FC2ブログ
2010.06.21 01:40|名称未設定_23
試合をいっぱい見て、記事を書こうと思っていたのですが、連日の観戦で眠たくって思うように書けません。
年を感じております。

さて、日本代表の試合については後として、さっき見た試合について。


○イタリア 1?1 ニュージーランド

 下馬評を覆す要因だったのは、NZの途切れない集中力(正確にはちょっと緩んだ時もありましたが)と、堂々としたプレーだったと思いました。
 やることは決まっている。長身を活かした競り合い。身体全体を使った守備。
プレスは圧倒的にイタリアが効いていたのですが、後半は焦りか疲労からかパスミスも多くなってNZ包囲網に絡め取られてしまっていました。
 イタリア、ザンブロッタの豊富な運動量は素晴らしかったのですけどね…。
 前がかりになって、押せ押せなのはいいけれど、相手を崩すためのタメだとか緩急とか、NZの読みの裏をかく、ちょっとした工夫が必要だったように思えました。
 こんなときピルロがいれば…。(´Д⊂ヽ
 機動力のあるカモラネージもミスが多く、コンディションが整っていないのかな…。

 しかし、NZのキーパーはお見事でした! PKは抑えられなかったけれどMOMでしょうか。落ち着いていましたね。

 イタリア好きとしては辛くて重い結果なのですが、奇跡を信じて応援します!

 それにしても、NHKの放送を見ていたのですが、ナラさんの解説…。飲み屋で隣のテーブルにいたおじさんみたいで、笑ってしまいましたよ??。
 前の解説の時も笑えたのですが、今回はさらにろれつが回っていなくて、途中言っている言葉が聞き取れなかった…。でも、ナラさんだからいいか。


○パラグアイ 2?0 スロバキア

 タフさも個人技も、攻守の切り替えも本当にバランスのいいチームでしたね、パラグアイ!
ベラの1点目は合わせ方が良かったステキなゴールでした。
1位勝ち抜けもありそうですね。
サンタクルスも調子を上げてきているようで何よりです。
スロバキアはリズムを変えられる選手がいなかったのが辛かったかなぁ。惜しいところは結構あったんですけど。

なんにせよ、混戦となってしまいましたね!!
パラグアイは順当そうですが、次の相手はNZだから、何が起こるかわからない。
これもサッカーですね!

スポンサーサイト

テーマ:サッカーワールドカップ
ジャンル:スポーツ

2010.06.15 05:43|名称未設定_23
○6月14日: 日本 1?0 カメルーン
        
W杯に付け焼き刃で臨むのか…とお先真っ暗状態でしたが、なんとしても勝って欲しい、どんな形でもいいからと思いながら、昼から緊張による胃痛と闘い、試合の時を迎えました。

そもそもなぜ1トップなのか…。
選手の適正ではなく、「まず(マスコミ受けする)戦術論ありき」にしか感じられなかった監督采配。

迷走による事前試合での敗戦続きに、W杯無得点も覚悟していました。


君が代を歌う選手達を見て、あれっと思ったのが、彼らが肩を組んで歌っていたことでした。
今までにこんな事があったのか記憶があやふやでしたが、「何か違うことをやってくれそう」という気がしたものです。

対するカメルーンは守備が甘いとか報道されていましたが、初日のフランスがそうであったように、本来の動きとは乖離したチームになっていました。
もちろん主力選手数名が離脱しているのですから、勝手が違うのは当然でしょう。
エトォだって一人じゃ勝てない訳ですし。

そういう事前情報も含め、日本の選手は「これ以上悪くなるわけはない、なったとしても失うものはない。」と感じているかのような落ち着きを持って試合に入っていたのではないでしょうか。

また、本田や右サイドの松井など、慣れないポジションにいる選手が慎重に対応していたことが、かえって効果的だったのかもしれません。

個性とチームの融合という面では、空回りすることもしばし見受けられたこの二人が、技術を活かしつつもシンプルなプレーに徹することで、チームとしての役割は明確になっていたと思います。
松井はウイング的に使うとやはり効きますね。
俊輔が万全なら松井ではなく俊輔だったのでしょうけれど、やはりコンディションのいい選手を使うべきですよね。

情熱が先走ってしまい、ラフプレーも出てしまう大久保や、カードはもらいましたが闘利王も、実に落ち着いていました。
ボールがないところの大久保の動きは献身的で、これもチームに対するメッセージであったと思います。
長谷部も日本に居た頃と違い、大人になったなぁと感じました。
まさに攻撃の芽を摘む、そんな役目をほとんど危なげなくこなしていました。

本戦前にいろいろな事がありましたが、現時点ではそれが効を奏した結果となって本当によかったです。
終盤のカメルーンの猛攻にも、チームとしての意思統一が図られていたからこそ耐えられたのでしょう。
勝ちたい気持ちがピュアに体現されていました。


ただ、相手の不調に助けられていた(これもまたW杯なのですが) という事実は隠せない訳で、
次のオランダ戦に同じモチベーションで臨むのは難しいかもしれません。
日本戦の前に見たオランダ対デンマークではピッチをワイドに使い、相手チームの良さを消す動きをしていたオランダはやはり強敵です。
ただ、昼間の熱い日差しの中でオランダはまた戦わなくてはならないので、この消耗度の駆け引きも重要になってくることでしょう。


それにしても、他の試合でもそうですけど、ボールが伸びすぎですね…。
GKだけでなく、プレースキッカーもどうなるのか予測が出来ないことでしょう。
今回はセットプレーからの得点が多い大会になりそうな気がします。


あと、やはり鹿島サポなので、ちょっとだけ。
元気な姿の篤人や岩政を見られて嬉しかったです。
本田のゴールの時の祝福セレモニー(?)の篤人は、本田と言うより、森本の頭をグリグリしているのが気になって仕方ありませんでした。
おまじないなんでしょうか (;´∀`)




テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ

2010.06.14 01:07|鹿島アントラーズ

内田選手 独シャルケに移籍へ

6月13日 21時36分
サッカー日本代表のディフェンダー、内田篤人選手が、J1の鹿島アントラーズからドイツ1部リーグのシャルケに移籍することが決まりました。

鹿島アントラーズによりますと、ことし4月、ドイツ1部リーグのシャルケから内田選手を獲得したいという申し出があり、交渉を進めたところ、来月1日からの完全移籍で合意しました。内田選手はアントラーズとの契約が3年間残っていますが、シャルケがアントラーズに違約金を支払うということです。内田選手は22歳。静岡県の清水東高校から2006年にアントラーズに入団し、スピードを生かした積極的な攻撃参加が持ち味の右サイドバックとしてリーグ3連覇に貢献しました。日本代表ではこれまで31試合に出場し、ワールドカップ南アフリカ大会のメンバーです。内田選手は「サッカー選手として、人間として、大きくなりたいと思い移籍を決めました。ドイツで活躍する姿を見せられるように頑張ります」というコメントを出しました。シャルケはドイツ1部リーグで今シーズン2位になった強豪で、指揮を執るマガト監督は、昨シーズン、長谷部誠選手のいるウォルフスブルクをリーグ優勝に導いています。
(NHKニュースさんより)




決まりましたね…。

切なく、悲しい瞬間を迎えることになりますが、こちらはもう覚悟が出来ています。

鹿島にいればそれなりに幸せな時間を過ごせるでしょうけれど、もっと自分を磨きたい。当然のことですよね。

高卒でいきなりレギュラー、各カテゴリーでの代表選出、3年連続リーグ優勝、ベストイレブン選出、そしてW杯メンバー。
W杯で出場出来るかどうかは、まだ判りませんが、サッカー選手としてみたらこんなに栄光を手にした選手は他にはいないのではないのでしょうか。

どんな事が待っているかわからないけれど、どうか頑張って、収穫を得て、いつか日本に帰るときには鹿島に戻ってきて欲しい。


ヤナギの移籍の時も、田代と誓志のレンタルの時も、「なんで…」という切ない気持ちと頑張って欲しいという気持ちが交錯した時間を過ごしていました。
そのたびに、この歌を聴く機会があって平静を取り戻したものです。
未来への不安を感じつつ、成長を目指して踏み出す青年を描いた名曲を、篤人にも送りたいと思います。
どうぞ、幸多き未来でありますように。


満員電車に乗って大事な気持ち無くしかけてた
今ならまだ間に合うはず
僕らは泣いて笑って、それでも明日を夢見てしまう
これからが素晴らしき世界


『素晴らしき世界』 by嵐
  → 歌詞はコチラから
    素晴らしき世界 嵐 歌詞情報 - goo 音楽

(動画の画像が苦手な方は歌詞を見ながら聞いてくださ?い


 → 曲はコチラから




テーマ:鹿島アントラーズ
ジャンル:スポーツ

2010.06.14 00:28|名称未設定_23
夜中にやるのは寝落ちしそうですが、出来るだけ世紀の祭典を見ようと頑張っています!
試合の感想をちょこちょこ書いてみます。


○南アフリカ 1?1 メキシコ

 常々、日本代表と体格の変わらないメキシコのサッカーから学ぶべきと考えていたのですが、10日ほど前の新聞でメキシコとサッカー協会が提携を結ぶというような記事を見て、いいことじゃないかと思いました。
お国柄が全然違うから参考になるかどうかは判らない点はあるけれど、メキシコ、いやメヒコのサッカーは楽しんでやるサッカーって感じで好きなんですよね。
 開催国との対戦でのアウェー感もメヒコなら吹き飛ばしてくれるさ、と思っていたら、しっかり同点に持ち込むところがニクイでがんす。(おっと、怪物くんの見過ぎか。)
 ブランコが登場するところもニクイざますね。フンガー!
 南アフリカも手応えを感じただろうし、こちらの方も楽しみになってきました。
 チャバララの走りは野生を感じましたね。



○ウルグアイ 0?0 フランス

 ウルグアイはフォルランのシュートのフォームが好きでして、W杯出場が危なかったからヒヤヒヤして予選のニュースを見てました。
 なんか、腰が切れてます!! いつもよりよく回っています!!って感じのスピード感のあるシュートは見ていて気持ちいいですね。
 フランスは開幕前の親善試合の結果がよくないまま、試合に入ってしまったようで、せっかくの得点のチャンスにもペナ前に人が少ないなど、「らしく」ない試合でかえって驚いてしまいました。
監督が迷走しているのも、日本に似ていたりして…。
 そして主審を務めた西村さん、副審を勤めた相楽さん、お疲れ様でした!
カード出過ぎ?とも思ったけどまずまずの評価だったそうで、よかったですね。


○韓国 2?0 ギリシャ

 ギリシャの人は経済状況の関係で、ちゃんと食事が出来ているのだろうか、遠征費をケチられて困ったことが起きていないかなどと、余計な事を考えたりしています。
 しかし、韓国はまとまっていましたね。攻守の切り替えの早さは鹿島っぽくて素晴らしかったです。
 そして、イ・ジョンス、W杯の初ゴールおめでとう
 フリーだったとはいえ、よくあの位置に飛び込みましたね!
 その後の実況アナウンサーさんの「鹿島のイ・ジョンスの得点」、「アントラーズのイ・ジョンスのゴールで」というのを聞く度に嬉しさが増してきて、「うふふ、もっと言って♪」状態でした。
 パク・チソンのゴールもワールドクラスでしたね。かっさらってドリブルからシュートというのも見応えがありましたね。京都のサポーターさんも嬉しかったでしょうね。
 あと、キ・ソンヨンはいい選手ですよね。アルゼンチンに対してもいい試合が出来ることでしょう、きっと。


○アルゼンチン 1?0 ナイジェリア

 途中で寝落ちしたので、ゴールシーンしか覚えていませんが、もう、私としては大好きなベロンが代表に復活して、W杯に出るだけでも嬉しいのに、1アシストという結果に大変満足しています。
 年齢に関わらず、活躍すればいいんだということを世界に広めてもらいたいですね。
メッシのゴールも楽しみですが、アグエロ、ミリートもいっぱい魅せて欲しいと思います。


○イングランド 1?1 アメリカ

 代表チーム内でのゴタゴタ、ベッカム、ファーディナンドの離脱などの暗い話題からの仕切り直しの感もあったイングランド。
 対するは、私が命名した「しぶとい国」アメリカ。本当にイヤなところでしっかり点を取るのでこう思っておりました。

 エルゴラを読んでいたら、アメリカというのは隠れたGK大国という話が出ていたので、選手名鑑(ワールドサッカーキングの最終登録反映版)を見ていたら、ビックリしたんですよ!
アメリカのGKは三人ともプレミアリーグの人なんですよね。これって、アメリカ的にはオイシイ話では…。
そして思い出したのは「イングランドはGKだけはワールドクラスがいない」という伝統?
まさかなぁ、と思っていたら、アメリカの得点はイングランドのキーパーのミスという事が起きてしまいました。
 でも、これはやはりボールのせいの気はするんですけどね…。

 競泳の水着問題ではないけれど、もうこういうのってなんとかならないのでしょうか。
 試合の面白さを増やすためや、メーカーの技術革新の推進という側面はあるんでしょうけれど、これってボール頼りになって、選手の技術が後退してしまう気がしてしまうのですよね。



テーマ:サッカーワールドカップ
ジャンル:スポーツ

2010.06.11 23:26|名称未設定_24
うわぁ??、約1ヶ月ぶりの更新でスミマセン!!

家族の事でバタバタしていました。
その間の日本代表に対して、書きたいことは多分皆さんと同じ内容でしたよね、きっと…。


本当にベスト4を目指すなら、何試合戦うかを勘案して怪我人ばかりを選択することはありえなかったでしょうし…。
本職のポジションでない選手を使ってなんとかなるほど、W杯は甘くない訳ですし…。

それよりもなによりも、目先のことだけを目標とするためにコロコロ方針が変わり、
本当のリーダーシップを取ることの出来ない代表格の人員の存在は、
サッカーでも政界でも同じことのようでして、
これを「日本らしい」といえばそのとおりだなぁと情けない思いで過ごす日々ではありました。



******************************


私は4年前のワールドカップの決勝戦の日に梅酒を漬け込みました。
梅は2年過ぎて出さないと苦みが出るので取り出しましたが、4年間熟成させました。

今日、それを開封しました。
コクのある、成熟した大人向けの梅酒になっていて、大変美味しくいただきました。

本当は日本代表にも、こうやって熟成をして欲しかったのですが、まあ仕方ありません。
せめて、出場した選手が前向きな収穫を得てくれればというその気持ちだけです。



気になっている国はブラジルはもちろんですが、やはりアルゼンチンですね。
マラドーナ監督やメッシというのもそうなんですが、ベテランのベロンの活躍に期待しています。
30歳過ぎたらサッカー選手なんて、W杯なんて、という風潮を吹き飛ばしてくれるような活躍をして欲しいです。


先ほど、スポーツカフェで盛り上がる若者がテレビに映っていました。
ウチの旦那がそれを見て「Jリーグにも来いよ!!」と半分怒り混じりにつぶやいてました。
彼らが代表の試合やW杯だけに盛り上がっているのかはわかりませんが、
このセリフを聞いて、私はこの人が夫でよかったとしみじみ感じました。

さあ、いよいよ世界規模の戦いです。
夢や希望が叶う様や砕け散る様を私たちは知るでしょう。
その喜びや悲しみを胸に、生きていくことの重みを感じていきたいと思います。


テーマ:サッカーワールドカップ
ジャンル:スポーツ

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード