FC2ブログ
2009.12.31 04:10|LIFE
本当に押し迫ったところで1年を振り返ったりしようかな…なんて思って書いています。


今年は鹿島のJリーグ優勝・3連覇達成、小笠原満男のリーグMVP、
はたまた嵐のオリコン4冠獲得など、自分が応援している人達が栄誉を手にしたという意味では本当に良かった年でありました。

でも、その反面、敬愛していた忌野清志郎ちゃんの死、加藤和彦さんの死、阪神の赤星引退、弟の離婚(有責配偶者は元妻なのに子供のことでいろいろ揉めていて、甥っ子や姪っ子に会えない状況になって結構痛手です。)などなど、ショッキングな出来事も多かった年でありました。


そんな中ではありますが、
やはり鹿島の優勝は嬉しいだけではなく、クラブのあり方、選手のコメントを考えると、乾いた気持ちに恵みの雨のような励みと勇気を与えて貰っていたと思います。

チーム、仲間を思いやる気持ち。
自分自身の弱さに打ち勝とうとする気持ち。
多くの先輩達が築いてきた姿を自分に重ね合わせ、後輩のために努力を惜しまない姿。
同じポジションの選手はスタメンを争う競争相手なのに、チームの向上のためにアドバイスを続けていた新井場や大岩さん。
伊野波は「大岩さんがいたから今の自分がいる」とまで言い切っているほど信頼しています。
他にも小澤さんやダニーロの練習から地道な努力を惜しまない姿などなど、

私がその立場だったら、同じ事が出来るだろうか…と考えてしまいます。

サッカーは勝負事だから強い選手、上手い選手がもちろん必要なのですが、人間性にも重点を置いた選手構成にしている鹿島は、やっぱり志が違うなぁと痛感しました。
それはきっとジーコが蒔いた種が花開いた姿なのでしょう。

クラブや選手がステップアップを望み、チームは年ごとに構成を変えていくことになるのでしょうけれど、その意志がぶれずにあって欲しいものだと願います。
ただ、勝ち数の多いだけではなく、一人の人間として「このチームを好きになってよかった」と思えるようなクラブであって欲しいです。

そして、そこからもらった沢山の感動を、自分の生きていく指標にしていきたいなと思っています。



そして、こういう事を書くと気分を害する人もいるかもしれませんが、
鹿島のスタイルと似たようなものを嵐のメンバーから感じるんですよね。

彼らはいきなり「さあ、君たちがデビューするからね」と集められたに等しい状況から始まりました。
デビュー曲はヒットし、バレーの応援など目まぐるしく仕事をこなしていた中で、
「自分たちって一体何だろう」とお互いに試行錯誤しながら、今現在に至るという展開だったようです。

ただ、アイドルとして売れればいいのなら、誰かの言うとおりにしていれば良かったのでしょうけれど、
彼らは本当に真面目なので、どうすれば自分を応援してくれるファンにより良いパフォーマンスを見せられるのかを追求しました。
彼らの言葉を借りれば「僕らは、どんな仕事でも楽しんでやっていただけです」という事になるのですが、
この仕事もクレーム処理を代行するなど、結構信じられない事も含まれているのにサラッと語るんです。

オレがオレがというタイプがおらず、メンバーそれぞれがお互いを思いやる姿を見て
「癒される」、「仲良しで見ていて気持ちいい」とチームとして評価されるようになっているのは、芸能界でも珍しいのではないかと思います。

また、歌も圧倒的に恋愛物が少なく、夢や希望を感じさせるものが大半を占めているのですが、これがまた元気を与えてくれるんですね。そして名作が多いというのもあります。
夢や希望なんて10代、20代を過ぎたら関係ないと思っている方もいるかもしれませんが、人生はそれらを欠いたら本当に空しいものとなってしまいます。その年代、立場なりの夢や希望はみんな持っていることでしょう。
彼らの性格の詳細はわからないけれど、純粋な気持ちを持っていなければ、それらの歌を爽やかに歌い上げることは出来ないのではないかとも感じています。


二宮和也の言葉によれば嵐のメンバーは「家族でもあり、友達でもあり、仕事仲間でもある。こんな関係を築ける人たちは他にはないだろうし、幸せなことだと思う。」(正確ではないですが、このような主旨で語っていました。)

CDがヒットしている状況を見ても「信じられない」、「バブルで終わらないよう頑張ります。」と言う。
人気が出て来ても変わらずにお笑いタレントのような仕事も喜んでやっている。
相葉雅紀は「コンサートでみんなに会えるのが本当に嬉しいからずっと笑顔になっているのね。ステージが終わってからシャワー浴びて鏡を見ると、顔が笑顔なの。筋肉が笑顔のまま固まっているの。でも、それがすごく嬉しいの。」と泣かせるような事を言ってくれる。

本当に元気をいっぱいもらいました。
笑いも感動も。


自分的には、栄誉を手にした鹿島と嵐の共通のキーワードは「絆・継続・向上心」だと思っています。
どれを取っても、このせちがない世の中にとって必要なものなのではないのかなぁ…とも。


来年も、彼らにもらったものを、より良く財産にしていきたいなと思います。



この一年、相変わらず拙いブログではありますが、読んでいただいてありがとうございました。
更新が途絶えがちな時もありますが、またよろしければ、どうぞお付き合いくださいませ。

そしてみなさまにも良い事が多く訪れる一年でありますように願っております。







スポンサーサイト

テーマ:おもうこと
ジャンル:ブログ

鹿島がリーグ優勝したり、満男がMVPになったりの後、仕事もバタバタしていて優勝記念雑誌系も、未だに読み切っていないまま年越しをしそうです。
いろいろ書きたいこともあったのですが、一つのショッキングなニュースでしばらく、いえ正確には今もまだ完全には立ち直っていない状況で、書きたい気持ちにブレーキが掛かっていました。


それは阪神の赤星の引退のことです。


盗塁の数だけ車いすを寄贈するという心優しき彼は、まさに全身全霊でのプレーをモットーとしていました。
体格差や技術をカバーするには研さんを尽くし、足りない部分を気迫溢れるプレーで補っていました。
その彼が試合中、懸命のスライディングで守備をしていたとき、事件は起きてしまいました。
当初は首の捻挫とかヘルニアとか言われていたのですが、結果は中心性脊髄損傷というもので、今まで通りのプレーを続けていたら不随どころか生命に関わる恐れがあるということで、引退を決意したものでした。

阪神はご存じのとおり、鹿島と違ってブレているところも多々あるチームで、ファンである私も時々は
「あ??、もうやってられない!」と思うこともあります。
しかし、そんな中でも赤星の懸命や姿に心を打たれ、感銘し、応援を続ける気持ちが復活していました。
(もちろん、他の選手の活躍や気持ちにも感動した部分も沢山ありますが、彼はある意味特別でした。)

通常の生活には支障がないそうですが、引退会見後に出演したテレビでは、まだ腕にしびれが残っているという発言もあって、事の重大さに気が遠くなりそうです。

自分を鼓舞するためや誰かを励ますために
「神様は試練は乗り越えられる人にしか、それを与えない」と言ってきたりしましたが、
そんな事を軽々しく言えるような状況ではありません。

赤星には感謝の気持ちを表すことしか出来ません。物理的に届くのかどうかはわかりませんが。

確かに彼は強い気持ちを持っている男なので、これからの自分に何が出来るのかを考えながらリハビリを続け、また野球選手として復活できる奇跡が起こるのを信じて過ごすだけだとも語っていました。

本当にそのために祈るだけです。


ケガで引退する選手は沢山いると思います。
でも自分の好きな選手には、そんなことを体験して欲しくない。それが本音です。
大好きな野球のために行ったことが、それを諦めなければならなくなってしまうなんて、本当に彼の気持ちを思うと胸が痛みます。
しかし、これは現実なのです。どんなに残酷でも。
本当に、赤星のこれからの人生が、辛いことが多くあっても実り多きものとなってくれるよう願うばかりです。



そんなことがあったので、ケガとか病気とかには結構ナーバスになっています。

盛商出身のジュビロの山本修斗選手も一時期、病気が再発していたのですが、選手としての活動を再開できるそうでホッとしています。

スカパーのアントラーズリポートの本山の回では、数年前から水腎症の兆候が出ていたと知り、愕然としました。
私は腎盂腎炎をやったことがありますが、歩くだけでも腰が痛くて、病院に行く途中で休み休みして通っていました。
そして番組で彼のCT画像を見たときの衝撃…。
本当にくらくら、目眩を覚えました。本当によくあんな状態でプレーが出来ていたと思います。
まだ、片方の機能は低下したままだということで心配です。
そしてヘルニアの手術を受けたという話がどうなったのか、非常に気がかりです。


赤星の件は、ニュースから記事にするまで時間が掛かっていますが、
彼のことを思うと泣いてしまって収拾がつかなかった状態でした。
やっと、自分の中で落ち着きを少し取り戻せた感じです。

こういう事を考えると、満男がリハビリから復帰してプレーを継続出来て、優勝することが出来たというのも奇跡に近いように思えてしまいます。
本山も中田浩二も、その他のアスリートも。

どうか、たくさんの奇跡がたくさんの人々に訪れますように。




※引退した選手だから「赤星さん」と呼ぶのが適切なんでしょうけれど、まだそんな気持ちになれないので、「赤星」って呼んでしまっています。気になる方もいると思いますが、大目に見ていただけるようお願いします。

テーマ:小笠原満男
ジャンル:スポーツ

タグ:サッカー 鹿島 アントラーズ 小笠原満男

2009.12.24 22:42|ついったー
20091224224255
スパークリングワインで鹿島カレンダーの満男と乾杯する写メを撮ったはずなのに保存出来ていませんでした(*_*;


これは天皇杯ガンバ戦の後に事故渋滞を避けるために寄った、海ほたるでのクリスマスツリーです。



鹿島に関わる全ての人に、そしてそうではない人にも、


恵み多き平和な日々が訪れますように願います。
2009.12.14 01:14|鹿島アントラーズ
決して気が抜けた試合だったとは思っていない。
過酷な緊張感を強いられた試合の後、1週間でフラットな気持ちに整えるのはかなり難しかったはず。
選手にミスが多かったのは事実だけど、優勝したことの安堵感ではなかったと私は受け止めた。
そして、四六時中整っているガンバの「フラット4」のディフェンスラインを崩すのには、FWというよりは前線の要となるマルキーニョスの不在が痛すぎた。

まるでトルシエサッカーのようなキレイに並んだDFライン。
飛び出したいタイプの興梠には罠でしかなく、ポストで合わせたい田代には行き場が無くなっていた。
カッコ良さをかなぐり捨てて、泥臭さを徹底していた、あのサッカーをほぼ90分続けたことが、ガンバの執念だったと思う。

満男が潰され、もう一人誰かキープが出来る選手がいればまた、違っていたと思うけれど、そこにダニーロがいなかったのは残念だった。

他の選手にしても「今までと違う連携の悪さ」に戸惑ってしまい、力を出せなかった部分が大きかったのだと思う。

誰が出ても鹿島は鹿島を徹底出来たことが優勝の大きな要因であっただけに、それが出来なかった試合で勝てなかったのは仕方ないことなのかもしれない。

あとはサテライトが残っているけれど、実質的にはクラブとしてのシーズンは終了してしまった。
戦力外通告は出さないという話だけれど、レンタルの選手の収去も含め、今のメンバーでの試合は終わり。
やはり淋しい気持ちになってしまうものです。

でも、ダニーロとお別れの会が出来たのは嬉しかった。
私はバックスタンドにいたので、彼の言葉は聞こえなかったけれど、暖かいオーラを感じることは出来た。

ダニーロがいた3年間は優勝と共にいた3年間だった。
その彼が日本を発つ時期に勝ち残れなかったことも、ある種の意味を持つのだろうか。
でも、この意味は大きい。
来季、4冠・4連覇(CWCを入れると5冠?)を目指すためには、まだまだやらなくてはいけない事が残っているはずだ。

とにかく、選手はケアをして来季に備えて欲しい。
しかし、ここに来てヘルニアの兆候があるという本山…。
心配です。どうか軽傷でありますように。

テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2009.12.08 07:57|ついったー
記事の前に、前の記事でコメントいただきましたエンジのこころさん、ご来訪とコメントありがとうございました!


コメントについては、おっしゃるとおりで、うなづくばかりでした。



私達の願いが叶ったのでしょうか、

満男がJリーグアウォーズ年間最優秀選手賞、MVPを受賞いたしました!!



本当に彼でなくては、Jリーグって何?と言っていたと思います。


満男は年間のパフォーマンスに対して、と挨拶で述べていましたが実質的には、この三年間、いえ三連覇に対しての評価でもあったと言えるでしょう。

正に今年のリーグの顔だと思います。


本当に、本当におめでとう!!


でも、まだまだカリブ海クルーズには行けないかな、忙し過ぎて。




あとベストイレブンに石川直宏選手が選ばれたのも嬉しかったです。
彼の活躍も今年の印象的なものでしたから。


頑張っただけで受賞出来る訳ではありませんが、功績や実績をしっかり評価し、讃える式典であって良かったと思います。



ただ一つ、GKについては曽ケ端だって…と思うところもありましたが、
鹿島は守備ラインの評価が高いのと、川崎さんとのバランスだったのかもしれませんね。


悔しいでしょうけど、来年こそゲットだぜ!
2009.12.07 01:37|鹿島アントラーズ
三連覇から明けて朝、

新聞を見て感動をじわじわ反芻してました。


夕方は嵐の東京ドームコンサート。


この時代に彼らと出会えた幸せをしみじみ実感しました。


それは鹿島も同じですね。


で、帰って来てお風呂だので一段落して、ふっと思い出しました。


あれ?Jリーグアウォーズって明日??


慌てて録画セッ―ト!
DVDの残量があって良かったです。




三連覇という偉業を成し遂げたチームのキャプテンをMVPに選んでもらいたいんですけど、ダメですかね??


ナビスコ決勝の表彰式ではアスリートの精神的成熟化が問われました。


まあね、あのキャプテンもダメな事はやりましたよ。確かに聖人君子ではないでしょう。


しかし偉業を達成したチームの柱として頑張りました。


最近ではJリーグアウォーズと言いながら代表での貢献が優先されがちですが、それなら日本サッカー協会アウォーズを作ってやれば良いこと。



キャプテンでなくても鹿島からの選出にして欲しいですね。


…って、まさか篤人!?



私の鹿島でのリーグ戦MVPは満男と伊野波かな♪

まあ、みんな甲乙つけがたいんですけどね。

2009.12.06 01:55|ついったー
テレビからの応援でしたが集中しずぎて酸欠気味になりました。


なんかまだボーっとしてます。



優勝関係のテレビ…

NHK以外は時間が被るので、とか思っていたら録画をミスってしまいました。



まあ仕方ないです。
モノより思い出。


少しだけ録画できたすぽるとでの、
満男のリラックスした笑顔がとても印象的でした。


ああ、安心していいんだ。
連覇を重ねるごとの緊張感よ、
今日からしばらくはおやすみなさい。
2009.12.05 03:05|鹿島アントラーズ
ああ?、いよいよ最終戦…。
でもその前にガンバ戦について。

もちろんそれまでの試合も楽ではなかったのですが、ガンバさんほどの強豪チームと対戦していなかったので、ちょびっと心配もありましたが、試合に入ってすぐの展開を見て、そんなのは杞憂であったと思いました。

本当に個々の選手が自分の役割を理解して、力を尽くしていました。
前にも書きましたが、しっかりとプレスにいってボールを奪うことが出来ていました。
実は調子が悪いときはこれがなかなか出来ていなかったんですよね。
そして素早い攻守の切り替え。
他のチームからしたら、これが徹底出来ているのが一番イヤなところではないのでしょうか。
選手みんなに共通理解が浸透しているということですからね。

プレーで言えば、満男の背中で相手シュートをブロックした姿とか、1点目に繋がったボール奪取も印象的でした。
また、ペドロ・ジュニオールとのスピード競争に負けず、しっかり守った伊野波の姿は感動的でした。
絶妙のタイミングで飛び込み、しっかりとシュートを決めた興梠も本当に素晴らしかった。
他の選手もみんなそう。

でも、一番心に強く残ったのは野沢でした。

彼のテクニックの素晴らしさは今更語るまでもないと思いますが、本当に多彩な技を駆使することが出来る選手だと思います。
シュートも右でも左でも遜色ないし、GK泣かせのコースに決めることが出来るのは見事だと思います。

試合の前日にアントラーズ・リポートを見たせいもあるかもしれませんが、ガンバ戦は「野沢劇場」と言えるような気がしました。


以前、本山と野沢のトークショーに参加したときの、野沢の数々の武勇伝を聞いて
「あ?、この子はサッカーがあって良かったなぁ。サッカーが上手くて良かったなぁ」としみじみ感じました。
それは、彼の自由奔放な行動や発想ではサラリーマンは勤まらないだろうな、と思ったからでした。
芸術家という道もあるでしょうけれど、自身のイマジネーションを最大級に活かす職業に就けたのは、彼にとって幸せだったんだろうなと思っていました。

もちろん、己との戦いであるから楽な道ではありません。

番組では度々「プレーに波がある」というように語られていました。
気持ちの部分もあったのかもしれませんが、私は岩政が発言しているのを聞いてハッとしたのでした。

岩政は「彼は自分が出来ちゃうから、難しい球でバックパスを出すんで、それはやめてくれと言ってます。」という内容のものでした。

病気との闘いもあったのでしょうけれど、野沢が安定しなかったのは孤高の存在だったからではなかったのかと思ったのです。
一人ではサッカーは出来ない。ボールを受け、ボールを出してくれるチームメイトが必要なことは言わずもがな、ですよね。
自分のボールをしっかり受け止めてくれる相手や自分の欲しいところにボールを出してくれる相手。
周囲との調和を図って思うようにプレーが出来ない時も多々あったのではなかったのか…、そんな気がしました。

そんな中でもいろいろな選手と連携して野沢は成長し、心技体が一体になりつつあるのではないのでしょうか。

FWとしての能力を開花させた相方はアレックス・ミネイロでしたよね。アレ様の相方を活かすパスは野沢にとって伸び伸びプレー出来たと同時に、お手本として印象に残っていることだと思います。
そしてボールを受けるのも出すのも技術がある本山とのコンビは、まさに「あ、うん」の呼吸。
満男がイタリアに行って、後継者としてのプレッシャーに悩んだ日々も本山は精神的にも支えてくれたはずです。
それもまた進化のための苦しみだったのかもしれません。

まあ、本当に単なる感想で確証はないんですけど。
そんなことを感じた試合でした。



さあ、いよいよ最終戦です。

選手達はいろんな人と関わって、吸収して、自分に問うて答えを見いだし、不安や恐怖の中、それでも一歩歩んでいく。
そこにある「サッカーが好き」、「自分に勝ち、敵に勝つ」という純粋な気持ち。
その懸命な姿に心を打たれるのですよね。

どうぞ悔いの無いよう、精一杯力を出し切ってください。
そうすればきっと、そこには輝く栄光がやってくるはずです。
信じて、祈って、そして願っています。



信じてきた自分のために 
夢重ねるみんなのために
感謝の言葉for my family 
"I believe" 
ただ力の限り
その焦りもいつかは糧に
この痛みも糧に
雨にも風にも負けずにあの痛みや焦り
この日のために

あなたの分の想いも抱いて
階段のぼるよう 上向かって
辛くて 苦しくたって 耐えて
歓声浴びる姿描いて…


光と影その向こうへ(行こう 向こうへ)
闇を照らす君の声(頂上の方へ 想いを掲げ)



   「風の向こうへ」 嵐
     作詞 多田慎也
     RAP詞 櫻井翔(斜字体)



テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2009.12.02 08:47|鹿島アントラーズ
ガンバ戦、NHKでも見ていたのですが、昨日ようやくスカパーの録画を全部見られました。
この件と次の試合については、後でまたじっくり書きたいと思います。

今回はちょっと小ネタで。


最近、我が家ではご飯が美味しく出来たときに、ある言葉で誉め合うことが定着しました。

先日のおでん、昨日のポトフ…

そのフレーズは


「これ、カシマスタジアムでお店出せるんじゃない???」


自画自賛といえば、それまでですが…(*´∀`)


ま、カシマスタジアムで売っているご飯にハズレなし、ということで!!


テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード