FC2ブログ
2008.12.31 11:10|ついったー
今日で2008年も終わり…。
振り返れば1年間、あっという間でした。
このブログを訪れていただいた皆様、ありがとうございました
また、よろしければ来年もお付き合いしてくださると嬉しいです。


自分なりに2008年をプレイバックしてみました。
項目は順不同です。

<サッカー編>

1 鹿島、Jリーグ連覇
2 天皇杯優勝、11冠目をゲット
3 柳沢敦、京都へ移籍。チーム残留に貢献、自身も日本人得点王に。
4 小笠原満男・靱帯損傷の大ケガ、本山雅志・水腎症を押してのプレー続行。共に手術は成功、来シーズンの復活を期待
5 草津、24回目のトライで初の連勝。それも4連勝まで達成!
6 高田保則、網膜剥離再発。今シーズンは無理という話もシーズン中に無事復帰。
7 大分、ナビスコカップ初優勝
8 スペイン、ユーロ2008優勝
9 千葉、劇的残留決定。胸を打つ言葉「Win by all !」
10 ジュビロ、入れ替え戦も残留決定。
11 北京五輪、なでしこ大奮闘


鹿島のリーグ優勝は、怪我人などの厳しい状況の中、よくやってくれたと思います。マルキーニョスの得点王も嬉しいし、アウォーズでの彼の涙が困難な中で勝ち取った事であることを象徴していたと思います。
そして昨年は累積警告で出場出来なかった新井場が、今年はピッチでキャプテンマークを巻き、優勝シャーレを掲げる姿にはジーンときたものです。

個人的には、サポーターや選手の不祥事の影響もあり、昨年のように飛び跳ねるほどの大喜びが出来なかった部分はありますが、やはり優勝というのは良いものだと感じました。常勝チームの名前に恥じることのない対応を目指し続けなくてはいけないなということを強く噛み締めていきたいと思います。

草津も昇格争いに絡む活躍が出来たのには嬉しかったです。
来シーズンは植木監督がGMとなるそうですが、さらなる飛躍を期待しています。

千葉さんのキャッチフレーズは心を打たれましたね。まさにサポートする言葉の原点ではないかと思いました。
ジュビロさんも若い力を取り入れて頑張って欲しいと思います。山本修斗くんもプロデビュー出来て嬉しいと思いますが、スタメンゲットしてね! 応援してますよ!

ガンバさんはお疲れ様でした!

代表はスルー!
なでしこの爪の垢でもいただいてください!


<スポーツ編>

1 野茂英雄引退(涙)
2 阪神、優勝に王手をかけながらも失速(涙)
3 スケートのランビエール、体操の富田、引退(涙)
4 錦織圭、テニス界で躍進
5 北京五輪、女子アスリート大活躍。特にバドミントンとソフトボールには感動の涙


やっぱりスポーツっていいですよ。うん。
私も、来年の目標はスポーツの復活。
まずは体重を落とすためのトレーニングをして、フットサルもヨガもやりたいと思います。



<マイ ライフ編>

1 自分も家族も健康に過ごすことが出来たこと。
2 AEAJアロマテラピー・インストラクター試験合格
3 嵐のアジアツアーオープニング国立競技場コンサート、椎名林檎10周年記念コンサート「生林檎博」、甲斐バンド復活コンサートツアーなど、アーティストの記念コンサートに参戦。感動を共有。


友人や知人が毎年亡くなっていくことが増える中、健康が一番だと本当に感じています。
健康の維持のためにもリラックス&リフレッシュ出来るアロマテラピーに出会えて本当に良かったです。まだまだ勉強することは沢山ありますが、ライフワークとして取り組んでいきたいですね。
来年はハーブの勉強も始めたいと思います。

そして、身体と共に心も健康であるためには音楽やアートが欠かせません。
心を彩りながら、来年も好奇心旺盛に頑張りたいと思います。
まずは2月のジェフ・ベックコンサートが楽しみですね♪




来年は世の中の暗いニュースが少しでも好転する年でありますように。

そしてみなさまにとって、実り多き良き年であることを願っております
では、また??

スポンサーサイト



テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

2008.12.26 01:25|ついったー
本放送の時は見ていませんでした。
再放送をやると聞いて、「ああ、そういえば高橋克美が野球選手のドラマがあったなぁ」と、少し思いついた程度でした。

昨日と今日、全部ではないけれど、再放送の何回かを見て、最終回の再放送分を見ました。

ああ、なんで全部見なかったんだろう、と後悔した。
途中から涙が溢れて止まらなくなってしまった。

とにかく主人公が暖かい。そして熱い。
試行錯誤はあるけれど、自分の考えを押しつけず、相手が動いて気づくのを暖かく支えている。
教師としてというより、一人の人として、大きく、自分をしっかり持った人だった。

…実話に基づいているというのも凄い。

丁寧に、人と人のつながりを大切に作られたドラマ 「フルスイング」

DVDを借りて、もう一度ちゃんと見よう。


鹿島のサポーターなら、最後まで諦めないということの大切さは体感しているでしょう。
でも、「最後まで諦めないで生きていく」ことは、なかなか難しいはずです。
このドラマには、そのヒントが沢山詰まっていると思いました。


================

主人公が最後に病気になってしまうところは、ドラマだなぁ、と最初は思ってしまったのですが、
原作(実話)もそうと知って、ちょっと反省しました。
そして、7ヶ月ほど前に私は初めて会って一緒に飲んだ、旦那の古くからの友人さんが、一週間ほど前に肺ガンで亡くなってしまいました。
ああ、本当に、明日が必ず来る訳ではないんだな…と痛感しました。

旦那は「いつでも会えるって思っていたから、なかなか会うきっかけが作れなかったよ。
ああ…、あの時会っておいて良かった。」とお葬式の帰りに言っていました。

悔いの残らないように、そして毎日を大事に生きていきたいと改めて思いました。

テーマ:日記
ジャンル:ブログ

2008.12.24 07:46|ついったー
20081224074633
すべての人が生まれてきた喜びと誇りを持てる事が出来る世の中でありますように。

そして、明日予定されている本山の手術が無事、成功しますように…。
2008.12.23 18:10|お散歩
先週の木曜あたりから調子がおかしいなと思っていたら風邪のようで、土曜日には喉が痛くて辛かったです。病院に行って薬をもらってきました。
でも、土曜はすでに帰りのロマンスカーの予約を取ってしまったので、ちょっとゆっくり目に出発して、東京イルミネーションツアーを決行???。
小田急+東京メトロ乗り放題のパスを使って、お買い物を表参道で済まし、赤坂と東京ドームシティに行って来ました。


CIMG1563.jpg         CIMG1564.jpg
赤坂サカスのイルミネーションです。
イルミはなかったけれど、特番クイズ番組内のマラソン大会でおなじみの「心臓破りの坂」も歩いてきました。もちろん、下りですけどね。
スケートやっている人が楽しそうでした。




CIMG1569.jpg          CIMG1582.jpg

今回、どうしても行きたかったのが、この東京ドームシティ。
本当にいろいろな形のイルミネーションがあって綺麗でした♪

特に、この光のトンネルは時間によって色が変わっていくのがステキでした。
虹色のグラデーションになっているのがわかりますか?
なんか夢空間でした。

その隣は大きなドームの屋根です。モザイク模様が新鮮な印象を受けました。
イルミ越しに向かいのビルの「ラクーア」の文字が見えます。


CIMG1600.jpg
ラクーアの前では、また不思議な形のイルミネーションが。
思わず ♪つかもうぜ! ドラゴンボール!♪と口ずさんでしまいました。



CIMG1576.jpg

雪の結晶がモチーフなのかしら。オブジェのイルミネーションもいいものですね。


この他にも、行こうと思えば新宿サザンテラスにも行けたのですが、各場所でゆっくりしたのでそこはパスでした。

イルミネーションを見ていると本当に違う世界に行けますよね。
環境問題的にはいろいろあるんでしょうけれど、例えば東京ドームでは自転車式の発電機で点灯させるイルミネーションもあったりして、いろいろチャレンジしている取り組みもありました。

こういう風景を楽しめる、平和な未来でありますように。





テーマ:日記
ジャンル:ブログ

2008.12.23 01:02|鹿島アントラーズ
20081222-00000022-jijp-spo-view-000.jpg

マルキーニョス、MVPおめでとう

ゴール前の冷静さ、諦めない気持ち、そしてシュートだけでなく、守備でもパスでも献身的なプレー。
その活躍ぶりは、まさに賞賛されるべきものだったでしょう。
ケガもあったりしたけど、困難を乗り越え優勝に貢献してくれました。

まあ、とはいえ、優秀選手賞にノミネートされた鹿島の選手にはみんなMVPの可能性があると思っていたので、
満男だったら、去年と合わせ技で連覇に貢献したとか、新井場だったら安定したパフォーマンスでチームを引っ張ったとか、いろいろ理由はつけられるかな???と妄想していました。

私の夢の一つに、満男にMVPを取って欲しいというのがあるのですが、それはまた来年にお預けということにしましょう。

それにしてもベストイレブンにはどうして大分の選手さんが入っていないのでしょうか。
審判暴言問題とか、ベストメンバー問題とかが影響しているのだとしたら、それは筋違いだと思うのです。森重選手かエジミウソン選手が入っていても良かったのではないのかと。

あとはACLのご褒美とか、代表の貢献とか、そういうことで「Jリーグベストイレブン」や「JリーグMVP」を選ばないで欲しいんですよね。
あと、技量だけでなく、チームに貢献したとかもしっかり選考基準にしてもらいたい。

純粋にJのチーム貢献という意味では、青木にベストイレブンに入っていて欲しかったな…。
篤人も選ばれたときに、「なんでオレなの?」という複雑な表情をしていたけど、ケガで出ていない時期があったから、自分じゃなくてイバじゃないの、と思っていたのかもしれないですね。

それから、いい加減、パルちゃんに特別賞をあげて欲しいと思っているのは私だけでないはずです。
また、カテゴリーが違うとはいえ、J2だって、せめてMVPやMIPくらい決めて賞金をあげても良いのではないのでしょうかね。J1に上がればいいんだと言っても、J2だってモチベーションをあげるための機会があっても良いと思います。


まあ、いろいろ注文はありましたが、個人的にはヤナギの選出はとても嬉しくって、ウルウルしてしまいました。
日本人得点王だし、当然といえば当選ですけど。スカパー!の年間ベストゴールにはならなかったけど、私も11月の対マリノス戦での巧みなゴールに一票入れてしまいました。
また、インタビューでも鹿島というチームへの感謝の言葉が丁寧過ぎるくらい入っていて、これまた感激しました。

しかし、他チームが3?5人程度の出席の中、優勝チームは全員で参加出来るというのがなにより良いですね。
来年も全員で出席出来るように、優勝めざして頑張りましょう

あ、あと、川窪通訳さん、お疲れ様でした!
陰のMVPは貴方ですよ??。思わず笑ってしまったけど、実直な対応には、ほのぼのさせて頂きました


テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.12.17 02:39|旅物語
12月5日の夜は、鹿島の優勝を一緒に味わってホッとした夜でした。
そりゃあ、「乾杯は札幌クラシックの生ビールだよね!」よか
「毛ガニ頼んじゃえ!」とか、
「北海道地酒きき酒セット飲んじゃおう!」とか、魚御殿MASARU店でしっかり飲んで食べていたのですよ。

で、お店を出て、すっかりよい気分になって、雪も積もっていたのでタクシーでホテルまで帰りました。
この時期の観光客は珍しいらしく、運転手さんから「お客さん、今回は観光?」なんて聞かれたので素直に「サッカーの応援で…」と答えると、「あ?、そうなの。優勝よかったね!」とお祝いのお言葉をいただきました。

ホテルに向かう途中、実は今まで気になっていたのぼりが目に入ってきました。
すぐ近くに、洒落たつくりのラーメン屋さんがあるのですが、それがヒラヒラしている姿が「へい、カモ??ン」と呼んでいるように思えてしまったのです。

普段はお酒を飲んだときは太らないよう、ご飯やデザートは食べないようにしているのですが、この時ばかりは昼間のガッカリしたラーメンへのリベンジや、旅の開放感や、優勝で調子に乗っていたせいなのか、旦那に「ラーメン食べる!!」と言って、嫌がる彼を連れてお店に入ってしまいました。

ラーメン屋さんには見えない、オシャレ系居酒屋風のお店に入ると、これまたシックな照明で、良いムード。
一番人気の白味噌ラーメンを食べたのですが、豚骨でコクがあるのに、繊細なスープに感激。
全部は無理かな???と思っていたのに、お箸が止まらなくなって、か、完食してしまいました。
旦那はしょうゆラーメンを半分だけがやっとだったというのに…。(彼はどこでもしょうゆ味を食べるのがポリシーです。)

このお店は久楽(くら)というところです。食べログさんでもわりと好評みたいですね。

あとで食べログさんで調べたら、ハーフサイズがあったそうで…。
あああ。こっちにしておけばよかったぁ。と、後悔しても後の祭り。
なぜならば…

( ↓ 続きます)

続きを読む >>

テーマ:北海道
ジャンル:旅行

2008.12.14 20:15|お散歩
CIMG1441.jpg
12月5日の大通公園イルミネーションです。
まだ、この日は雪が降っていなかったですね。



牡蠣を堪能した帰りに夜景が見たくなってテレビ塔の展望台に行きました。
テレビ塔の前にあるクリスマスツリーのイルミネーション、展望台から見るとハートが見えます。
この写真は手ぶれしたので、ハートが三重になってますが、本当は一本ずつ、大・中・小と並んでいます。
クリスマスイブとかは、この展望台は激コミでしょうね。

CIMG1451.jpg



大通公園を一望してみました。
CIMG1454.jpg



翌日は札幌ドームに向かうため、歩いて駅に。雪がちらついていましたが、こうでなくては北国じゃありません。
大勢の鹿島サポーターに出会い、嬉しくなりました。

お昼に駅前のビックカメラが入っているビルの「らあめん共和国」に行きました。
たくさんお店があったのですが、私の入ったお店はスープがややぬるめで少し残念でした。
この体験が後の悲劇を生むとは、この時は知るよしもありませんでした。


で、地下鉄もあったけれど東急百貨店の裏からバスが出ているのを駅に行く途中に知ったので、ゆらりバスの旅に。
途中で乗ってくる女子高生がブーツにハイソックスはともかく、それ以外は生足だったのに驚いてしまいました。若いって素晴らしい。


札幌ドームはなかなか快適でした。
日ハムユニフォームを着たまりもっこりのストラップを買うかどうかとっても悩みましたが、やはり浮気は良くないと断念しました(笑)

(試合についてはまた後日)


夜はすすきのにある「魚御殿MASARU店」へ。
ボタンエビが美味しかったですが、一尾1,600円だったので、旦那と半分こしました。
でも11種類の舟盛りはゴージャスで安くて美味しかったです。


(その3へ続きます)

テーマ:北海道
ジャンル:旅行

2008.12.13 21:59|ついったー
20081213215954
札幌の場外市場で頼んでおいたカニを食べながら、優勝を決めた試合の録画を見ています。

カニも最高!!
鹿島も最高!!

札幌の皆さんも優しい気持ちで接してくれて最高!!

です!!


2008.12.13 01:39|お散歩
札幌に行くのは、私は5回目なので、実は観光地っぽいところはほとんど訪れていました。
もいわ山ロープウェーでも行こうかな?と思っていたら、私の行った12月5日?7日はメンテナンスで休業期間でがっかり…。
そうなると、やはり食べることにウエイトを置いたツアーを考えてしまうのですね(^o^;


ジンギスカン、海産物(居酒屋&市場)、ラーメン、おいしいお酒、余裕があればスイーツ。
こんな目的で事前にいろいろ調べておりました。

ジンギスカンといえばサッポロビール園なのですが、ここもすでに経験済み。
どうしようと思っていたら「ジンギスカン倶楽部」さんというHPに出会い、出かけてみたい場所を見つけました。

それは、キリンビアパーク千歳でした。
考えてみれば、千歳空港から快速エアポートで札幌に即、乗り入れてしまうので千歳周辺は知らないなぁと思い、これは滅多にないということで決めました。

5日の金曜の11時30分の見学ツアーの後、レストランへと計画してました。でも飛行機が遅れることなく着いたので、ゆっくり無人駅の長都(おさつ)に着きました。荷物があったのでタクシーに乗りましたがワンメーターで到着。これまたスムーズ。
見学を11時10分に早めてもらい、旦那と私にガイドさんという貸し切り見学ツアーに行きました。

マンツーマンだったので、いろいろ質問しながら楽しく見学出来ました。ビールの原料のお米はビール専門の銘柄から出来ている、とか今まで知らなかったことを知りました。
そういえば父親はずっとキリンを飲んでいたなぁと、昔のラガービールのラベルを見ながら懐かしく思い出しました。キリンビールの歴史の一部はお父さんの歴史でもあるんだな…と感じたモノです。

( ↓ 続きます)

続きを読む >>

テーマ:北海道
ジャンル:旅行

2008.12.09 02:41|鹿島アントラーズ
今年の鹿島の優勝は、去年のように号泣して感動して、というよりも、「いいんだよね? 勝ったんだよね? 優勝したんだよね??」って所から入っていったので、どちらかというとボディブローの様にジワジワきています。

札幌に行っていたので優勝関連番組もまだ少ししか見ていないからかもしれません。(もちろん、録画はしっかりしていったのです)

スポーツ新聞は日刊スポーツとスポニチを札幌で買ったのですが、首都圏版も欲しかったので実家に電話して4紙ほど買っておいて貰いました。


そして知った驚愕の事実。
本山が水腎症と戦いながらプレーをしていたということ。

私は腎盂腎炎がクセになっているので、疲れると腎臓が重く痛く感じます。
お医者さんによると症状が出ていなければ痛みは関係ないはずというのですが、確かに痛みが出て来ます。
また、発症したときの腰の激痛もわかっています。
歩くだけでも、振動が響き、痛みが増幅するのです。

本山の症状と私の症状に違いはあるのでしょうけれど、痛みについての感覚は同じ臓器だと似ているのだと思うのです。
それでサッカーのような激しいスポーツをしていたなんて信じられないです。
水分補給したくても、口だけ潤して飲み込まない、なんてことばかりだったのでしょうね…。
(私の場合は逆に水分を沢山取らないといけなかったのですが。)
また、腎臓関係でいうと塩分の過剰摂取も問題になるので、食事の管理は大変だったと思います。


少し動きが鈍ってきたなと思って早めの交代、というのが続いて、「モトはスタミナ切れなのかしら」なんて思っていたけど、切れるどころか、まさに身体にムチ打ってプレーをしていたのですね。
知らなかったとはいえ、ごめんなさい…。

去年の優勝は本山の守備と攻撃の向上無くしては生まれなかったと思う。
今年は選手としての数字には出なかったけれど、その存在で支えてくれていたのだった。
本山のことを思うと、涙が溢れてきてしまいます。
どうぞお大事に。一日も早く回復してくださいね。

こういうニュースは優勝したときにクラブの関係者が公表するのでしょうか。
記者さんがつかんで、タイミングをみて記事にする場合もあるかもしれませんね。
どちらにしても、いろいろな事情で表に出せない事も沢山あるのでしょう。
そんな背景を考えずに「選手のやる気がない」とかを簡単に決めつけるような事はしてはいけないな、と改めて強く感じました。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2008.12.09 02:08|LIFE
気が付いてみたら、アクセスカウンターが100,000件を超えていました!

ご訪問いただいた皆様、ありがとうございました!!

まだまだいたらないブログですけど、より良いものをを目指していきたいと思います。
改めまして、どうぞよろしくお願いいたします!!

テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ

2008.12.07 11:43|鹿島アントラーズ
一点差の試合なんて、いつひっくり返るかわからない。
シュートを打っても決まらない。

ハラハラ・ドキドキしました。


でも、貴重な点を守りきり、見事連覇を達成しました!!


今年はいろいろあったけど、よく優勝までたどり着けました。
クラブとしての頑張りは大変なものがあったと思います。



札幌に宿泊したホテルの部屋番号は「1208」でした。

「野沢で12冠」を示唆していたのかも…。
2008.12.06 11:31|ついったー
札幌駅周辺を歩いていた20分くらいの間に
10人近くの鹿島サポーターに会いました!!

大勢駆けつけているのかな?

頑張りましょう!!
2008.12.05 19:26|ついったー
20081205192646
前日は遠足に行く子供みたいに、気もそぞろで支度が手につかず、3時に寝て、5時起床で札幌に出かけました。

お昼に食べたジンギスカンも最高でしたし、今、食べてる牡蠣も倒れそうなくらい美味しいです
(*´∇`*)

明日の勝利目指して、景気づけます!!
2008.12.05 00:08|鹿島アントラーズ
「早く早く、早く!!」

後半開始後、少ししてピッチを割ってマイボールになり、スローインを急ぎたかった篤人が大きな声でボールボーイに要求した。
バックスタンド20列にいた私にもはっきり聞こえたし、録画を見たらマイクもしっかり声を拾っていた。
勝ちたい気持ちが伝わってくる。

試合は膠着していたけれど、数々のドラマを産んできた対ジュビロ戦。
後半になって、攻撃に絡もうとするサックスブルーのユニフォームは3人だけ。
中盤がすっかり空いていて、これじゃ受け身に回るでしょ、点を取りたいのか、引き分け狙いなのかよく判らない展開だった。

名波選手が投入されて、イヤな思い出が頭をよぎる。
あの、5月5日の満員御礼の国立競技場。満男の初ゴールを打ち消しにされたように試合を決めたのは彼の左足からのフリーキックだった。
コンパクトを保てないのでバランスを修正しに来たのかな、と思った。

曽ヶ端は、前田選手の追い込みで、まるで97年のチャンピオンシップのようにボールを失ってしまうが、間一髪で奪われることなく、しっかりキープできた。
冷や汗。あぶない、あぶない。

マルキーニョスはまるでビスマルクのように、マイボールを奪われまいとしてキープをして、チャンスをうかがう。
得点を取りにもいっていたが、あと一歩届かずのプレーもあったが、その時に最優先されるプレーをまっとうする。
そして生まれたラストチャンスのファールゲット。
どこぞの監督さんはシミュレーションとお怒りだそうですが、FKから得点を狙う。

この時、録画で見るとロスタイム4分のところ、時計は94分7秒。
まさしく最後のワンプレーのところだった。
そのとき、満男のような早いリスタートでキックをした誓志のボールは、岩政のヘッドを経由してゴールに吸い込まれていった。

私も、めったにそんなことはしない旦那も、隣の若者も前のおじいさんも周囲一同、立ち上がり歓声をあげた。
思わず涙がもの凄い勢いで流れてきた。
Jリーグ開幕からサッカーに触れ、海外も代表も少年や高校のサッカーも、数多くの試合を見てきたつもりだけれど、ゴールの瞬間に涙が出て来たのは、この時が生まれた初めてだった。

まるで秋田の再来か、この粘りとヘディングは、と思った。
そういえば引退試合の告知が試合前に流れていたっけ。
これも何かの縁なのだろうか。ああ、恐るべきジュビロ戦。


回顧に酔いしれている訳ではないけど、多くの選手からデジャブを感じた試合だった。
クラブとして大きな、しっかりとしたコンセプトがある鹿島の選手達は、意識・無意識を問わず、勝利のDNAを受け継いでいっているのではないだろうか。
そんな事を感じたから泣いてしまったのかもしれない。

そういえば、カシマスタジアムこけら落としの長谷川のヘッドのVゴールも素晴らしかった。
こうやって、多くの選手の一人一人が積み上げていったものがあるから、今の11冠がある。
その根幹は『勝ちたい気持ち』
どんなときでも諦めず、最後の笛のなるまで気持ちを保ち続ける。
その難しさをクリアする種をあの人は撒いていった。
それを育て、実らせ、また次の、そのまた次の世代の選手へと受け継がれていくのだと思うと、身の引き締まる思いがする。

そして新たな歴史の1ページのために、また一歩前へ進もうとしている。
それもファミリー総出で。
北の大地には帯同メンバーではない選手やオールスタッフが集結するとのことで、とても素晴らしいことですね。(日帰りの方もいるそうですが…)
私も、どこまでお役に立てるか知らないけれど、頑張ってきます。


===============

中後の交代でプレースキッカーがいなくなり、誓志が蹴るときには、ハラハラしながら応援していた。
ここで、しっかり結果を出して欲しい。彼自身がより、ステップアップするために。

宮崎在住のメル友氏がよく行く本屋さんには、誓志のおばあさまも買いに来るそうです。
彼は仕事の帰りに寄るので、お会いしたことはないとのことですが、彼とおばあさまは同じサッカー雑誌を買っているらしく、本屋のご主人が教えてくれたそうです。

誓志が仙台にいくかどうか、なんていう事があったけれど、最終的に鹿島にいることを決めた報道がされたしばらく後で、本屋のご主人がおばあさまに「いろいろ大変だったみたいだね」とお話したときのこと。
おばあさまは「でも、決めたことはしっかりやる子だから、もう大丈夫ですよ」とお答えになったそうです。

そんな言葉を思い出していたから、余計に嬉しかったし、涙に拍車をかけたのかもしれないなぁ…。


ちなみに、このメル友氏のお母様のランチのお友達には興梠の叔母様もいるとのことです。
なんかちょっとうらやましいなぁ…。


テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:サッカー 鹿島 アントラーズ 内田篤人

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード