FC2ブログ

勝てば官軍とは言えど

W杯アジア最終予選 対バーレーン戦、日本代表はなんとか最低限の仕事である勝ち点3を取りました。

まあアウェーだし、過酷な気候だし、レーザービームの妨害まであった中では、よかったのかもしれません。


しかし、釈然としないのであります。


もちろん2失点して、あやうくドローになりかけた事も大きいです。
皆さんも同じでしょうけど、長谷部はよくやっていました。その彼を下げたら、中盤はまたしきり直しです。3点取って気が緩んだと選手は言っていましたが、中盤の構成が崩れてリズムに乗れないまま相手の攻撃をズルズル許してしまったことが失点を招いた原因でしょう。
まあ、闘莉王の得点能力が高いのはお腹一杯になるくらいわかりました。


でも、一番イライラしたのは、「これじゃぁ、4バックにしなくていいじゃん。両サイドバック使えていないよ。」という事でした。

右の篤人は怪我明けで1試合しか試合をこなしていない状態。
もちろんピッチに立ったらそんな言い訳は通用しないけれど、90分使い続ける状態であったのかは疑わしい。

左の阿部はそれなりに対応はしていたけど、絶妙なタイミングで上がるということまではなかなか出来なかったようだった。

第一、中村俊輔と松井の動きでは両サイドの進路を塞いでしまう。
キープして上がりを待って、相手の隙を見てパスを通すというシーンが、ほとんど見られなかった。

自分が鹿島の試合を見慣れているせいだということは充分承知しています。
だから「ああ、そこじゃない」とツッコミを入れながら、パスコースを見ていたのでした。

俊輔や松井(出場停止だから、次は大久保?)を軸にしてチームを作るのなら、中澤・闘莉王・阿部の3バックでいいんじゃないんですかね。

ラッキーなセットプレーでも得点は得点。
でも、崩していくパターンを作らないと疲労が重なり、カウンターの餌食になってしまう。

その鍵になるのがサイドバックなのだ。
(とはいえ、五輪反町サッカーみたいに、サイドしか拠り所がない戦術でも困るのですが)

また、FWは田中達也は頑張っていてよかったけど、ゲーム終盤はキープ出来るタイプも欲しいなぁと思いました。


岡田監督の試合運びはまあまあだったけれど、90分同じパターンでプレー出来る訳じゃないから、いろんな引き出しを用意しておいて欲しい訳です。特にアウェーでは。

今回、相手のバーレーンが日本より先にバテていたけど、あれはおそらくラマダンの影響でスタミナが落ちていたから。事実、2点取ってからの猛攻は本当に怖い思いだった。
相手が体調万全だった場合や、総合力の高いオーストラリアだったら、あっさり逆転していたのではないでしょうか。

この2失点が生け贄となって、そういう課題を修正出来るのであれば、その意味はあるのでしょうけれど…。

だから、厳しいようだけど、「勝ってよかった」という気にはなれないですね…。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ

コメント

非公開コメント

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ジュニパー

Author:ジュニパー
神奈川県藤沢市在住。女性・年齢over 30(笑)。
Jリーグ開幕直前にジーコの出ていたCMがきっかけで、サッカーを知る。鹿島以外もサッカー全般が好き。AEAJアロマテラピー・インストラクター資格あり。Rockn'roll好きですが、嵐、椎名林檎、吉川晃司も熱烈応援中です。

FC2カウンター

フリーエリア

mayu4010min1302をフォローしましょう Jリーグ2010特命PR部員 ジュニパー

FC2ブログランキング

ランキング参加中です。 このブログが気に入ったら↓をクリックしてくださいネ(^^)

FC2ブログランキング

リンク

最近のコメント

最近の記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

星に願いを★

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード