

そう…、彼が接触プレーの後で倒れ込んでしまうまでは…。
sca0809210434007-p1.jpg
サンスポさんの記事よりお借りしました


しばらく倒れ込んでいたけれど、立ち上がろうとした満男。
普段のポーカーフェイスが嘘のように苦痛で顔をゆがめる満男。
担架なんて嫌いなのに、それに乗り運ばれていく満男。

デビュー以来、私は彼を見てきているけど、おそらく初めて見るようなシーンの連続に呆然としてしまっていました。

そして、夜に友人のメールで全治6ヶ月の重症であることを知り、食事中だったにもかかわらず号泣してしまいました。


もちろん、泣いても状況が変わらないことはわかっています。
これからの連戦は残った選手で頑張って貰うしかないことも、満男はしっかりリハビリに励んで貰うことも頭では理解しています。

でも、気持ちはまた別。
満男の悔しい思いを想像すると、やるせない気持ちになって自然と涙がこぼれてきてしまうのです。

年齢的にもリハビリ後に元通りのプレーが出来るかどうかは微妙なところがあるのは否定出来ない。

悪いことは考えないようにしたいけど、重く暗い気持ちをぬぐうことが今はまだ出来ません。





試合は、急に満男がいなくなった中で引き分けられただけでも良かった。
みんな頑張ってくれてありがとう。マルキ、難しいコースによくPKを決めましたね。
ただ、中田と中後の軽いプレーには、はっきり言って怒りを覚えました。もっと注意力を効かすと言うか、危機察知能力を高めるようなメンタルトレーニングをして欲しいです。



(当初掲載した記事には、この後に文章を掲載していましたが、内容が適切ではなかったと反省し、削除いたしました。
不愉快な思いをした方にはお詫びいたします。
なお、いただいたコメントについて誹謗中傷及びそれに類する語句を含んだものについては削除させていただきましたので、ご了承ください。)

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.09.16 02:50|鹿島アントラーズ
川崎戦のスカパー!の実況で、試合終了後に

「鹿島と川崎、なかよく1対1の引き分けです」だなんて、言わないでくださいよ。


相手は対戦相手なんだから「なかよし」じゃないの!!

引き分けじゃなくって勝ちたかったんだから!!



八塚さんとしては「中立」の立場を強調したかったんでしょうけど、それはダメーーー!

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.09.16 02:23|鹿島アントラーズ
近くのデパートでやっていた「岩手県物産展」に行ってきました。
ぴょんぴょん舎の冷麺をイートインコーナーで食べて、花巻ブリュージュのケーキを買って、家で食べながら、川崎戦の満男のことを思い出していました。

ジュニーニョに倒されて抗議する時の満男の顔は、まるで「仁義なき戦い」に出てくるコワーイお兄さんのような、凄みのある顔で、あんな顔を久々に見た気がします。
もちろん、それだけ真剣に向かっている証拠だし、あんな事があったから、是非勝利して欲しかったと思いました。

あの時、主審に向かっていった満男の首根っこをつかんで引き留めたのは中田だと思っていたけど、録画を確認してみたらイバだったのですね。
「キャプテンが落ちつかんで、どないすんねん!」とか言っていたのでしょうか。
いやぁ、まさにGJでした。

そのイバも試合が終わった瞬間にへたり込んでしまっていました。激闘を物語るシーンです。

セットプレーでやられっぱなしなのはセンターバックが固定しないから、と思っているのですが、それだって中田をお試しで使わなくてはいけないから故…。
マルキーニョスがボールを持ちすぎるのも2列目の押し上げが、時間の経過と共にルーズになるからで、それだってマルシーニョのお試し期間だから…。

正念場を迎えるというのに、フィットしない選手を使わなくてはいけないというのは、かなりキビシイ。
ACLがなければ、こういう補強はなかったのでしょうか…。

満男が去年、イタリアから帰ってきてもすぐに馴染めたのは、1年という短期間と試合に出ていなかったことが幸いしていたのでしょうか。だとしたら、こんな皮肉なことは無いですよね。

一人の人間が何かを成し遂げるのが難しいのに、チームという大所帯なら、その苦労は計り知れないくらいかもしれない。

こぎ出した海を後戻りすることは出来ない。
どんな荒波でも、自分が出来ることをやるしかない。
満男、青木、イバ、マルキ、興梠、ダニーロ達からはそんな気合いがヒシヒシ伝わってきます。
いろいろある中ですが、分裂はしていないのが救いです。

もちろん私も、信じて付いていくしかないと決めています。
ここでこそ、「オズの魔法使い」の真骨頂でしょうから!


ああ、そして田代と野沢にはファイトソングを捧げましょう。
単純な歌詞だけど心に残るこの歌を。(画像にアレルギーがある方も騙されたと思って、どうぞ…!)


テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.09.14 17:01|ついったー
20080914170151
今宵十五夜、明日は満月。
月にはウサギ、地には夢。

月を見ていると、宇宙の一員であることを感じます。励まされたり、包んでもらったり。

私はウサギが大好きで、グッズを集めがちですが月とも縁があるのかしら…。

満月は、いらないものを処分するには良い日だそうです。
忘れてしまいたい事を口ずさんでもいいのかも。
2008.09.13 23:33|ついったー
20080913233331
今日は、ん回目の誕生日でした。

夕方まで仕事だったので、鹿島の試合をスカパーで見てから近所のビストロでご飯しました。

一応、予約したのでプレートにメッセージを入れてもらいました。

藤沢のびすとろ・ぱるまんてぃえ。
素材を生かしたメニューが美味しかったです。

しかし、鹿島からは誕生日プレゼントが勝ち点1になりました…ショボーン。
参戦してくれた我が仲間の皆さん、お疲れ様、そしてありがとうございました。

でもヤナギがゴールしたから、それはそれで嬉しいです。
運命ナンバー「13」ですからね。

とりあえず、誕生日を迎えた今、“everyday前進”を目指してまったり頑張ります?。

※タイトル他は、嵐の「everybody前進」のパクりです。
この曲は北京五輪で浜口京子さんが、3位決定戦の前に、ずっと聴いていた曲だそうです。

私が前進できるかどうかはともかく、心意気だけでもね!
2008.09.13 10:00|ついったー
事故米のニュースで、被害の大きさがとてつもない状態になっていることを知るにつれ、怒り増大していきます。


毒を売っていても平然としていたメーカー

毒を流出していた農水省については、人体に影響がなさそうだから問題はないという非常識な認識。


薬害事件のことを考えても、いかに国が人の命を軽んじているかが実感できました。
輸入ものならある程度自己防御できるだろうけど、通常のものとして流通していたらどうしようもない。

日本はいつから、こんなに腐ってしまったんだろう。
ひどい。ひどすぎる。
2008.09.11 20:52|ついったー
最近、事故米の不正流出が大きなニュースになっていますが、

我が家のキッチンの隅には、被害にあったメーカーの「美少年」の四合瓶が2本並んでます。

1ヶ月ほど前にネットの懸賞サイトで6本入りセットが当選して、旦那と大喜びしたヤツの残りです。




ニュースを見た時は

どうしようおぉぉぉ!!!!

驚きました!!(゜ロ゜ノ)ノ



その後、メーカーのサイトで使用された種類とロットナンバーが公開され、飲んだお酒に事故米は使われていない事がわかり、安堵のため息…。

お世話になった方にプレゼントしたりもしてたから、本当に焦っていたのですよ。


でも、以前のは本当に大丈夫かしら?、とか気にし出したら止まらない感じに。

しかし、飲んですぐに健康被害が出る訳ではないし、もう割り切る事にしました。



今回、判明したからいいけど、毒物混入の食品を売るなんて、まるで無差別テロのようで本当に腹立たしい気持ちです。


あ?、いつからこんな世の中になったんだろう…。
自分だけ良ければ、後はどうなってもいいなんて…。


W杯アジア最終予選 対バーレーン戦、日本代表はなんとか最低限の仕事である勝ち点3を取りました。

まあアウェーだし、過酷な気候だし、レーザービームの妨害まであった中では、よかったのかもしれません。


しかし、釈然としないのであります。


もちろん2失点して、あやうくドローになりかけた事も大きいです。
皆さんも同じでしょうけど、長谷部はよくやっていました。その彼を下げたら、中盤はまたしきり直しです。3点取って気が緩んだと選手は言っていましたが、中盤の構成が崩れてリズムに乗れないまま相手の攻撃をズルズル許してしまったことが失点を招いた原因でしょう。
まあ、闘莉王の得点能力が高いのはお腹一杯になるくらいわかりました。


でも、一番イライラしたのは、「これじゃぁ、4バックにしなくていいじゃん。両サイドバック使えていないよ。」という事でした。

右の篤人は怪我明けで1試合しか試合をこなしていない状態。
もちろんピッチに立ったらそんな言い訳は通用しないけれど、90分使い続ける状態であったのかは疑わしい。

左の阿部はそれなりに対応はしていたけど、絶妙なタイミングで上がるということまではなかなか出来なかったようだった。

第一、中村俊輔と松井の動きでは両サイドの進路を塞いでしまう。
キープして上がりを待って、相手の隙を見てパスを通すというシーンが、ほとんど見られなかった。

自分が鹿島の試合を見慣れているせいだということは充分承知しています。
だから「ああ、そこじゃない」とツッコミを入れながら、パスコースを見ていたのでした。

俊輔や松井(出場停止だから、次は大久保?)を軸にしてチームを作るのなら、中澤・闘莉王・阿部の3バックでいいんじゃないんですかね。

ラッキーなセットプレーでも得点は得点。
でも、崩していくパターンを作らないと疲労が重なり、カウンターの餌食になってしまう。

その鍵になるのがサイドバックなのだ。
(とはいえ、五輪反町サッカーみたいに、サイドしか拠り所がない戦術でも困るのですが)

また、FWは田中達也は頑張っていてよかったけど、ゲーム終盤はキープ出来るタイプも欲しいなぁと思いました。


岡田監督の試合運びはまあまあだったけれど、90分同じパターンでプレー出来る訳じゃないから、いろんな引き出しを用意しておいて欲しい訳です。特にアウェーでは。

今回、相手のバーレーンが日本より先にバテていたけど、あれはおそらくラマダンの影響でスタミナが落ちていたから。事実、2点取ってからの猛攻は本当に怖い思いだった。
相手が体調万全だった場合や、総合力の高いオーストラリアだったら、あっさり逆転していたのではないでしょうか。

この2失点が生け贄となって、そういう課題を修正出来るのであれば、その意味はあるのでしょうけれど…。

だから、厳しいようだけど、「勝ってよかった」という気にはなれないですね…。

テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ

2008.09.05 21:36|ついったー
20080905213618
鹿島の年間3冠や、11冠目を一緒に体験した国立霞ヶ丘競技場。
感激の涙も悔しい涙も、ここには沢山刻まれています。

しかし、サッカー以外でこの地に来るとは。

今日は嵐のアジアツアーの初日でした。
国内では今日と明日、この会場だけなのでチケットの抽選倍率は物凄い事だったようです。
ラッキーでした。
若いお嬢さんたちに気後れせずエンジョイしました!!
ヽ(*´▽)ノ♪

なお、会場に「YASUDA」と「KASHIWAGI」の代表ユニの人もおりました。
国立競技場だからかなぁ。

普段はロックコンサートばかりなので、ロック系のナンバーで軽いヘッドバンキングしてたら隣の高校生が驚いていたようです。

コンサートはとても素晴らしいもので、楽しさ一杯の夢の国のようでした…
(*´∇`*)
2008.09.04 13:02|ついったー
20080904130238
最初、名前を聞いた時にはクロアチアの選手の名前かと思いました。

やっとトライしてみました。

甘い!!
でもグニュっとした食感がクセになりそうです。
まさに飲むコーヒーゼリー。美味しい♪
低糖バージョンがあるといいですね?。

そういえば、クロアチアのエース、モドリッチ選手は誰かに似てる…と思っていたのですが

やっぱりアンガールズの2人を足して2で割った感じがします…。
ヽ(・∀・)ノ
2008.09.01 00:20|Spiritual
しばらく更新できませんでした…。

心身共に「落ちて」しまって、毎日の生活でいっぱいいっぱいでした。


猛暑で体力を消耗したことや、仕事でのいろいろな困難な出来事などいろんなことが重なったためだと思います。
8月の初めから過敏性腸症候群に悩まされていました。
下痢が続くためか、身体に力が入らなくなって、仕事を休んだ日も何日かありました。

職場では仕事の進め方を巡ってあれやこれやありました。
頭で理解していても、納得のいかない方針に、心がどこか無理をしていたのでしょう。

気合いを入れようと、がんばって出向いたカシマスタジアムで名古屋に負けてしまったのも、悪循環だったのかもしれませんね…。久々の往復5時間運転は結構、しんどかったです。勝っていれば疲労は感じないんですけどね。

家庭では落ち着いて過ごせたのですが、思うように家事が進まなくなくって、少しイラついたりした事もありましたね…。



心身共に重い中、なんとか変えていかなくては、と思って
まずは自分を客観的に見てみないと、と思っていろいろ尋ねてみました。
自分の考えていることや状況を聞いて貰いました。

旦那からは
「解決できない問題だから、そういうものだと割り切るしかないよ。誰かが悪いということではないから、複雑だね。」と言われました。

過敏性腸症候群は時々やってしまうので、近所にかかりつけのドクターがいます。
状況を聞かれて話したところ
「それは難しいよね。みんな一生懸命なんだろうけどね。そういうものだと思って出来ることだけやればいいんじゃないかな。」とのアドバイスをもらいました。

そして、約二ヶ月ぶりにアロマのケアに行きました。
トリートメントを受けたら、背中の肩胛骨と背骨の間が非情に痛く感じ息が止まりそうでした。


続きを読む >>

テーマ:日記
ジャンル:ブログ

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード