FC2ブログ
2009.06.29 01:45|鹿島アントラーズ
ACLを勝ち抜いて過ごしたかった「去年と違う夏」

もちろん、いろんなミステイクはあったけれども
選手はよくやったと思う。
満男の退場も確かに未熟であったのだけども
それだけ彼の中に追い込まれていたものがあったのも事実だと思う。
篤人の疲労、マルキーニョスの不調、おそらく万全じゃないだろう満男。
その他もろもろ、噛み合わない部分の綻びが大きな裂け目となったのが、
あのソウル戦だったんだろうと思う。

大枚はたいた補強もせず、スタメン固定でここまで来た。
勝てないのは弱かったからなのだけれど、
チームとしては本当によくやったと言うこともできるかもしれない。
(いや、煮え切らないのは満足してないからなんですけどね。)


前回の記事は携帯からだったので、
「ありあまる富」で言いたかった部分を書いてみました。


もしも彼らが君の何かを盗んだとして
それはくだらないものだよ
返して貰うまでもない筈
何故なら価値は生命に従って付いている

ほらね 君には富が溢れている



傲りでもなく、慢心でもなく。
ただ、今日の失敗が今までの全てを否定するものではない。
だから、しっかり再生して欲しい。
私は、そういう意味で、この歌がヒントになるのだろうと感じた。


で、最近は元気がないときはの歌を聴いているのだけれど、
ipod shuffleで聞いたらこの曲が飛び込んできたのには、正直参った。


どこまで行っても 追い越せない
時が流れて行っても 消えはしない
さあ どこまで行ったら 辿り着くの?
遠い日の記憶


うへっ!
まさか「Believe」がこんなに胸に刺さる歌だったとは。

でも、そこはヤッターマンのテーマ曲。
勇気や希望を感じさせる流れがあるのですよ。


傷つきながらすすんだ日々に 見つけた光 刻み込むから
誇りを汚す未来はいらない この手でつかめる



私が信じた鹿島は、これしきでへこたれるはずはない!
そういう思いで今日の大分戦をスカパーで見ていた。

疲労に輪をかけそうな酷い状態のピッチ。
序盤は少し大分さんを自由にさせていた感もあった。
両サイドが機能せず、決めきれない時間が流れていった。
ズルズルと大分さんに侵入され、失点。
でも、ここからが違っていた。
パクと新井場の起用については優劣がどうこう、ではなく、どういうスタイルを取るかという事で決めているのだと思っている(いえ、実際は「信じている」)のだけれど、
足の不調が噂されていたパクには、このピッチは堪えたのではないかと思う。
変わった新井場はスルスルと上がっていった。
そして、エジミウソンのマークが厳しくて、実際には思うように仕事が出来なかった満男の代わりに要所要所でゲームを作っていたのが野沢だった。
カウンター気味で上がっていった攻撃陣の中の一番遠いサイドに走り込む姿を見つけた野沢は正確なクロスを蹴った。
野沢の視野の広さと技術の高さが光った一瞬だった。
(このクロスを蹴る前に転んで横たわっていた状態から起き上がったばかりだったと記憶しているんですが、もし違ったらゴメンナサイ。でも、そのとおりだったら、恐るべきテクニックです。)

そして、そこに走り込んだあの男が技ありのボレーをゴールに突き刺した。
ゴール後、ニコリともせずに淡々と次のプレーに向かう男、小笠原満男。
「まだ、何も決まっちゃいない」
彼はそんな顔をしていた。

事実、ACLソウル戦の試合後の彼は、こんな状態だったのではないのだろうか。


一体何をしているんだろう
一体何を見ているんだろう
一体何に生きているんだろう
“僕はもう…”嗚呼もう 走馬灯のよう
小さいプライド守るため 誰かを不意に傷付ける

(Rap詞 by 櫻井翔)



このゴールで過去の過ちが帳消しになるわけはないことを、満男が一番知っていたと思う。
だからこそ、動いて、動いて、自分のプレーがチームのために効果的であるように守備に攻撃に努めたのだ。

大分さんの中に、「また勝てないのか」という気持ちが芽生えたのかどうかはわからないけれど、鹿島が同点になってから流れが変わったのは事実だった。
片方のサイドが上がれば、片方が控えて、サイドチェンジが効果的になってきた。
鹿島の2点目も満男のCKに野沢のシュート(パス?)から生まれたものだった。
失点時にクリアミスで相手にパスを献上した岩政も、名誉挽回のゴールが出来て安心したことだろう。
大分さんの動きが鈍くなったら…、あとは鹿島の流れだった。


昨年に引き続き、肝になった試合だったなぁ…。
大分さんのプレーはハマれば面白いので、降格しないよう、がんばって欲しいところです。


試合後のインタビューでも満男は「リーグを優勝して、またアジアを狙う」と言っていた。
そう、リーグ優勝でさえも通過点だと語った。
その強い意志の表れが頼もしくて嬉しかった。



「Believe」のサビはこんな感じなんですよ。


そう 僕らはずっと待ってる いつまでだって待ってる
どこまでも続いてゆく道で
心にずっと抱いてる この夢きっと叶うはず
泣いて笑って 進んでゆく
誰かがきっと待ってる 伝えたくって待ってる
どこまでも続いてゆく道で
明日に向かって輝く この夢ずっと追いかける
声をからして 進んでゆく



鹿島は首位をキープ出来たけれど、この先はまだまだ長い。
ACLが終わったこれから、選手起用をはじめ多くの課題が露出してくるだろう。
どんな道になるのか、まだ誰もわからない。

でも、諦めずに戦った結果で優勝を手にした時もあったから、
同じように、いつになっても諦めずに応援するだけ。


連戦で疲れた選手たちの重荷が少しでも軽くなりますよう、祈っています。



さっき、getスポーツを見たら、川崎さんも去年はPKに泣いてACLを敗退したんですね。
本当にうつむいているヒマはないですね。








スポンサーサイト



テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2009.06.24 22:41|ついったー
ああ…


鹿島のACLが終わりました…。


仕事が立て込んでいたので、行かれなかったスタジアム。
現地の方々、お疲れ様でした。ありがとうございました。



今は頭の中がまとまりませんが、
この悔しさと悲しみを、
次の勝利への燃料としなくては意味がありません。


負けたことを活かすためには、それしか方法はありません。




明日が今日よりも強い姿であらねば。




そして、次のアジア王者への挑戦権を得るため…。




泣いてるから、今夜は寝付けなさそう。

心を明るく癒してくれるベルガモットの芳香浴で寝ることにします。




追記

椎名林檎の「ありあまる富」を聞いたら、再生へのヒントをもらった気がしました。


みんなが笑顔を見せられるように…!

2009.06.20 10:32|鹿島アントラーズ
これからカシマスタジアムへ行ってきます!


楽しみだった試合、お天気も上々

ファンタジーサッカー入力よーし!
アイスティの準備もよーし!
「VS嵐」と最終回の「クイズショウ」の録画予約よーし!

で、totoBIGをとりあえず5本買ったら、全部磐田の勝ちでガビーン
また追加したら鹿島勝ちは1本のみ…

で、でも、これが1等かもしれないし

では、久々の長距離運転、気をつけて行ってきます

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

タグ:サッカー 鹿島 アントラーズ

代表の岡崎選手とサントスさんの記事のところで、もりっちさんからいただいたコメントを読んで、プロ魂について考えていたこの頃でした。



三沢さんが亡くなったすぐ後で、プロレス・ノアの興業は行われました。

社長を亡くした中で、誰も皆辛かったことでしょう。

でも、みんなはプロ。
中止にすることは三沢さんの本意ではないだろう。


以前見た、「誰も知らない泣ける歌」(もう終わったらしいけど、なんてあざといタイトルなんだろうか)という番組で、これまたノアに所属する小橋健太さんが甲斐バンドの「熱狂(ステージ)」という歌に励まされ、ガンとの闘病を続けていたという話をやっていました。


次の町へ 次の町へ
バスに乗って夜汽車に揺られ
俺たちが生きる場所へ
俺たちが歌う場所へ
めざして進んでいく






甲斐バンドが、ライブに集う人たちをいかに愛していたかという歌ですが、
小橋さんは巡業に出る自分の気持ちと同じものがこの歌にはあって、
早くリングに立ちたいと思って、この歌を聴きながらリハビリをしていたそうです。

リングの上こそが、小橋さんの生きる場所だからなのでしょう。
そう、小橋さんもまた素晴らしいプロなのだ。
それはタッグを組んでいた三沢さんも同じであったことでしょう。


リングの上で亡くなった三沢さんが本望だったのかどうかは、わからない。


でも、
最後まで素晴らしいレスラーで有り続けたんですよね。

三沢さん。熱い戦いをありがとうございました。
辛いときには思い出して、心を奮い立たせてみます。

テーマ:プロレス
ジャンル:スポーツ

タグ:甲斐バンド ノア

13日午後8時半すぎ、広島市中区の広島県立総合体育館で、ノアの三沢光晴さん(46)が試合中に相手の技をかけられて頭を強打。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

    (日刊スポーツさんより)





ガチなプロレスを目指してノアを旗揚げした三沢さんがリングの上で帰らぬ人となってしまうなんて…。






ああ、どうぞ安らかにお眠りください。


あと、対戦相手の選手のショックもとても大きいと思います。
どうぞ思い詰めないでください。


今年はプライベートでも訃報が多くて、しんどいです。

テーマ:つぶやき
ジャンル:ブログ

2009.06.10 13:03|ついったー
はぁ……


カカのマドリーへの移籍が発表になりました。

覚悟を決めてはいましたが、実現するとなるとやはり辛いですね。


鹿島で例えたら、クラブの財政難を救うために満男か篤人が浦和に行くようなものだから…。
(想像しただけで気絶しそう!)


でもカカは前向きに、「新しいモチベーション」と言ってくれました。
もう、吹っ切れたのでしょう。
移籍騒動も「ソープオペラ」と語っていたそうです。


これも愛……なのでしょうか。


とにかく、カカにはありがとうを一万回言っても足りないかもしれない。
ミランを愛して、支えてくれてありがとう。
これからの君の道が栄光で照らされ続ける事を願います。



あと、すっかり遅くなったけど、マルディーニにもありがとうございましたと伝えたいです。

ミランだけでなくイタリアを、世界をリードしてくれました。

本当にお疲れ様でした。
もうユニフォーム姿が見られないのは淋しいけれど、貴方が決めた道を応援していきます。





そしたら、パトがチェルシーに行く噂があるそうで。

うわー、やめてやめて!

櫻井翔 aka 神山悟のように
「なんつってー!」って言ってくれ?
(*_*;


レオナルドも就任早々、難題山積ですね。
身体を壊さないといいけど…。
まずはW杯出場決定が決まって良かったです!
日本サッカーの未来がかかっていただけに、これは絶対に遂行しないといけないミッションでしたからね。


試合前のスタメン発表で篤人と興梠がベンチ外、松井もベンチ外と聞いて、えーっと残念な気持ちになりました。
特に篤人は体調不良ということで、ものすごく心配になりました。

実はこの日は夕方から頭痛が酷くて、でも頑張って試合を見ようと思っていたのですが、薬を飲んだら睡魔が襲ってきて、結局試合を少しだけ見て耐えきれずに眠ってしまいました。

だから、試合については何も言うことが出来ないのですが、ジャッジがそうとう酷かったそうですね。
ああ、アジアを勝ち抜くというのは厳しいものがあるんだなぁと改めて実感しました。

先ほど見たニュースでは記者会見の場にも篤人は無事にいたようで、ちょっと安心しました。
静養させてもらえるといいんですけどね?。

ただ、今は出場権を取っただけで、本大会を勝ち抜いていくためにはサイドバックが攻撃参加したあとの守備のフォローとか、切り替えの早さとか、まだまだ課題が残されていることでしょう。
少なくともオーストラリアに勝って1位通過を果たして欲しいと思います。



さて、ゴールを決めた岡崎くん。泥臭いゴールで頑張っていました。
気持ちがある選手はいても、結果を出すことが求められるFWとして期待出来る存在になってきましたね。

そんな彼も入団当時はファイト溢れるプレーが多いけれど、ゴールというフィニッシュをなかなか決めることが出来ず壁にぶつかっていたそうです。
練習を重ねても巧くならない彼に、あるコーチが告げました。
「GKの動きをよく見てシュートするんだ。」
そのコーチはGKを立たせて居残りシュート練習を何回もさせたそうです。
途中でくじけそうになった彼にコーチは言い続けました。
「君はできる。やればできる。自分を信じて練習するんだ。」
1年近くその練習を続けた頃、彼はコツを飲み込み、実績をあげ、やがてトップチームでスタメンを取れるようになり、五輪代表・日本代表に選ばれるようになりました。

そのコーチとは現役時代には鹿島にもいた鉄人・サントスさんだそうです。

以前、日刊ゲンダイで田崎健太さんが連載していた「サッカー伝道師のブラジル魂」に書かれていた話でした。手元に記事を控え損ねたので、うろ覚えの部分もありますが…。

サントスコーチは岡崎選手の素質を見抜き、足りないところを身体で覚えさせたということなのでしょう。
基本的な練習をもくもくと続けていくというのは、練習を続ける方としてもモチベーションを保つのも大変だったと思います。
でも、サントスコーチに励まされ、頑張る気になったんでしょうね。
ROOKIESでいう、川藤先生みたいな存在だったのかもしれません。

この話を読んで、ジーコもよく言っていた、基本が大事というのを実感しました。
止める、蹴る、なんていうのもそうですね。

基本が出来ていることが自信に繋がり、困難に打ち勝てるようになっていく…。
これこそ、『道を切り開くものは自信と勇気』なのだと思います!



派手なプレーが眼を惹きますが、試合を見るときに、こういう事にも気をつけて見ておきたいですね。


追:最近はROOKIES中毒なので、関連話が多くなっていくかと思います。ドラマでも映画でも号泣しまくりでしたので
(;´∀`)


テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード